FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

パプアニューギニアと豪州、トンガの海草の日本輸出、マーシャル諸島の信託基金

2004年9月の太平洋諸島ニュースをお伝えします。
豪州は自国の安全保障上、重要と考えているパプアニューギニアに対して、警察官、その他政府職員を派遣して影響力を行使しています。



9/6 PIR
  パプアニューギニアのブーゲンビル島に豪州の警察官が派遣される。

9人の豪州警察官がブーゲンビル島に派遣され、6年前に国際平和監視団により始まった同島における法や秩序回復活動を行う予定である。

パプアニューギニアの無法状態を克服し、警察や他の公共機関の機能を回復するのを支援するために数百万ドルが投下される、「豪州協力強化事業」の下で行われる最初の警察官配備である。

ブーゲンビル問題省のバーター大臣は、全体で19人の警察官が派遣され、すでに同島で活動している50人の警察官とともに平和監視団の活動を行う予定である。



トンガから日本にはカボチャが輸出されていますが、海草も輸出されています。太平洋諸島と日本との経済関係がさらに強化されれと願っています。



9/23 PIR
 トンガ産海草の日本への輸出量が増大している。

トンガの天使の髪と呼ばれる海草の人気が日本で高まっている。今期、同製品を扱っているタングル・ナノ・リムタンガウ社の輸出量は1430トン、輸出額は998,600米ドルにのぼるだろう。

同社のトウジョウ社長は、日本市場のトンガ産海草に対する需要は大きく伸びているが、その理由は、海草の品質が良く、大きな信頼をえていることと、日本における気候不順にあると述べた。

日本において海草は食料としてだけでなく、化粧品、ダイエットのサプリメントの原料として人気がある。



マーシャル諸島に対する米国援助終了後にそなえて信託基金がもうけられえおり、台湾がそれに対しても援助を行っています。


9/24 PIR
  台湾政府がマーシャル諸島の信託基金に4000万ドル提供する。

台湾政府は、マーシャル諸島政府が米国の支援により設けた信託基金に対する主要な資金提供国になるだろう。台湾政府は、今後20年間に4000万ドルの資金を信託基金に投じる予定である。

信託基金は米国との自由連合盟約の一環として設けられた。マーシャル諸島政府が最初に2500万ドル投じ、米国は700万ドル提供した後、2023年までに毎年50万ドル提供する予定である。

台湾は2009年まで毎年100万ドル投じ、その後、2023年までに毎年240万ドル提供する。この信託基金は、米国との自由連合盟約の期間が終了し、米国からの援助金が無くなった後にマーシャル諸島が使用するための基金である。
スポンサーサイト



<< 与論の方からのコメント、徳之島の反基地運動 | ホーム | ゆいまーる琉球の自治in 宮古 12 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP