FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

島と島との強いつながり

kurousa95さん、コメントありがとうございました。コメントを紹介します。

私は初めて奄美大島にいったとき(瀬戸内町でしたが)、生まれ島に帰ってきたように
大変嬉しかったです。学生との調査旅行、ゆいまーる琉球の自治の集い等で、奄美諸島の方々と
知り合うことで、さらに互いの強いつながりを実感しました。

外部の勢力によって分断されそうになっても、引き裂かれない強靭な琉球の基盤があると思います。

このブログのNPO法人も琉球の島々が互いに顔を合わせ、互いに学びあい、励ましあうことを目的にして
つくられました。今月は宮古島で行います。この集いにも奄美諸島の方も参加する予定です。

kurousa95さんも、ご都合がついたら、いつかご参加ください。




私の拙いコメントを取り上げていただきありがとうございます。
徳之島が基地の受け入れ反対を表明したことについての
沖縄からの怒りのメッセージをいくつか見かけたこともあり、

先日は悲しくてついコメントしてしまいました。

薩摩の侵攻以降の歴史を共有していない、地上戦を経験していない、

先に日本復帰してしまった、基地がある痛みを知らない奄美は
こちらが一方的に親近感を抱いていただけで、沖縄からは仲間だとは
思われてなかったのかな、と。

一方私も、沖縄の基地問題の存在は知っていても
どこか他人ごとのように思ってたのではないか?と反省しました。
基地の問題は、琉球弧だけでなく、日本全体が自分のことと思い
考えていかなければならないと思います。

管理人さんの、奄美諸島も、沖縄諸島も、宮古諸島も、八重山諸島も
仲間だと思っているというお言葉は嬉しかったです。
ありがとうございました。
スポンサーサイト



<< 太平洋のラピタ人、パラオの航空会社、パラオでの日本語教育 | ホーム | 1609年、2010年の日本による琉球の分断化 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP