FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

日本復帰過程はまだ終わっていない

5月14日の琉球朝日放送で復帰の意味を問う番組がありましたので、お伝えします。

沖縄返還協定は琉球人の意思を無視して、国会で強行採決されました。琉球人の意思を示した建議書も無視されました。つまり、復帰の過程において琉球人の意思が反映されないまま、日本と米国の都合によって復帰が進められたのです。

「復帰過程は今でも続いている、終わっていない」と大城さんはいいます。今、琉球人の本当の自決権行使はなされていません。この歴史的事実は重いです。だからいつまでたっても、基地を日本政府から押し付けられるのです。

「基地のない島」という日本復帰の希望を今こそ実現する必要があります。



1968年に沖縄で初めての公選主席に選ばれ、1972年に沖縄の本土復帰を果たした屋良朝苗さん。屋良さんのそばには、常に大城盛三さんの姿がありました。

大城さんは、屋良さんの主席当選の翌12月、屋良主席の専属秘書に任命されました。琉球大学卒業後、アメリカの大学院で学んだ大城さんは、主に通訳としての仕事を任されたのです。

大城盛三さん「(相手は)ここでは軍ですよ。弁務官、民政官と弁務官、あるいは空軍司令官とか、マリーン隊の隊長とかね、それからハワイに行きましたよ」

ハワイで、ある司令官との会談をこう振り返ります。大城盛三さん「『(司令官が)沖縄小さい島よね、飛行機に乗ったらすぐ1秒か何かで見えなくなる小さい島よね』と言うわけさ。『(屋良さんは)そのとおりだ』と。沖縄県民は100万人いるよと。」「『沖縄県民の100万の人間はね、とにかく基地を早くなくしてくださいということはもう祈りに似た願いを持ってるんだよ』と屋良さんが言ったんだよ」

『核抜き本土並み』、『基地のない平和な島』を願った祖国復帰運動。しかしその願いとは裏腹に、日米間の沖縄返還交渉は基地存続の方向で進められます。

そして1971年6月、アメリカ軍による沖縄の土地の継続使用が盛り込まれた『沖縄返還協定』の調印式が行われました。沖縄では『県民無視の返還協定調印に抗議する県民総決起大会』が開かれ、県民が怒りをぶつけました。

5カ月後の11月、屋良さんと大城さんは、沖縄県民の思いを6000人の琉球政府職員が132ページにまとめた要請文書、『復帰措置に関する建議書』を携え上京します。

しかし『返還協定強行採決』羽田空港に降り立った屋良さんたちを待ち受けていたのは『強行採決』。総理大臣をはじめ、政府への要請行動を行う直前に、衆議院の特別委員会で沖縄返還協定が強行採決されたのです。

大城盛三さん「これを聞いたのは飛行場ですよ、あの羽田飛行場。で、これ僕持ってますから、建議書。そしたらあのときは特にたくさん来て、僕らはマスコミから聞いたんですよ、強行採決されたのは」「で、びっくりしたんだ屋良さんも。屋良さんムッとなってね」「で、そのままホテル行って、、もう記者会見も何もやらない。『きょうはやりません』と言ってね」

屋良さんはこのころ、強行採決のうわさを耳にしながらも、この日のおよそ1週間後には沖縄で、返還協定特別委員会の公聴会が予定されていると聞かされていました。屋良さんはその後、気を落ち着かせて会見を開き、こう述べています。

屋良さん「沖縄の命運を決定する国会でありながら沖縄の最後の訴えも聞かず強硬手段をとったのは言語道断。党利党略に走ったもので、不満を表明する。」

そして翌日、佐藤総理大臣をはじめ、各大臣や議員らを訪れ、県民の思いが詰まった建議書を手渡しました。その建議書の前文には、こう綴られています。

「この重大な時期にあたり、私は復帰の主人公たる沖縄100万県民を代表し、県民の心底から志向する復帰の実現を期しての県民の訴えをいたします。」「基地あるがゆえに起こるさまざまな被害・公害や、取り返しのつかない多くの悲劇等を経験している県民は、基地のない平和な島としての復帰を強く望んでおります。」

「核抜き本土並みについて、県民の大半が疑惑と不安を抱いています。」「毒ガスでさえ、撤去されると公表されてから、2年以上も要しております。」「さらに、核基地が撤去されたとしても、返還後も沖縄における米軍基地の規模、機能、密度は、本土とはとうてい比較にならないということです」

あれから38年、沖縄には依然として全国のアメリカ軍専用施設の74パーセントが横たわっています。

大城盛三さん「(Q.本土復帰は果たされているような感じがしますか)いえ、私はそう思っていません」「屋良さんも、沖縄の基地の問題が解決しなければ復帰は完成してませんという言葉を使ってますから」

そして、普天間の返還問題については、県民に「あきらめずに基地撤去を訴え続けて」と提言します。

大城盛三さん「裏切られたとかね、いろいろ言ってますよ、私はそうでないと思いますよ、いま、まだ過程にあるんだからね、まだ終わってないんですからね」

「鳩山さんがね、外交権持っているのは国ですから、一般国民にはないですから、あの人が一生懸命働けるようなことをすればいいと私は思うんですよ。」「やる気を起こさせるということですよ、もっと」
スポンサーサイト



<< マーシャル諸島への米国援助、ミクロネシア連邦とイラク、フィジー経済と豪州 | ホーム | 戦場になった島 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP