FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

劉暁波と琉球

藤原書店から発刊されている『環』41号の「天安門事件と「08憲章」を考える」、『天安門事件から「08憲章」へ
中国民主化のための闘いと希望 』を読みました。


これまで、琉球と中国との歴史的関係については、大琉球、近世琉球、「琉球処分」期を中心に議論され、琉球の経済自立のために中国との経済関係強化が提唱されてきました。

今を生きる中国人の人権抑圧状況、民主化の動きに対しても琉球は強い関心をもっています。琉球自立のために大国中国を活用するという功利的な視点ではなく、琉球と同じく、強権政府によって押さえつけられている国にすむ人間として中国人を見るという立場が、人間として重要であると思います。

同じアジア人として、現在、獄中にいる劉暁波氏を中心とする中国民主化を望む人々と、人間としての関係が築くことができるのかどうかが、現在の琉球に問われています。

昨年発刊された、劉暁波『天安門事件から「08憲章」へ―中国民主化のための闘いと希望 』の紹介文を掲載します。




序=子安宣邦 劉燕子 編 横澤泰夫 訳 及川淳子 訳 劉燕子 訳 蒋海波 訳

中国民主化のための「08憲章」発表と詩人の不当逮捕から1年。
中国民主化の原点。

「事件の忘却」が「日中友好」ではない!

`89年、気鋭の批評家として米国滞在中、急遽帰国 し、天安門での非暴力抵抗を導き、その後も投獄・拘束に屈せず、事件の真相隠蔽に抗し続け、民主化運動に献身。08年12月、中国民主化のための「08憲 章」発表直前、ただ一人、不当に逮捕・拘束。今なお獄中にあり、ラシュディやエーコなどが釈放を求めている、劉暁波。不屈の詩人と受難者たちの思想と行動 が示す、歴史の真実と中国民主化の原点。
スポンサーサイト



<< 08憲章と琉球 | ホーム | 琉球黒糖の危機 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP