FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

西表島の開発

IMG_2112.jpg
サミットの翌日に、本ブログで紹介しました「西表島開発(上)(下)」で論じたリゾートを見てきました。このようにリゾート計画の一部は完成しており、営業をしております。

IMG_2123.jpg
リゾート前の海岸は以前見たように、砂浜がえぐられており、樹木の根がみる状態になっています。

IMG_2136.jpg
この浜は「トゥドゥマリの浜」と地元の方から呼ばれ、島の神が降臨してくる浜として親しまれてきました。海ガメも産卵し、「鳴き砂」と呼ばれ、歩くとキュッキュッという音を奏でます。

IMG_2140.jpg
リゾートに至る道路標識には「トゥドゥマリの浜」と記されていますが、観光客に受けるように「月が浜」と変えられた名称がバス停に書かれています。

琉球の観光化によって、地元の人間が継承してきた文化が、観光客が好むように変えられていくという一側面を見るような気がします。

IMG_2115.jpg
ユニマットが経営するリゾートは、島の人々の反対を押し切る形で建設され、石垣金星さんを中心にした裁判も行われてきました。

同リゾートは、竹富町役場が所有する広大な土地を借りて営業を行っています。写真のように、反対する住民が自らの意思を示す「工作物」を設置することを役場が禁止しているといえます。

IMG_2139.jpg
しかし、役場の管理が及ばない場所であり、観光客がリゾートに入る道路の近くに反対の意思を示す看板が設置されています。

観光客はこの看板を見ながらリゾートを利用するのでしょう。「島で癒される」とはどのような意味があるのでしょうか。

IMG_2137.jpg
ホテルの汚水により海が汚れ、海ガメの産卵がなくなり、新種のトドマリハマグリの絶滅が危惧されており、ホテルの撤去を求めています。

IMG_2138.jpg
日本魚類学会、日本生態学会、日本ベントス学会もこの開発に反対しています。経済学者はこの開発をどのように考えるのかが問われています。

地元民が納得するまで徹底的に話し合ったのか。役場は税収増加という短期的な経済利益を優先し、住民の日常生活、地元業者の生活、カマイ、海ガメ等を含む豊かな島の生態系を軽視しているのではないか。さまざまな疑問がこの開発から湧いてきます。
スポンサーサイト



<< 石垣島の開発 | ホーム | カマイサミット② >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP