FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

1609年、2010年の日本による琉球の分断化

21日の南海日日日新聞の徳之島に関する記事と、本ブログへのコメントを紹介します。

「通りすがりの奄美の方」へ、コメントありがとうございました。
コメントを読んで、1609年の薩摩侵略後の、奄美諸島直轄領化による琉球の分断と今日の分断化との
連続性を思いました。

日本は琉球を分断することで、琉球の一体性を削ごうとしているかのようです。基地を押し付けることで地域社会も分断化されます。

私は奄美諸島、沖縄諸島、宮古諸島、八重山諸島の人々は同じ仲間であると思います。同じような文化、歴史、自然、宇宙観を持ち、亜熱帯性、島嶼性を共有しています。政府、人為的な行政上の境界線による分断化に惑わされることなく、これからの世代のためにも互いの島を守り続けねばと思います。





通りすがりの奄美の者ですが沖縄の方に「国頭から上は分けて考えるべき」
と言われたのはショックです。

やっぱり与論島以北は「県外」「内地」だから仲間じゃない、
自分たちの痛みをわかってくれない「敵」なんでしょうか。

徳之島、奄美の人たちは決して「これまで通り基地を沖縄に押し付けておけばいい」
という思いで反対しているのではないと思います。

これまで基地を沖縄に押しつけ、のうのうと平和を享受していたのは申し訳なく思っていますが、
突然降ってわいた話にすぐに「沖縄の痛みは私たちが引き受けます」と言えないことを責められますか?

政府のやり方が沖縄と奄美を対立させているようで悔しいです。
不快に感じたら申し訳ありません。



米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題は20日、政府窓口である首相官邸から移設先として検討中の徳之島3町長に滝野欣也官房副長官から会談の打診があったことで新たな段階に進んだ。

具体的な移設先の言及を避け続けてきた鳩山由紀夫首相をはじめとする政府による徳之島への働き掛けは、徳之島案の存在を正式に認めたことにもなるからだ。3町長は18日の1万人集会で示された住民の民意を盾に面高を断ったが、首相が政府移設案の決定期限とする5月末に掛けて、中央の動きから目が離せない状況が続きそうだ。

 米軍普天間飛行場の移設問題で、鳩山政権から徳之島3町長に正式な打診があったのは初めて。
 大久幸助天城町長と大久保明伊仙町長が同日午後、記者会見で「面談の打診があった」ことを明らかにした。これを受けて、高岡秀規徳之島町長を含め3町長が協議し、会談を拒否する考えを電話で伝えた。

 20日午後、滝野官房副長官から徳之島、天城、伊仙の3町長に個別に電話があり「徳之島と決めたわけではない。1万人反対集会の状況を聞きたい。鹿児島市で伊藤祐一郎鹿児島県知事も含め、平野官房長官と会ってほしい」などと要請したという。

 3町長は会談を断ったが、あらためて伊仙町役場に集まり協議して共同歩調を確認。午後2時半ごろ、大久天城町長が3町長を代表して「会うわけにはいかない」などとして断った。

 大久保町長は「今回の要請は正式な打診だと思う。18日の1万人反対集会で民意は明らかだ。米国も難色を示して
おり、会う必要はない。政府が強硬な姿勢を取ると島民の反発は増すばかりだ。徳之島の反骨精神は並大抵ではない。我々には誇りがある」と話した。

 政府高官の要請について、徳之島への米軍基地移設反対協議会の椛山幸栄共同代表(55)は「最初から徳之島3町長は断固反対の意思を示している。3町長をしっかり支え、歩調を合わせながら闘っていきたい。不確定な情報も多く、こちらも動向を注視しながら運動を進めたい」と話した。

 一方、基地移設の条件を考える会の谷岡一会長は「3町長の独断だけで政府要請を拒否できるものか疑問。きちんと話しを聞き、住民に詳しく報告し、住民投票を行うべき。会談を求める政府の姿勢は大歓迎だ。政府が納得できる条件を準備すれば、賛成する住民は多くなるはずだ」などと語った。

スポンサーサイト



<< 島と島との強いつながり | ホーム | 徳之島の反基地集会とコメント紹介 >>


コメント

私の拙いコメントを取り上げていただきありがとうございます。
徳之島が基地の受け入れ反対を表明したことについての
沖縄からの怒りのメッセージをいくつか見かけたこともあり、
先日は悲しくてついコメントしてしまいました。
薩摩の侵攻以降の歴史を共有していない、地上戦を経験していない、
先に日本復帰してしまった、基地がある痛みを知らない奄美は
こちらが一方的に親近感を抱いていただけで、沖縄からは仲間だとは
思われてなかったのかな、と。
一方私も、沖縄の基地問題の存在は知っていても
どこか他人ごとのように思ってたのではないか?と反省しました。
基地の問題は、琉球弧だけでなく、日本全体が自分のことと思い
考えていかなければならないと思います。
管理人さんの、奄美諸島も、沖縄諸島も、宮古諸島も、八重山諸島も
仲間だと思っているというお言葉は嬉しかったです。
ありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP