FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

与論の方からのコメント、徳之島の反基地運動

与論の方からうれしいコメントが届きました。


おはようございます。
宮古島のオトーリで仲間意識を・・・・。 私の島、与論島でも似たような飲み方があり、与論献奉と呼ばれています。
 地方自治の理念について読ませていただいて、書き込みしました。
郷土研究に興味があるので、沖縄北部との交流を楽しみにしていますが、宮古の芸能などにももっと触れる機会を期待しています。

ご活躍の姿を時々拝見させていたただいて、エネルギーにしています。
 これからも宜しくお願いします。


沖縄島北部と奄美諸島とは文化的にも近く、船便も本部半島との間にあり、島々のつながりはこれからさらに強くなればと願っています。いつか与論島でもゆいまーるの集いをさせていただき、献奉をしてみたいです。

次に南海日日新聞の5月23日の記事で徳之島の激しい反基地運動についての報道があります。島々の声を無視して、これを押しつぶすために、上から米国との協議を優先させた鳩山政権は、本当に日本国民の政府なのかと大変疑問をもっています。自国民よりも、他国の立場を優先して、自国民を抑圧する、亡国的政権であると思います。琉球弧に住む人々を同じ国民と思っていないのか。これは明確な差別です。




米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題をめぐり、徳之島3町で22日、一斉に住民に対する報告会が行われ、3町長が今月7日の鳩山由紀夫首相ら政府首脳との会談内容や今後の対応方針を語った。3町長は「断固反対という民意を訴え続ける」と話し、結束して基地移設反対の姿勢を貫く考えを強調した。

参加住民は計2100人。規模の違いもあり会場別の参加者数にはばらつきがあったが、天城、伊仙両町は満席だったのに対し、徳之島町は半分の入り。町長の姿勢を疑問視する意見が出される会場もあり、微妙な温度差が見られた。
          ◇
  伊仙町の報告会は「米軍基地徳之島移設反対 伊仙町決起集会」(町、町議会など主催)と銘打って午後3時半から、町体育館であり、町民約1200人が参加した。

 常隆之議長が開会のあいさつで「気を緩めることなく最後まで一緒に頑張ろう」と呼び掛けた。大久保明町長は7日にあった首相との会談などこれまでの経緯を報告した上で、「財政状況は厳しく、本当はのどから手が出るほど振興策は欲しい。

しかし、基地を移設すれば、島民は堕落し、利権が絡み対立が生まれる。先人が守ってきた歴史や文化を子や孫のために残すことが大切。依存から自立の町を目指そう。絶対に基地は造らせない」などと訴え、いかなる基地機能の移転にも反対していく考えを示した。

 政府案に徳之島案が盛り込まれた場合について、大久保町長は「3町長と知事と一緒に上京して首相に直接抗議する」と強い決意を示した。

          ◇
 天城町の報告会は午後2時から、B&G海洋センター体育館であり、町民600人が参加した。大久幸助町長は、同問題の昨年11月以降の経過と首相会談の詳細を報告した上で、「鳩山首相はまだ徳之島案をぬぐい去っていない。自衛隊基地を持ってきて、(米軍の基地や訓練を)それにくっつけてくる可能性がある。

何であれ、基地につながるものはだめだ」と、いかなる基地機能の受け入れにも反対していく考えを示した。

 町と町議会の主催で「徳之島への米軍基地移設反対報告会」と銘打ち開かれた。開会あいさつで叶福次郎議長は「アメリカに『徳之島は無理だ』と思わせるような反対運動を展開しよう」とげきを飛ばした。

 大久町長は、最近見る機会があったという普天間飛行場の様子にも触れて「仮りに(基地が)来たら、米軍用の広い住宅や運動場も加わって天城町は無くなってしまうと言っても過言ではない。アメでもって徳之島と交換しようという人がいるが、絶対入れてはならない」と話した。
          ◇
 徳之島町の報告会は午後5時から、町文化会館であり、町民300人が参加した。高岡秀規町長は会談での鳩山首相の「民意が一番大切」との発言を紹介して「反対する所にぜったい持ってこないと確信している」と述べた。また、基地問題と振興策とは切り離して議論すべきだとの考えも示した。

 徳田毅衆院議員の後援会主催で「米軍普天間基地徳之島移設反対・国政報告会」として開かれた。町田喜男議長は「賛成反対に分かれることを危惧している」と述べた上で、「一部の人たちがビジネスとして考える問題ではない」と誘致派の動きに注文を付けた。

 高岡町長は「(基地問題は)沖縄の心を理解した上で、私たちの断固反対という民意を訴えていかなければならない。しっかり冷静に対処しなければならない。首長としてどう対応するか、地域の在り方を決定すると考えて心を戦わせながら取り組む」と話した。

 会場は客席の半分が埋まった程度。終了間際には、聴衆から平野博文官房長官と一部町議との会談を取り持った高岡町長の姿勢を問う声が上がり、それに徳田氏と高岡町長が反論する場面もあった。
スポンサーサイト



<< 振興開発による米軍訓練の徳之島への押し付け | ホーム | パプアニューギニアと豪州、トンガの海草の日本輸出、マーシャル諸島の信託基金 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP