FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

鳩山首相訪沖の悲しさ

鳩山首相が沖縄島を訪問しました。各地で怒号が飛び、琉球の人々が激しく抗議している映像をテレビでみました。

昨年の今頃、同じ人物がマニフェストとして琉球人の前で約束をして、昨日はそれを簡単に破った日として琉球人の心に残り続けるでしょう。

「夢のような期待」をいだかせ、政権を獲得して、その後は約束を破るマニフェストとは何でしょうか。国民を欺くための手段のように思えます。

琉球人はその言葉を信じて、自民党の衆議院議員を全部落選させて、民主党議員を選んだのです。

現在は「不信の時代」といわれ、近代化により互いが競争に追いやられ、人間として信じられない時代といわれています。一国の総理がその「不信」の源になっています。このような首相を抱える日本は崩壊するのではないか。

「説明をして、県民の声を聞いた」という既成事実をつくり、基地を押し付けていくという、人間の冷たさ、権力の暴力性を鳩山首相の顔、声から感じました。このような心のない人が日本政治の頂点に立っている日本とは何でしょうか。

琉球人はいつまで騙されなければならないのでしょうか。なぜ首相は徳之島、沖縄島という日本の南の島々に重い負担を強いるのか。日本本土は朝鮮半島、中国から近く、首相が強調する抑止力という面では日本本土に基地を置く方が抑止力は高まります。

日本国内の地域を説得せず、安易に、琉球に嘘をついて基地を押し付けようしています。

徳之島の3人の町長からの話を聞いて「民意の一部」を聞いたとして既成事実を作るのでしょう。自民党時代は、沖縄島内の基地建設案でしたが、「県外」という言葉を利用して、徳之島、奄美諸島まで基地被害を拡大させようとしています。自民党時代よりも民主党の方が強権的であり、「友愛」の言葉を使い、偽善的であるといえます。

1年前に琉球人に約束をして、首相は一体何をしたのか。自ら日本本土各地、国外各地にいって説得をしたのか。

2010年5月4日は「屈辱の日」「裏切りの日」として琉球史に刻まれるでしょう。

琉球人は首相がこれから何をいっても信じないと思います。騙され、失望するからです。もっと人間として誠実な姿勢で琉球人と関係をもつべきでした。

民主党政権に対する怒りとともに、悲しい日本の現実を見た思いがしました。
スポンサーサイト



<< 軍事優先の琉球の空 | ホーム | 基地関連の振興開発で島は発展しない >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP