FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

「先祖から受け継いだ徳之島を子どもたちの未来のために守り抜く」

4月26,28日の南海日日新聞に徳之島への基地移設問題についての報道がありましたので、お伝えします。

琉球の自治とは、島を守る人間の本能です。先祖から受けついた、島をこれから先も守り続けることが、今、島に生きる者たちの使命であるという、高い志で島の方々は反対の意思を示しています。

米軍も望んでいない徳之島への基地移設をなぜ鳩山政権は徳之島に押し付けようとしているのでしょうか。日本の南の島に対する明らかな差別であると思います。

徳之島に米軍が移設された場合、他の奄美の島々にも理由をつけて基地を増設したり、軍事訓練をしたり、緊急避難として軍用機が来島する恐れが高まり、軍事の群島となるでしょう。



米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の即時撤去と徳之島、馬毛島など鹿児島県内への移設に反対する県民集会が25日、鹿児島市のみなと大通り公園で開かれた。徳之島からの現地報告などがあり、同飛行場の県内移設の動きに県民運動として反対していく必要性を確認し合った。
 
沖縄県で同日開かれた「米軍普天間飛行場の早期閉鎖・返還と県内移設に反対し、国外・県外移設を求める4・25県民大会」に呼応し、鹿児島県護憲平和フォーラムなど22団体で構成する「鹿児島に米軍はいらない県民の会」が主催した。約550人(主催者発表)が参加。徳之島出身者の姿もあった。

 県民の会会長の荒川譲鹿児島大名誉教授が「普天間飛行場の即時・無条件閉鎖と徳之島、馬毛島に新たな米軍基地を造らせないという民意は明らか。県民の総意として基地反対の声を上げ、政府に断念させよう」と呼び掛けた。

 徳之島、馬毛島(西之表市)から現地報告があった。徳之島の自然と平和を考える会の幸多勝弘事務局長(58)は「長寿・子宝の島、生物多様性の島・徳之島の価値観を分からない鳩山首相への憤りで徳之島の島民は煮えたぎっている」と訴えるとともに、「政府関係者に徳之島の地は踏ませない。先祖から受け継いだ徳之島を子どもたちの未来のために守り抜く」と強調し、参加者から大きな拍手が起きた。

 この日の反対集会には民主党県連代表の川内博史衆院議員と皆吉稲生衆院議員が出席。超党派の沖縄県等米軍基地問題議員懇談会会長としての出席要請を受けたという川内氏はあいさつで、「普天間の海兵隊には抑止力はなく、グアム、テニアンへ移すべきというのが基本的な考え。徳之島移設案は手続きも間違っているし、ありえない」と述べた。

 これに対し、一部の参加者から「だまされないぞ」など冷ややかなやじも飛んだが、川内氏は記者団に「ただ反対すればいいというわけでない。解決策を提起することも必要だ」と反論した。

 集会決議を採択し、ガンバロウを三唱。集会後、参加者は「長寿と子宝の島に基地は要らない」などと書かれ、1万5千人(主催者発表)が参加した徳之島の反対集会でも使用した手作りのプラカードを手に、同公園から高見馬場までの天文館地区の目抜き通りをデモ行進した。



米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の徳之島移設問題で、奄美群島市町村長会(会長・平安正盛知名町長)と奄美群島議会議長会(会長・町田末吉与論町議会議長)は27日、鹿児島市で開いた合同会で、群島への基地移転に反対する共同宣言を採択した。

同問題を「群島共通の重要な問題」と位置付け、「群島民の安全と安心を確保するため断固反対する」としている。両会事務局によると、合同会が共同宣言を発するのは異例。移設問題に揺れる徳之島の3町長は「力強いサポートを頂いた」と話した。

 合同会後、両会会長、徳之島3町長らが県庁で記者会見して発表した。平安会長は「奄美は一つ。徳之島3町だけの問題ではなく奄美全体の問題ととらえ共同宣言に至った。県民のみなさんの理解と協力もたまわりたい」と話した。町田会長は5月の全郡議員大会に同趣旨の特別決議を提案する方針を示した。

 徳之島3町長は「力強く感じる。阻止に向けた群島全体の組織づくりにつながる」(大久幸助天城町長)、「移設となれば沖永良部や与論の上もヘリコプターが飛び、奄美全域での演習の可能性も出てくる。徳之島3町は力強い支援を得た」(大久保明伊仙町長)、「群島全体の理解を得られたことは意義がある」(高岡秀規徳之島町長)とそれぞれ話した。

 3町長は、政府からの面談要請には引き続き結束して応じない意思を強調。同問題は沖縄の基地負担軽減と日本の安全保障が絡む問題だとして、国民全体で考えるべきだとの姿勢も強調した。

 徳之島に限らず群島全体への移設反対宣言としたことについて、平安会長は「徳之島と特定されている状況ではない。政府の結論が分からないので徳之島を含め奄美群島全体ととらええていきたい」と話した。。

 同問題をめぐっては、市町村長会と議会議長会は2月の合同会で徳之島への基地移設反対意思を確認。すべての市町村議会が3月定例会で移設反対を決議している。
スポンサーサイト



<< 基地関連の振興開発で島は発展しない | ホーム | 太平洋のラピタ人、パラオの航空会社、パラオでの日本語教育 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP