FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ゆいまーる琉球の自治in 宮古 10

IMG_6872.jpg
次に一級建築士の伊志嶺さんが人と人とをつなぐ住まいを、土地の風土に根差しながらつくられている話を伺いました。写真によって具体的に事例を、分かりやすく見させていただきました。行政の「無理解」など、さまざまな障害
を乗り越えて、自治的な建築活動をされていると思いました。


IMG_6890.jpg
宮川さんは、宮古の文学、民俗学を踏まえたお話をされました。宮川さんは元宮古島市役所の職員ですが、宮古島市の行政の在り方、市町村合併などについても説明してくださいました。

IMG_6891.jpg
集いは朝9時半から12時まで行われ、昼食は島弁当を公民館の一室で頂きました。非常に風通しのいい部屋でした。集いは午後も5時まで続き、熱心な議論が展開されました。互いに人が島で生きる知恵を学びあいました。

IMG_6895.jpg
集いが終わり、歩いて宿舎にもどりました。途中で、伊志嶺さんが設計された市営団地を歩きました。各部屋で各世帯が分断されるのではなく、つながるような色々な工夫がなされている様を実感しました。同じコンクリートの建物でも、人間味を感じることのできる佇まいであると感じました。

IMG_6898.jpg

木の屋根のプロムナードを歩くと、何かに包まれた温かさを感じました。この日は雨曇りでしたが、快晴の日は太陽の光がこのプロムナードの屋根から差し込むのではと想像しました。
スポンサーサイト



<< ゆいまーる琉球の自治in 宮古 11 | ホーム | ゆいまーる琉球の自治in 宮古 9 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP