FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

沖縄県議会も徳之島移設反対の決議を!

4月11日、14日、16日の南海日日新聞に徳之島での反基地集会関連の記事がありましたのでお伝えします。1万5千人の人が集まった集会にいたるまでの、島の動きが分かります。

島が二分され、共同体、家族が対立するような状況を政府が生み出そうとしています。住民が互いに協力し合い、信頼しあう社会の形成を目指すのが国が目指すべき本来の目的ではないでしょうか。

3町長が、カネに揺るがず、明確な意思を示していることは大変、頼もしいと思います。

沖縄県議会、沖縄県内市町村も徳之島への移設反対を決議することで、琉球文化圏として明確に反対の意思をともに
示すべきではと考えます。





米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設をめぐり、鳩山政権が徳之島への移設を最優先に対米交渉と地元調整を進める方針を固めたことで、住民からは「断固反対」との反発の声が上がる一方、移設に伴う国からの支援など経済効果への期待感もある。

政府からは何ら具体的な説明がない中、地元では「島が二分されかねない状況になっている。島内に敵対関係を生んではならない」との声も上がっている。

 政府案に対しては、地元3首長がそろって反対の姿勢を示した。大久保明伊仙町長は「明確に反対を打ち出している地元に対し、何の説明もない。ばかにした話だ」と憤りを隠さない。8日には面識のある総務省官僚から「防衛省の幹部と会ってほしい」と打診されたものの、「いかなることがあっても反対」と述べ、面会を断ったという。

 大久幸助天城町長は「徳之島移設の政府案には米国も『ノー』を示したと聞いており、軍事面からも現実味はないと思う」と分析。9日に役場であった区長会では、出席した全員が反対の意思を示したことを明らかにし、「地元の意見を聞くと言いながら、それがなされていない。断固反対の姿勢を貫き、島に基地は造らせない」と批判した。

 高岡秀規徳之島町長も「移設反対」の姿勢を示している。
 3首長が「移設反対」でまとまる中、住民らは「徳之島が軸」の政府方針に揺れている。

 18日に反対の1万人集会を予定している「徳之島の自然と平和を考える会」の椛山幸栄会長(55)は、移設先を徳之島に絞り込んだとする報道を受け「本当にショック」と話した。その上で「島民一丸となって反対するしかない。それによって阻止できると、自信を持って取り組んでいく」と強調した。

 一方、移設に積極的な元天城町議会議長の前田英忠さん(62)は「減税や特別措置などの国からの支援や企業誘致なども期待できる。疲弊した地元経済の活性化へ千載一遇のチャンスだ」と歓迎の意向を表明する。

 また、40代の会社員男性は「国策とはいえ、地元に対する説明がなく、何の了解も求めないのはなぜか。米軍基地の移設先がどうして徳之島なのか。島に暮らす住民にきちんと説明するのが筋だろう」などと話した。



米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で、鳩山政権が徳之島への移設を軸に対米交渉と地元調整に臨む方針を固めたことを受けて10日、地元では「断固反対」などと書かれた看板が、島内に続々と設置されるなど動きが加速している。

18日には移設に反対する「1万人決起大集会」を開催する予定。11日は島内3町が一体となって組織する反対協議会を立ち上がる。

 1万人集会を主催する「徳之島の自然と平和を考える会」の椛山幸栄会長(55)は10日、「小さな島だが集会を必ず実現させる」と話し、基地反対の看板を設置した。

 奄美群島の各種団体や本土在住の出身者らにも集会への参加を呼び掛けるという。1万人集会は18日午前11時から徳之島町の亀津新漁港で。

 島内3町が一体となって組織する組織の名称は「徳之島への米軍基地移設反対協議会(仮称)」。11日に徳之島町役場で組織の名称や活動内容などを決めるという。

 一方で、移設容認派の動きもある。元天城町議会議長の前田英忠さん(62)は「(徳之島移設が)政府から公式発表されれば、推進組織を立ち上げる準備がある」としている。
 徳之島では3月28日にも天城町で移設反対集会が開かれ、約4200人(主催者発表)が集まった。



 群島内の市町村議会議長・事務局長合同会が13日、奄美市名瀬の奄美会館であった。5月19日に大和村で開催予定の第?k回奄美群島市町村議会議員大会について協議し、米軍普天間基地の徳之島移設に反対する特別決議を提案することを決めた。

 普天間基地移設問題に関しては既に、県議会や奄美の各市町村議会が3月定例会で反対決議を可決しているが、移設問題が現実味を帯びてきたとしてあらためて反対の意思表示をすることにした。今月18日に徳之島町で計画されている1万人規模の反対集会について地元の議長から、他市町村からも多くの議員が参加するよう求める協力要請があり、了承された。

 また政権交代で奄美群島振興開発事業予算が大幅削減されたことを問題視し、予算の確保と自立的発展に向けた振興策の推進を求める特別決議も提案する。

 このほか、徳之島、沖永良部島、与論島の鹿児島地方法務局出張所存続問題も議題に取り上げることを決めた。群島議員大会には12市町村から161人の議員が参加する予定。


米軍普天間飛行場の徳之島移設反対集会(18日)を控えて、奄美の自然と平和を守る郡民会議(星村博文議長)は「守らでおかじ美し島」と題した集会応援ソングを作った。集会の前、曲を流して参加を呼び掛ける。

 曲は奄美市在住の元教諭(69)が作った「自然保護の歌」を復刻、一部歌詞を変えた。郡民会議メンバーの野口淑子教諭が採譜し、編曲して歌いやすいようにした。さびの部分は「守らでおかじ美し島 我が故郷の徳之島」と歌う。

 郡民会議は14日夜、奄美市名瀬の奄美大島教育会館で街宣用に使う曲を録音した。この日、シュプレヒコールを担当した崎田信正市議は「一人でも多くの人に参加してもらいたいとの願いを込めた」と話した。

スポンサーサイト



<< 石垣島白保のサンゴ礁破壊 | ホーム | 島の日々の生活のあり方が本当の平和である >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP