FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球弧の内発的発展

『季刊沖縄』第38号に私の「琉球弧の内発的発展」が掲載されました。今年3月に同協会主催で行われた講演会の内容を収録したものです。清成会長、山岸さんをはじめとする沖縄協会の方々に大変お世話になりました。心よりお礼申し上げます。

同協会のHPにアクセスすれば拙論をダウンロードすることができます。





琉球弧の内発的発展(第38号)
第38号 (2010.4.30 発行)

≪第156回沖縄問題研究会≫
琉球弧の内発的発展
松島 泰勝 (龍谷大学経済部・教授)

≪連載(4回目・最終回)≫
江戸立と琉球の文化芸能
―琉球大学開学60周年記念事業から―
宮城 隼夫 (琉球大学副学長)

沖縄の古典音楽について
~古典音楽の特徴、稽古風景点描~ 比嘉 康春
(沖縄県立芸術大学音楽学部・教授)

沖縄における公共交通機関の可能性
―沖縄の生活・観光・産業の発展を目指すインフラストラクチャー―
堤 純一郎(琉球大学工学部・教授)

第31回沖縄研究奨励賞
【受賞記念講演】

熱帯感染症に対する組換えワクチンプラットフォームの創製
新川 武(琉球大学熱帯生物圏研究センター・准教授)

沖縄島に移入されたマングースの素顔と対策のための技術開発
小倉 剛(琉球大学農学部亜熱帯農林環境科学科・准教授)

勉学支援生 Interview

Topics

沖縄協会だより……事務局(東京)/沖縄平和祈念堂/寄金芳名欄/参観校/寄贈図書/平成22年度事業計画

沖縄覚書

沖縄協会資料室の案内

表紙の絵……サクララン〔カガイモ科〕/絵と解説:渡久地 健



バックナンバー
琉球弧の内発的発展(第38号)  2010年 更新
オバマ政権の外交政策と沖縄について(第37号)  2009年 更新
第154回沖縄問題研究会(第36号)  2009年 更新
第153回沖縄問題研究会(第35号)  2008年 更新
第152回沖縄問題研究会(第34号)  2008年 更新
第151回沖縄問題研究会(第33号)  2007年 更新
第150回沖縄問題研究会(第32号)  2007年 更新


季刊沖縄
財団法人沖縄協会は、平和で豊かな沖縄県の建設に寄与するため、昭和47年に設立されました。機関誌『季刊沖縄』は平成8年に創刊され、沖縄に関する諸問題の啓発・広報を図るため当協会が実施している沖縄問題研究会の講演内容をはじめ、専門の方々へのインタビュー記事や執筆原稿,沖縄平和祈念堂での取り組みを掲載しています。

   
発   行 : 財団法人 沖縄協会
発行回数 : 年 2 回
購   読 : 300円 (郵送料込み) 詳しくはホームページをご覧ください

スポンサーサイト



<< 「県民大会」での琉球人の思い | ホーム | 復帰運動から学ぶべきこと >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP