FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

徳之島人の反基地の意思

4月17,18日の南海日日新聞におきまして徳之島への基地移設に反対する活動についての報道がありましたので、お伝えします。

現在、鳩山政権は辺野古沖に基地を造るとともに、徳之島での米軍訓練を行うために、徳之島出身の徳田虎雄氏に
鳩山首相が会ってきたようです。

泉芳朗という奄美諸島日本復帰運動のリーダーを生み育てた島が徳之島です。島に対する強いこだわり、愛情をもった人が多い島です。日本の宝ともいうべき島を「米軍基地の島」にしようとする鳩山政権は、亡国的であるともいえます。

現在、沖縄と本土との対立が注目されていますが、その両方にも属さない、奄美諸島、なかんずく徳之島の人々が抱えている苦悩に私は思いを寄せたいです。





 18日にある徳之島への米軍基地移設反対協議会が主催する1万人集会を控えた16日、伊仙町面縄の泉芳朗生誕の地で、有志らによる「米軍基地移設反対決意の集い」があった。参加者らは奄美の日本復帰をリードした泉芳朗に届けとばかり、「移設反対」を訴えた。

 徳之島郷土研究会の幸多勝弘副会長が呼び掛け、同地区住民など約50人が駆けつけた。泉芳朗の親類で、元同町教育長の泉昭久さん(78)が「大変な事態になった。私たちの先祖は自衛隊の駐留すら許していない。ところが政府は暴挙を行おうとしている。

先祖は島の自然と文化を守り続けてきた。いつまでも子や孫に引き継ぐためにも、断じて許してはならない。絶対反対の声をこの地から大きく叫ぼう。頑張ろう」と決意の言葉を述べた。

 同町元教育長の得岡誠二郎さん(80)は復帰当時を振り返り、泉芳郎から学んだ精神を述べ、その思いを句にして披露した。同町の義憲和さん(79)が「泉先生の崇高な精神を引き継ぎ、徳之島人として断固頑張ろう」と訴えたほか、大久保町長は「基地は一切ノーという固い気持ちで頑張ろう」と述べ、強い決意を示した。

 最後は全員で、詩人でもある泉芳朗が郷里への思いをつづった作品「島」を朗読。米軍基地移設反対決意のアピール文を読み上げたほか、泉芳朗に黙とうをささげ、決意を表した。

 幸多副会長は「何故基地を移設しなければならないのか。日本復帰を勝ち取った方々の基地反対への思いは強い。1万人集会を前に、弾みになった」と語った。



米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設候補地として徳之島など鹿児島県内が取りざたされている問題で、「普天間基地撤去・鹿児島県内への移設反対4・17県民集会」が17日、鹿児島市のみなと大通り公園であった。県本土で「普天間問題」の反対集会が開かれたのは初めて。

徳之島の代表らが決意表明したほか、普天間飛行場の即時・無条件撤去求める集会アピールを採択。天文館地区の目抜き通りをデモ行進して気勢を上げた。

 県内の労働組合など10団体で組織した実行委員会の主催。鹿児島市内外から約500人(主催者発表)が参加し、徳之島の出身者もいた。

 実行委員長を務めた溝口琢・県労働組合総連合議長が基調報告。徳之島町の保育士で2人の子どもを持つ磯川真理枝さん(39)が「子宝の島、長寿の島、結いの島の徳之島に、そしてどの島にも基地は要らない」と決意表明し、参加者に共感を呼んだ。沖縄県名護市の具志堅徹市議、馬毛島を抱える西之表市の野口寛市議も連帯のあいさつを行った。
 
集会には徳之島、種子島の首長からメッセージが寄せられたほか、実行委の5団体代表が口々に米軍基地の即時撤去を訴えた。

 会場や天文館地区では4月以降で3千人分に達した反対署名の活動が行われたほか、参加者は集会後、「米軍基地はどこにも要らない」「米軍はアメリカへ帰れ」などと書かれたのぼりやプラカードを手にデモ行進し、シュプレヒコールを繰り返して県民に普天間飛行場の撤去を訴えた。

 伊仙町検福出身で鹿児島市在住の主婦、仲弘子さん(58)は「徳之島は戦艦大和、富山丸など戦争関係の慰霊の島。そこに基地を持ってきてはその人たちも安らかに眠れない。『絶対に基地を許してはならない』と思って集会に参加した」と話した。
スポンサーサイト



<< 徳之島の反基地集会とコメント紹介 | ホーム | ゆいまーる琉球の自治in宮古 2010年5月15日 >>


コメント

徳田虎雄の息子さんがテレビで「民主党になってから徳之島の振興策が29%削減された」「振興策をぶら下げて基地移設を迫ってきた」と不満を述べていたんですね。
表情から「卑怯だ!」という屈辱的な思いが伝わってきました。

沖縄に対するアメとムチの政治手法を徳之島の徳田議員は身をもって今回体験したことでしょう。
自民党が沖縄にしてきたことと同じことをされて、沖縄の痛みが少しは解っただろうと思ったら「辺野古に移設すべき」と徳田議員は言っているというじゃないですか。

化けの皮が剥がれたという感じです。
やっぱり、国頭の上からはまだまだ線引きすべき対象だなーと思う今日この頃です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP