FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

石垣島の開発

今回、私が生まれた石垣島でも一泊し、地元の方から島の開発についてお話を伺うことが出来ました。

今年6月に午後2時から8時まで、島の開発を問うシンポジウムが開催され、その後、島民会議が結成されたことについては先にお伝えしました。今回は、シンポジウムの模様を紹介したいと思います。

IMG_1339.jpg
現在、島では観光客、移住者が増加し、乱開発が進んでおり、写真のような売り地の看板も目立っています。急激な社会変化が発生しています。

IMG_1460.jpg
人口の増加ととも集合住宅も増え、地域社会のまとまりが衰退していくという懸念の声も聞こえます。最近、アパートなどで空室が目立ってきているという情報もあり、経済バブルの崩壊による悪影響も心配です。

IMG_1191.jpg
乱開発の中で開催されたのが「緊急、島の未来シンポジウム」でした。このシンポジムの実行委員会は、新旧の住民によって構成されています。

石垣島各地でリゾート計画等の開発に反対し、これからの島の方向性を住民を主体にして考え、実行していこうという方々が定期的に集まり会合をもってシンポの準備をしてきました。

会合の話し合いの過程で、新旧の住民が意見を交換し、共に島の現状を考え、未来を語ってきたと聞いています。

新旧の住民が交流し、互いに理解し、お互いの違いを認めながら新たな関係性をつくる上でもシンポジウムの準備過程は重要であったと思います。

IMG_1207.jpg
石垣市民会館の前の横断幕。会館中ホールには多くの方が集まり、6時間の議論を熱心に聞いていました。それだけ住民の方々の危機感が大きいといえます。

IMG_1212.jpg
会場入り口で開かれた島の写真展。現在、また、過去の島の自然、風景、住民の顔等を見ることができ、改めて島の豊かさを実感しました。

それとともに、乱開発によってカネで買えないもの、人の気持ちが失われ、人間の記憶、生き方が消されていくという、開発という暴力性を感じました。

IMG_1213.jpg
基調報告をされる田島共同代表。住民の力で今、島が抱えている問題を考え、島の未来の姿を提示して、つくっていくという自治に対する熱い思いを語っておられました。

シンポの実行委員会は、現在、島の未来を考える島民会議として結成し、会員をあつめ、会報も発行し、さまざまな活動を実施しております。(会報につきましては、前にこのブログでもご紹介しました。)

IMG_1214.jpg
「復帰」前の石垣島の映像について解説される山里さん。島が開発される前の島の様子を、カラーでしまも動画で初めて見ることが出来ました。過去へのノスタルジーではなく、現在の乱開発を問い、石垣固有の未来像を構想するときに、先人が歩んできた道を振り返ることは重要だと思います。


スポンサーサイト



<< 石垣島の方々との交流 | ホーム | 西表島の開発 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP