FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

太平洋のラピタ人、パラオの航空会社、パラオでの日本語教育

2004年、8,10月の太平洋ニュースをお伝えします。
今から3500年前以降、ラピタ人という、独自の生活様式をもった人々が太平洋の島々を船で移動していました。
以前、私もラピタ式土器を見たことがありますが、太古の海の人の生活を思いました。


10/22 PIR
  フィジーでラピタ式土器が発見された。

浮き彫りのような顔のデザインのある土器の破片がフィジーで発見され、考古学界においてセンセーションを巻き起こしている。土器が発見されたのはビチレブ島の南西部にあるナタドラ・ビーチ地域であり、そこは3200年以上前の遺跡であるとみられている。

パプアニューギニアのビスマルク諸島からラピタ人が東方の島々に移住したが、顔のデザインを有するラピタ式土器が発見されたのはフィジーだけである。南太平洋大学のパトリック・ナン氏は、「立体的な装飾がほどこされた土器がフィジーで発見されたことは非常に重要である。

フィジーのナタドラに移住した人々は3000キロ離れたビスマルク諸島から直接来たのかもしれない。」と述べた。


パラオとグアム、フィリピン等の航空路線はコンチネンタルという米国の会社に独占され、非常に高い航空運賃をパラオ国民、観光客は払わなくてはなりません。それに風穴を開けようとしてパラオの財界人がナショナルキャリア―会社を設立したのですが、現在、倒産したようです。

琉球でも琉球の企業家による航空会社設立の動きがかつてありましたが、実現しませんでした。



10/28 PIR
  新しいパラオの航空会社が生き残りを目指している。

石油価格の高騰による経営危機に直面しているパラオミクロネシア航空会社は生き残りの決意を固めている。同社のアラン・シード最高経営責任者は、数ヶ月間、困難な状況にあるが、夢を実現するための努力はこれからも続けると述べた。

同社は126人乗りのボーイング737-300機を保有しており、ミクロネシア諸島だけでなく、フィリピンの間にも就航している。

ニュージーランドに拠点をおくエアーワーク航空運営会社がパラオミクロネシア航空会社の航空機の運行、メンテナンスを行っている。今月初め、同社は8月に運行を始めたパラオ・豪州ダーウィン間の路線を中止することを決めた。その理由は石油価格の高騰による経営危機から生き残るためであった。


戦前の日本統治時代の影響で、高齢者は日本語が流ちょうに話せるパラオ人が少なくありません。しかし、今のパラオの子供たちは英語での生活が一般化し、日本語を話せないのが普通です。昨年、龍谷大学の学生とパラオに行き、パラオの大学の学生と交流しました。日本の文化に非常に関心をもち、日本語を学びたいというパラオ人、ヤップ人に出会いました。

パラオの高校、小学校でも日本語の授業を行っているところもあります。



8/31 PIR
 パラオの学校が国際交流基金から日本語教材を提供された。

国際交流基金からの日本語教材が、日本大使館を通じて、パラオ・コミュニティー大学、パラオ高校、ミゼンティ高校、マリス・ステラ学校に贈呈された。

日本大使館の諏訪臨時代理大使は、パラオで日本語教材に対する関心が増していることを喜び、新しい日本語教材により若い人びと、特に学生が日本の言葉や文化をより多く学ぶことができると述べた。

パラオ・コミュニティー大学では、新しい教員により日本語コースの内容が再検討され、パラオ高校では約100人が日本語を学習し、ミゼンティ高校では学生が日本語を話し、書くことができることを日本語学習の目標にすえている。
スポンサーサイト



<< 「先祖から受け継いだ徳之島を子どもたちの未来のために守り抜く」 | ホーム | 島と島との強いつながり >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP