FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ゆいまーる琉球の自治in 宮古 6

5月16日の宮古新報、宮古毎日新聞がそれぞれ、NPOゆいまーる琉球の自治の集いin宮古について報じておりますので、お伝えします。記者の方々にお礼申し上げます。



「ゆいまーる琉球の自治の集いin宮古」 (主催・NPO法人ゆいまーる琉球の自治) が15日、 宮古島市中央公民館研修室で行われた。 宮古の歴史と文化や集落の祭祀に見る自然観などの報告があり、 参加者が活発な意見を交わした。

 主催者あいさつで松島泰勝代表は 「きょう復帰して38年目を迎える。 米軍普天間基地移設問題に日本中が注目するなかで、 なぜ宮古島で開催するのかという声があるが、 基地のない宮古島で5・15を考えたい。 1994年の米兵による少女暴行事件後、

政府は振興計画でお金をばらまき、 基地依存のまやかしで地域が衰退している。 宮古島の地域では人々が頭と体、 団結で自治をつくっており、 人々の 『ゆいまーる』 が地域自治に大きな意味を持っている。 宮古島の方々から自治を学びたい」 と述べた。
 
下地和宏さん (宮古郷土史研究会長) が、 「宮古の歴史と文化」 をテーマに▽南方系文化の先史時代▽婆羅公 (ばらくん) 管下蜜牙古人▽与那覇勢頭豊見親の中山朝貢▽仲宗根豊見親の中山服属▽薩摩藩、 琉球を侵略▽琉球処分―沖縄県の設置▽戦争への道▽戦後▽宮古人気質▽宮古のアイデンティティー―を報告した。

 戦後では 「宮古民政府文教部が公募した新宮古建設の歌 (1947年8月) が社会に明るい希望と勇気を与える。 四群島政府 (1950年9月~52年3月) には奄美、 沖縄、 宮古、 八重山に四群島知事が誕生した。 その後琉球政府となり、 祖国復帰運動が起きた」 と説明。

また 「下地島パイロット訓練飛行場の誘致 (1979年7月) では 『屋良覚書』 が交わされ下地島空港が開港した。 民間空港以外の使用を認めないと当時の琉球政府と国が交わした 『屋良覚書』 が今、 重要となっている」 と述べた。

 このほか根間義雄さん (元狩俣自治会長) 「購買店を通した狩俣自治会」、 奥濱幸子さん (女性史研究家) 「宮古島・狩俣の山 (杜) の話と森の話~集落 (シマ) の祭祀に見る自然観と宮古島土地本来の森づくり~」、 伊志嶺敏子さん (建築家) 「関係性を育む空間・という環境―もう一つの南島型住宅」、 宮川耕次さん (文芸研究) 「孤島文化論とその後」 の報告が行われた。

 会場には市民らも参加し、 報告や意見交換に耳を傾けるとともに 「琉球の自治」 について考えた。



地域の自然、文化を生かした地域おこしや自治の在り方を考える「ゆいまーる琉球の自治の集いin宮古」(主催・ゆいまーる琉球の自治、共催・宮古郷土史研究会)が15日、市中央公民館で開かれた。この日は38年前に沖縄が本土復帰した日。地元の5人がそれぞれの立場から報告した。多数の市民が熱心に聞き入っていた。
 
 このうち郷土史研究会の下地和宏さんは「宮古の歴史と文化」と題して報告。この中で琉球政府時代の1969年、伊良部で下地島パイロット訓練飛行場の誘致賛否をめぐって激しい対立があったことを説明。

 その上で「本土復帰7年後の1979年7月、下地島空港は開港した。復帰前の71年、日本政府と琉球の屋良朝苗主席が交わした『屋良覚書』では『民間機以外の利用は認めない』となっており、それで軍事利用はできない。今でも覚書が効力を発揮しており、覚書は一つの防波堤である。しかし時代の流れの中で覚書がなし崩しになるかもしれない」と指摘した。

 元狩俣自治会長の根間義雄さんは「購買店と狩俣自治会」と題して報告した。狩俣購買店は地域住民が出資して1947年に開店。住民や各種行事に利益を還元しているのが特徴。

 根間さんは購買店の歴史を説明した上で「ユイマール(相互扶助)の精神が生かされている。住民一人一人が支えており、これからも発展していくだろう。利益が多いと出資者などへの配当金も多い。購買店を大事守っていきたい」と語った。

スポンサーサイト



<< ゆいまーる琉球の自治in 宮古 7 | ホーム | ゆいまーる琉球の自治in 宮古 5 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP