FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

日米安保を問う

藤原書店の『環』VOL.41号において「日米安保を問う」の特集が掲載されています。本特集については、先日、毎日新聞夕刊でも紹介されました。

日米安保を根本的に問うという編集方針から、徹底的に安保の意味、存在を問うています。

琉球人、琉球、日本国民、日本人、日本にとって日米安保とは何か。私は琉球人という島嶼民としての立場と、日本国民という法制度上の立場から安保について論じさせていただきました。お読みいただければ幸いです。

また劉暁波氏についての小特集もあります。中国と琉球との将来の関係を考える上でも大変、教えられた小特集です。


目次は次の通りです。




金子兜太の句 日常茶飯

石牟礼道子の句 草道



小特集

●『天安門事件から「08憲章」へ』の著者、劉暁波氏に「国家政権転覆扇動罪」で懲役11年の判決。われわれは何をなすべきか?

天安門事件と「08憲章」を考える

劉霞(劉暁波夫人) 日本の読者へ(及川淳子=訳)

子安宣邦 われわれにとって、中国の民主化とは何か【なぜ黙っているのか】

劉燕子 劉暁波とは誰か

及川淳子 「08憲章」と中国の知識人

現代中国最大のタブー天安門事件の真相隠蔽に抗しつづけ、民主化運動に尽力し、「08憲章」起草の中心となった劉暁波氏の思想と行動に隣国のわれわれはどう呼応すべきか?――早大での緊急集会の報告。



〈緊急特別インタビュー〉【「戦後」との訣別】

御厨貴民主党政権の半年をどう見るか

「党内の権力闘争を経なくては、“学級会政治”から脱却はできない」――当代随一の政治学者が説く民主党の課題。



【特集】「日米安保」を問う

日米関係に憶う

塩川正十郎

自主性なき「同盟」構築の末路

【一記者として見てきた日米安保五〇年】

中馬清福

米中和解の「引き出物」となった日米安保

【沖縄施政権返還交渉の取材メモから】

松尾文夫



〈座談会〉

安保をめぐる「政治」と「外交」

【沖縄米軍基地が問うもの】

渡辺靖+松島泰勝+伊勢賢治+押村高 (司会=編集長)

「配給された」平和【「対等性」という形式への固執が奪ったもの】

新保祐司

「密約」の半世紀と日米安保

豊田祐基子

「同盟」の新しい地平を目指して

岩下明裕

分割された東アジアと日本外交

原貴美恵

日米安保と大陸中国/台湾関係【東アジアにおける「脱冷戦」とは何か】

丸川哲史

基地の駐留は「安全保障」か?【沖縄が問う日米関係の真の「安定」とは】

丹治三夢

「沖縄米軍基地の戦略的価値」という神話【安保論議における政治主導の不在】

屋良朝博

日米同盟と日本の核政策【論じられ方の変容とその政治学的考察】

黒崎輝

日米同盟の本質を問う契機【「人と物の交換」を再考する時】

中西寛

日米同盟における「可測性」の本質【戦争の「遺産」を踏まえて】

櫻田淳

誰が、何を、守るのか【地域統合の時代における日米安保】

大中一彌

主権譲渡としての憲法九条と日米安保

平川克美

〈インタビュー〉朝鮮半島からみた日米安保

李鍾元

日米安保条約、ソ連とロシア【異なる国、異なる考え方】

ワシーリー・モロジャコフ

等辺に成り得ない日米中の三角関係

陳破空(及川淳子=訳)

日米欧委員会事始め【日米安保関係のグローバル化の影】

武者小路公

■日米安保、この50年を思う

鄭敬謨 アジアの視点から観た日米安保

姜在彦 「日米安保」と日韓問題

河野信子 大衆ストライキ

米谷ふみ子 今の日本で安保を破棄したらどうなるか――私の提案

諏訪正人 自然承認前夜

篠田正浩 身捨つるほどの祖国はありや

吉川勇一 軍事条約に代わる日米関係を

川満信一 日本国の怪奇現象――国会は「国家百年の計」を論議せよ

岩見隆夫 日米戦争と安保改定――岸信介の「執念」

加藤晴久 六〇年の「できごと」

藤原作弥 回顧的「日米関係論」私記

水木楊 自明ではない「自明」

小倉和夫 日米安保の過去、現在、未来

西部邁 列島人の愚行、錯誤そして自殺

三木健 米国従属と沖縄差別の半世紀

榊原英資 五〇年前の安保闘争と今後の日米安保

それでもしばらくは堅持すべき中谷巌



寄稿

●大逆事件百周年

尾形明子 大逆事件と作家たち――冬の時代の表現者

●吉田松陰生誕百八十周年、スティーヴンスン生誕百六十周年

よしだみどり 三人の少年――吉田松陰、R・L・スティーヴンスン、大佛次郎 

●米歴史家ビーアドが最晩年に追究した「真珠湾攻撃」とは? 日米知識人の歴史への視座

開米潤 真珠湾攻撃とは何だったか?

●「温暖化懐疑論」にどう向き合うべきか?

相良邦夫 地球温暖化と“クライメートゲート事件”

【懐疑派は学会の正規のリングで議論を】



〈書物の時空〉

●名著探訪

一海知義 『高原好日』(加藤周一著)

佐佐木幸綱 『戦国時代和歌集』(川田順著)

速水融 『ヨーロッパ世界の誕生』(H・ピレンヌ著)

塩川正十郎 私の日記術

●書  評

河内春人 『唐代の国際関係』(石見清裕著)

唐代史から世界史へ

倉科岳志 『ヴィーコ 学問の起源へ』(上村忠男著)

世界に学的にかかわるとはどういうことなのか

鵜戸聡 『カヴァフィス 詩と生涯』(R・リデル著)

近代都市「アレキ」の多言語文学

宮下遼 『オスマン帝国500年の平和』(林佳世子著)

韻文詩が照射する都市社会

イム・ジョンヒョク 『日本語の正体』(金容雲著)

古代日韓語という遺跡は掘り起こされたのか

●連載明治メディア史散策4

粕谷一希 急進派兆民ブームと戦後



●邦訳不可能といわれた大著『フランス史』の全貌!

ミシュレの魅力と「新しさ」

――『フランス史』発刊によせて――

大野一道

十九世紀を代表する歴史家ミシュレの『フランス史』全十七+三巻の全体を、緻密な要約解説をまじえながら訳出、発刊。



●新連載

天に在り――小説・横井小楠1

【立志の章】

小島英記

「公共」と「交易」の立場からあたらしい国家と社会を構想した横井小楠。知られざるその人間性と魅力を描き出す新たな試み。



●連載

●竹山道雄と昭和の時代2

平川祐弘 遠州の名望家

幕末から明治へ、「もうひとつの夜明け前」を生きた浜松・竹山一族。

●近代日本のアジア外交の軌跡9

反英インド独立運動家に対する日本の態度

【アジア外交から見た日英同盟を中心として】

「中村屋のボース」を支援することと日英同盟との矛盾。

小倉和夫

●水の都市論――大阪からの思考

橋爪紳也 楽園

人が人を、夢が夢を呼ぶ、海辺の新開地という「余白」の魔力。

●伝承学素描

能澤壽彦 神仏習合の課題構図

近代的構築物としての神道史観から抜け落ちたもの。
スポンサーサイト



<< 復帰運動から学ぶべきこと | ホーム | 軍事優先の琉球の空 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP