FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球黒糖の危機

4月14日の八重山毎日新聞におきまして、黒糖が危機に直面しているとの報道がありましたので、お伝えします。

黒糖消費が減退傾向にあり、製糖工場のある八重山諸島の経済にも直結する問題です。

ミネラル分が豊富な黒糖を皆でもっと食しましょう。




黒糖が売れない
 沖縄の黒糖が危機に直面している。すべての物の値下げが続くデフレや景気低迷で黒糖が本土市場で売れないのだ。この結果県内の含みつ糖工場で構成する県黒砂糖工業会(新里光男理事長)はかつてない大量の在庫を抱え、ピンチに陥っているというのだ。

 その在庫量は今年1月末時点で約4800トン。加えて本年度は例年より多い9500トン余が生産される見込みであり、今の市場動向では在庫は次年度以降にまで大量に持ち越されるのは確実。

そのため工業会では、こうした大量の黒糖が市場に出回るとさらに価格が下落するため、本年度の生産量の3割に当たる2800トンを市場に出さず県内で保管することに決めた。

 しかしそれは沖縄にとってはきわめて問題だ。年中暑い沖縄は製品が劣化しやすく、そのため現在でも黒糖はすべて本土の倉庫で多額の保管料を負担して保管しているのが現状。したがって県内保管分は早急に販売できない場合は商品にならず、事実上廃棄処分になる恐れも十分にあるということだ。

■八重山に4工場
 沖縄の黒糖はすべて離島地域で生産されている。伊平屋、粟国、宮古の多良間、竹富町の小浜、西表、波照間、そして与那国町と八重山が5社7工場のうち過半数の4工場を占めている。したがって現在の黒糖の深刻な販売不振、大量在庫はサトウキビを基幹作物とする沖縄の離島農業の危機を指す。

それはまた八重山の離島の農家と工場の死活問題であり、黒糖産業の衰微崩壊は八重山農業の衰微崩壊を意味するし、八重山の産業経済がピンチに直面していることを意味する。

 県産黒糖は、数年前まで本土市場の2割の約8000トンの消費があった。それが近年の経済不況に伴う低価格志向で、菓子メーカーなどの黒糖仕入れ業者が安価な輸入品や再製糖に転換、約6500トンにまで落ち込んだ。

 これに対し沖縄は値下げで対抗できないのが現状。それというのも黒糖は1トン生産するのに35万円のコストがかかるが、売値は市場原理で最大25万円にしかならず、8000トン生産すると8億円の赤字が生ずるという。これを現在国・県が助成しているが、その額も年々減らされ、黒糖業者は資金繰りに四苦八苦しているのが現状だ。

■八重山はひとつ
 それだけに値上げが必要だが、それもデフレ化でできず、品質は良いというものの輸入黒糖や再製糖の安価攻勢の前に逆に苦境にさらされている。

 工業会ではこのピンチを打開するため黒糖の販路拡大策に予算措置を求める一方、すべて国・県が助成する白糖並みの支援策と、再製糖などとの表示の差別化を国、県に要請している。

 そこで「八重山はひとつ」で3市町に望みたいのが業界と連携しての黒糖の消費運動展開と、これらの実現のための宮古市町村とも連携した要請行動展開だ。八重山は観光産業の低迷に加えこのように波照間、西表、小浜、与那国の農業と農家が死活問題のピンチにあることは八重山の産業経済にとって看過できない重大問題といえよう。

 黒糖は健康食品でもあり各家庭で茶請けや料理に使うとか、あるいは県外の親戚や友人・知人に送るとか、私たちができる消費運動、協力はあるはずだ。当面は「焼け石に水」かもしれない。しかし5月の「八重山の産業まつり」でもアピールするなど郡民一人ひとりの協力と運動で広がりはきっと大きくなるはずだ。開会中の市議会もぜひ決議して運動を協働してほしい。
スポンサーサイト



<< 劉暁波と琉球 | ホーム | 石垣島白保のサンゴ礁破壊 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP