FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

徳之島の反基地集会とコメント紹介

19,20日の南海日日新聞で徳之島での反基地集会について報道がありましたでの、お伝えします。

また「南国リンゴ」さんからコメントが届いています。ありがとうございました。最後の「やっぱり、・・・この頃です」の一文の意味をもう少し具体的に書いてください。なぜ線引きすべき対象なのですか?


鳩山首相は4日に琉球に足を踏み入れて、辺野古沖基地建設を知事にお願いするそうです。
「県外」移設を琉球人に約束して、今その約束を破ろうとしています。
徳之島の3町長は日本政府と交渉しないと明確に意思を示しています。
沖縄県知事は会うことに合意しました。もっと明確に、知事は島の意思を示すべきではないか。
人としての信義にかかわる、本質的な問題であると思う。




 徳田虎雄の息子さんがテレビで「民主党になってから徳之島の振興策が29%削減された」「振興策をぶら下げて基地移設を迫ってきた」と不満を述べていたんですね。
表情から「卑怯だ!」という屈辱的な思いが伝わってきました。

沖縄に対するアメとムチの政治手法を徳之島の徳田議員は身をもって今回体験したことでしょう。
自民党が沖縄にしてきたことと同じことをされて、沖縄の痛みが少しは解っただろうと思ったら「辺野古に移設すべき」と徳田議員は言っているというじゃないですか。

化けの皮が剥がれたという感じです。
やっぱり、国頭の上からはまだまだ線引きすべき対象だなーと思う今日この頃です。




米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の徳之島移設反対を日米両政府に示す1万人集会(徳之島への米軍基地移設反対協議会など主催)が18日午前11時から、徳之島町亀津新漁港特設会場であった。主催者によると、先月28日に開かれた集会の4200人を大幅に上回る1万5千人が参加。

「移設反対」のプラカードを掲げた参加者は、「長寿、子宝、癒やしの島に米軍基地はいらない」などとする決議文と大会スローガンを満場一致で採択した。決議文は、今月いっぱい集める署名とともに鳩山由紀夫首相に届ける。

 採択した大会スローガンは(1)徳之島への米軍基地、訓練基地移設反対を決議する(2)徳之島は豊かな自然に恵まれています。私たちは希少動植物の保護活動を積極的に推進し、世界自然遺産を目指します(3)私たちは農業を中心とした、観光振興を目指す、そのために振興策に名を借りた環境破壊を許さない。

 高岡秀規徳之島町長の開会宣言に続き、伊仙町出身で奄美の日本復帰をリードした詩人でもある泉芳朗の作品「島」を實山安英さん(44)=徳之島町=が朗読。地域住民代表ら16人が次々と決意表明した。

 青年団体代表の寶田健二さん(25)=徳之島町=が「自然豊かな島が恋しくて帰ってきた。帰りたいと願っている後輩たちのためにも米軍基地のある島を残したくない。断固闘っていく」と訴えると、会場を埋め尽くした島民から大きな拍手が沸き起こった。

 伊仙町役場職員の澤佐和子さん(44)は「徳之島は長寿と子宝の島。少子高齢化対策は日本の大きな問題。その答えを持つ徳之島を国は葬ろうとしている。基地移設は絶対にあってはならない」と訴えた。

 学生代表としてスピーチした徳之島高校2年の中熊優姫さん(16)=伊仙町=は、鳩山首相とオバマ大統領に向け、「自然いっぱいのこの島が好き。この徳之島に住んでいる人たちが好き。基地は決して造らせてはなりません。わたしたちの徳之島の未来を壊さないでください」と呼び掛けた。

 集会には、地元選出の徳田毅衆院議員ら国会議員や県議らが出席。徳田議員は、奄振予算の減額を引き合いに出し、「なぜ基地を押し付けられなければならないのか。絶対に基地は必要ない。徳之島を守るためにはどんな困難にも立ち向かう。共に闘っていこう」と述べ、鳩山政権を強く批判した。

 最後には、大久幸助天城町長の音頭で参加者全員が「頑張ろう」と声を合わせた。

 「島を守るため、頑張っていこう」―。18日、徳之島町で開かれた米軍普天間飛行場移設反対の1万人集会。住民や島内3町長らが参加した集会は最終的に1万5千人(主催者発表)に膨れ上がり、島民2万6千人余りの同島では異例の大規模集会となった。「子どもたちのため、自然豊かで美しい島を守り抜こう」「基地移設は、絶対許さない」。

壇上に立つ弁士らの訴えは大きなうねりとなり、会場をのみ込んだ。

 徳之島への移設計画が明るみになってから2度目となる地元での集会。会場は開会前から人が集まり出し、午前11時半には1万1200人(同)に達した。目標の1万人を早くも上回ったとのアナウンスが流れると、会場からは大きな歓声と拍手が沸き起こった。

 集会では、行政のほか青年団体、一次産業、文化、商工業、女性、環境保護、母親、学生など、各分野の代表者16人がマイクを握った。

 母親代表の野中涼子さん(33)=徳之島町=は、7歳から生後8カ月までの3男1女の母。「この島は出生率ナンバーワン。日本の課題である少子化からの脱却モデルがこの島にあります。今の日本が忘れている家族の姿がここにあります」。地域の人々の強い結びつきが息づく島の姿を未来へつなげたいとの思いをぶつけた。

 「どうか、この平和な島を、そしてこの豊かな自然あふれる島を、人々の絆(きずな)を壊さないで下さい。わたしたちの徳之島の未来を壊さないで下さい」。

 昨年、奄美群島の日本復帰を題材にした演劇に参加したという徳之島高校2年生の中熊優姫さん(16)=伊仙町=は、自ら壇上での決意表明に名乗りを上げたという。

 幅広い年齢層の老若男女が、胸に抱える思いをぶつけた1万人集会。「島を守りたい」という人々の心の叫びは、会場内に広がった多くのプラカードやのぼり、横断幕に記されたメッセージとともに、この日、島を大きく、そして力強く揺さぶった。



米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について、平野博文官房長官が19日、移設方針説明のため鳩山由紀夫首相が徳之島入りする可能性に言及したことについて、同島3町のうち天城町の大久幸助天城町長は「反対集会には1万5千人が集まった。

この数が民意だ。政府は島民を怒らせてしまった。条件が良よければなどという問題ではない。今になって首相が来るといっても遅すぎる。会う必要ない。あきれている」などと批判し、首相の徳之島入り意向を拒絶する考えを示した。

 18日に徳之島町で開かれた反対集会には、全島民のほぼ6割に当たる1万五千人(主催者発表)が参加。商工会代表や母親、農業者、高校生など住民がステージに上がり「移設ノー」を訴えた。

 首相の徳之島入りについて、徳之島町役場職員の寶田健二さん(25)は「反対集会が終わってから来るのでは遅い。基地問題についての情報が出るたびに島の人たちに溝ができていく。住民の心をもてあそぶなと言いたい。基地はいらない。断固反対だ」と強調した。

 1万人集会を主催した徳之島への米軍基地移設反対協議会の椛山幸栄共同代表(55)は「集会で基地は絶対反対という民意は決まった。条件の問題ではない。鳩山首相にはそのことを分かってもらいたい。徳之島入りはあきらめてほしい」と話した。

 一方、基地移設の条件を考える会の谷岡一会長(57)は「一日も早く来てほしい。首相には条件付きの要望書をすでに送った。来島が実現するように期待したい」などと話した。
スポンサーサイト



<< 1609年、2010年の日本による琉球の分断化 | ホーム | 徳之島人の反基地の意思 >>


コメント

通りすがりの奄美の者ですが沖縄の方に「国頭から上は分けて考えるべき」
と言われたのはショックです。
やっぱり与論島以北は「県外」「内地」だから仲間じゃない、
自分たちの痛みをわかってくれない「敵」なんでしょうか。
徳之島、奄美の人たちは決して「これまで通り基地を沖縄に押し付けておけばいい」
という思いで反対しているのではないと思います。
これまで基地を沖縄に押しつけ、のうのうと平和を享受していたのは申し訳なく思っていますが、
突然降ってわいた話にすぐに「沖縄の痛みは私たちが引き受けます」と言えないことを責められますか?

政府のやり方が沖縄と奄美を対立させているようで悔しいです。
不快に感じたら申し訳ありません。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP