FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

中国語を話す太平洋島嶼民、豪州の影響力の増大、人口増加と島嶼資源

2004年7月、8月の太平洋諸島ニュースをお伝えします。
戦前は、日本語を話す太平洋島嶼民が日本統治したの島々で増えましたが、現在は、中国語を話す太平洋島嶼民が増えています。トンガでも中国語教育熱が高まっています。中国が世界第二位の経済大国になり、今後ますます中国語文化圏が太平洋に広がっていくことが予想されます。



8/27 PIR
  マーシャル諸島、キリバスの学生が台湾の奨学金をめぐり競争している。

今週、4人のマーシャル諸島の学生が、費用の全額が支給される奨学金を得て、台湾の大学で学ぶために島を離れた。マーシャル諸島では7人の学生が応募したが、キリバスでは300人の学生が台湾の奨学金に応募しており、台湾政府は、奨学生の数を倍増し、10人とした。

英語教育の島嶼国出身の学生はまず1年間、中国語の勉強し、その後、4年間通常の大学教育を受ける。



中国、台湾の太平洋進出に脅威を感じているのが豪州であり、自らの影響力を及ぼすための海洋戦略を展開しています。「良い統治」という開発経済、テロへの戦いを建前にして、島嶼国への介入を進めています。



7/6 PIR
  太平洋地域において豪州の役割が増大している。

ダウナー豪州外相は、太平洋諸島がテロリズムの温床にならないように、豪州は太平洋地域が抱える問題に対しさらに深く関与する意向であると述べた。同外相はまた次のように語った。豪州によるソロモン諸島、パプアニューギニアにおける取り組みや、ナウルへの支援は、豪州が南太平洋を重視していることを示すものである。

アフガニスタンがアルカイダを支援したことが原因となり米国同時多発テロが発生し、スーダンやソマリアへのテロリストの侵入をみても、失敗国家の存在が世界の平和に対して大きな脅威の一つになっている。弱い国家が国際的な犯罪に対応できるように、良い統治を推し進め、経済発展を促すのが、先進国の責務である、と。


狭い島嶼内においても人口増大が問題となっていますが、太平洋島嶼国の中では最大の大きさを持つパプアニューギニアでも人口増大が大きな課題となっています。増大する人口を養うために、資源が乱開発されるという問題も発生しています。



7/8 PIR
  パプアニューギニアにおける人口増加が資源逼迫をもたらしている。

パプアニューギニアにおける人口増加率は2.5%に達しており、それが天然資源の逼迫をもたらし、生活水準の低下を引き起こしている。同国の人口は現在、425万人であり、住民は生活のために天然資源に依存している。しかし、人口は毎年10万6千人ずつ増加している。

天然資源の管理が不十分であるため、これらの資源は急速に失われており、今後、人々が深刻な危機に直面するおそれがある。このような危機を回避するには、資源の適正な管理について人びとを教育する必要があるとの指摘がある。パプアニューギニアはブラジルのアマゾン、アフリカのコンゴに次いで世界で三番目に大きい熱帯雨林を有している。
スポンサーサイト



<< 民主党沖縄県連の行方 | ホーム | マーシャル諸島への米国援助、ミクロネシア連邦とイラク、フィジー経済と豪州 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP