FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

石垣島の方々との交流

先週、石垣島の島民会議、青年会議所の方々と交流させていただきました。突然、島民会議の新垣さんに電話したにも関わらず、多くの方がお忙しい中集まって下さり、二次会まで島の今、将来について熱く語らいあいました。

IMG_1952.jpg
右から島民会議の新垣さん、鷲尾さん。場所は新垣さんが経営する、「島そば一番」の二階です。

新垣さんは本来の八重山そばづくりにこだわっている方でもあります。かつて子供のころ食べた懐かしい八重山そばの味がし、おいしかったです。

鷲尾さんは、「白保メール」というメールマガジンを発行されている方です。リンクにもありますので、是非、ご覧ください。島民会議の事務局もされています。

IMG_1953.jpg
右から青年会議所の漢那さん、大濱さん。漢那さんは島で、石垣島パラダイスグループという会社を経営されている方です。二次会は漢那さんのお店で飲みました。

大濱さんは、島藍農園を経営されています。大濱さんは島で初めて藍染を始められ、八重山諸島に重点をおいて自らの作品を売っていくという、地産地消、島の自立経済にこだわった方です。お二人とも明日の石垣をつくりあげる青年であると思いました。

IMG_1954.jpg
右から鷲尾さん、元村さん、漢那さん、早川さん、村山さん、大濱さんです。元村さんは、八重山料理店である舟蔵の里を経営されています。自らの考えをはっきり勇気をもって言うことのできる方であり、多くのことを教えていただきました。

早川さんは米原のリゾート建設計画に反対する運動を地元でなさっている方です。6月のシンポジウムでも石垣島の開発の現状について明解で、説得力のある報告をして下さいました。

村山さんは工房奈夢で漆喰のシーサーを作っておられる方です。元村さん、早川さん、村山さんは島民会議のメンバーです。

IMG_1955.jpg
早川さんにとってもらった写真。奥の方に新垣さんと私が映っています。

この場所で、島民会議の皆さんは、6月のシンポジウムの打ち合わせを行い、島の現在と未来を考える話し合いが行われました。

新旧の住民が同じ場所で、同じ時間を共有し、共に島が抱える問題を話し合い、未来の抱負を語りあってきた場所です。コーディネーターとして新垣さんは大変、重要な役割を果たされたと思います。

IMG_2240.jpg
西表島から石垣島に帰った時、村山さんの工房に行きました。アヤパニモールの先に行ったところに工房がありました。

工房に行く途中で、オートバイに乗っている村山さんにお会いして、案内していただきました。歩いているとだれか知っている方に会えるという、島社会の良さを体験しました。

IMG_2244.jpg
村山さんがつくられた漆喰のシーサー。通常のシーサーは土でつくられていますが、漆喰のシーサーも温もりが感じられいいなと思いました。

赤瓦の家が壊され、捨てられそうな赤瓦をもらいうけて、漆喰シーサーにも活用しているそうです。私も、シーサーとキジムナーを買わせていただきました。手作りで、独創的ですからいつまでも大切にしたいと思います。

IMG_2233.jpg
村山さんの工房では、地元の児童たちも体験学習でシーサー作りをしています。漆喰ですから、子どもたちは自分がつくった作品をそのまま持って帰ることができます。

村山さんは、新潟出身です。村山さんから興味深いお話を伺いました。新潟の妻有地区は、地震の被害、過疎化等を克服するために芸術による村おこしが行われました。村山さんもボランティアとしてこの試みに参加されました。

村の人々と域外者との新たな関係がつくりあげ、一緒に地域を元気にしていきました。元々、村山さんは地域づくり、街づくりに関心があって、島民会議に参加されたそうです。

豊かな経験をもち、志のある方々が島民会議をつくりあげており、これからの島おこし運動に大変関心を持ちました。私も何か一緒に活動できればうれしいです。


短い間でしたが、西表島、石垣島では多くの方にお世話になり、また多くのことを学ばせて頂きました。心より感謝申し上げます。

スポンサーサイト



<< 沖縄離島に学ぶ「地域経済の自立」① | ホーム | 石垣島の開発 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP