FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

石垣島白保のサンゴ礁破壊

4月10日の八重山毎日新聞におきまして、石垣島白保のサンゴ礁についての報道がありましたので、お伝えします。
2年前、白保を潜ったとき、その破壊を目の当たりにして心を痛めました。

西表島で、ゆいまーるの集いを開いたときも、しらほサンゴ村の上村さんからお話を伺いました。現在、新石垣空港を建設していますが、その過程で赤土がサンゴ礁に流出してサンゴを破壊しているのです。

島の宝は一度失われると再生させるのは大変、困難です。島とサンゴ礁は一体であることを、白保のサンゴ礁の現状は改めて教えてくれます。




 WWFサンゴ礁保護研究センター「しらほサンゴ村」は2000年4月の開設以来、白保地区のサンゴ礁で実施してきたモニタリング調査の結果を公表した。それによると、サンゴが占める面積の割合を示す被度が低下しており、同センターでは「サンゴが大きく減少している。

サンゴ保全のためには地球規模の取り組みから地域的な取り組みまで、さまざまなレベルの対策を継続する必要がある」としている。

 調査結果によると、リーフエッジに近い沖側のフタマタクムイ、モリヤマグチでは、平均25%以上だった被度が10%前後まで減少していた。

 同センターはその直接的な要因として大型台風や白化を挙げたうえで、「赤土など陸域の物質が多量に流入し、サンゴ礁にストレスを与え続けている」と指摘した。

 特に赤土では「健全なサンゴ礁の限界か、それを超える堆積量が続いている」と懸念し、「県や市の対策事業が進められているが、サンゴ礁環境の明瞭な改善には至っていない」とした。

 ただ、「白化から回復したサンゴや、新たなサンゴの加入なども確認されており,回復の可能性はあることが示されている」とも述べ、サンゴ礁の環境を回復させる取り組みの重要性を強調している。

 同センターでは、地域のコミュニティを通じた環境保全の取り組みにも着目し、2004年の白保魚湧く海保全協議会の設立や、2005年9月から定期的に開催している白保日曜市などにかかわっている。
スポンサーサイト



<< 琉球黒糖の危機 | ホーム | 沖縄県議会も徳之島移設反対の決議を! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP