FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

民主党沖縄県連の行方

5月25日の琉球朝日放送で民主党沖縄県連について報じておりましたのでお伝えします。

菅総理が誕生しました。鳩山さんが辞職すれば普天間問題が解決するという問題ではありません。
琉球差別は今も続いています。

鳩山総理の「県外」という約束を受けて選出された民主党国会議員。この約束をどのように守るのか。大組織、大政党に安住するのではなく、一人の政治家としての生き方を見せてほしいです。

喜納さんは元々、独立論者です。日本からの独立の前に、党の姿勢、見解を県連代表としてしっかりと批判して、党からの独立も辞さないという強い姿勢をとるべきです。「民主党のなかの・・・」ではなく、人間として政治家として約束したことをどのように自らの力で実行していくかが問われています。

民主党本部や総理に「県外」移設を期待するのではなく、琉球人から選ばれた人ととして歴史に残ることをしてもらいたい。




Qリポートです。去年の衆院選で普天間基地の国外、県外移設を掲げて政権交代を果たした民主党。沖縄からも2人の新人が国政に進出しました。

しかしそのトップである鳩山総理大臣が辺野古に基地を造ると明言。沖縄選出議員を始め、民主党県連は県民と中央との板ばさみになっています。県連の苦悩を島袋記者が取材しました。

瑞慶覧長敏衆議院議員「仮にですよ、沖縄に本当に決めるということになったら、これは留まるわけにはいかないじゃないかと。」

公約に掲げた「県外、国外移設」が実現できなかった場合、離党する考えもあると、ほのめかしたのは、瑞慶覧長敏さん。いま、県内の民主党議員たちはまさに崖っぷちに立たされています。去年の総選挙で圧勝し、政権を手にした民主党。県内でも2議席を獲得しました。その躍進を後押ししたのは総理のこの一言でした。

鳩山総理「県外、国外移設を目指すという考えを変えるつもりはありません。政権をとる前ととった後で、このような重要な考えを変えるべきではない。」

しかしー。

鳩山総理「すべてを県外にというのは現実問題として難しい。」わずか8ヶ月での方針転換。党と県民の間で板ばさみになった議員たちは必死です。

上里直司県議会議員「まだ決まっていないし」山内末子県議会議員「色々な批判はありますが、県民と共に歩んで行く。」

激しい雨の中、南部を歩くのは、糸満市議の伊敷郁子さん。伊敷さんは、あることで一躍時の人になりました。


山岡国会対策委員長「普天間の話、あるいは政治と金の話し、直接国民の生活には影響していかないと。普天間と言うのは雲の上の話で。」

民主党の女性議員を対象にした勉強会での一幕。沖縄県民の感情を逆なでした党幹部の発言に噛み付いたのです。

伊敷郁子糸満市議「守るために頑張らないんですか、撤回してください。みなさんにとってはどうかわかりませんが、私にとっては、政局の問題ではないんです。生活の問題なんです。」

民主党内に見え隠れしていた「温度差」がはっきりと露呈した出来事。県民の思いを代弁した伊敷さんには多くの激励が寄せられました。

伊敷郁子糸満市議「勇気いったでしょと言われたけど、あんなの黙っていられないですよ、県民として平和を守るため活動するのは、党本部とねじれるとは思っていないし、私は県民の声を代表する活動を続けることが、結局党のためになると思っているんですが。」

しかし県連に所属する議員のほとんどは県民からの非難や反発の声に晒されています。この日、瑞慶覧さんは、海外視察の報告会を開きました。

瑞慶覧長敏衆議院議員「普天間の移設で、グァムプラステニアンというのであれば、諸手を上げて協力したいということでした。」

今月7日から3日間、民主党議員5人と共に、普天間基地の移設に前向きな、北マリアナのテニアンを視察した瑞慶覧さん。その結果を報告したのです。しかし。

瑞慶覧長方さん「党との関係はどうなっているの、議員個人か、党の了解を得ているのか。」瑞慶覧長敏衆議院議員「あくまで議員個人の立場で行っています。」瑞慶覧長方さん「行ってきてからのインパクトが弱い気がする。門前払いの印象を受けるのだ。」

この男性は社大党の元委員長の瑞慶覧長方さん、瑞慶覧さんの父親です。今の民主党のあり方を歯がゆい思いで見ています。

瑞慶覧長方さん「まず党内から突破口を作るべきだと思うね。まず、民主党が目覚めんとダメだよ。」

瑞慶覧長敏衆議院議員「民主党には愛想尽かして離党しろというのが多いですよ。」「我々全員が離党して、沖縄の声はどうやって政府に届くんだということがある現実的にそれだけは避けたい。仮にですよ、沖縄に本当に決めるということになったら、これは留まるわけにはいかないじゃないかと。党内に留まることは政府と足並みを揃えることですから、それはできないですよ。」

この発言からわずか8日後、沖縄を訪れた鳩山総理は。「代替地そのものはやはり、沖縄県内に。辺野古付近にお願いせざるを得ないという結論に至ったところでございます。」

民主党県連 喜納 昌吉 代表「総理の中では、県外、国外は捨てないと言っていましてね。まだ捨てていない。」

地元に対し、移設先として、はっきりと「辺野古」を名指しした総理。しかし、まだ「県外、国外」を模索していると言い張る県連の幹部たち。食い違う双方の主張からは、党本部と県連との隔たりを感じます。

県民の信頼が揺らぐ中、彼らがどこまで政府とのパイプ役になりえるのか、まさにいま正念場です。

キャスター「きのう玉城デニー議員に基地問題がこうなったら民主党にいても仕方ないのではと言ってしまいましたが、国の安全問題だから、政権与党でないと動かせない、そのジレンマは確かにありますよね。」「連立の離脱とか、離党するとかしないとかそういう議論になってしまいがちですが、政治家は交渉力、どんな状況でも相手に譲らせる手腕が大事。今、基地問題の解決に最も近いところにいるのが民主党という事実に変わりはない。」
スポンサーサイト



<< 島嶼社会の振興開発と内発的発展研究会のお知らせ | ホーム | 中国語を話す太平洋島嶼民、豪州の影響力の増大、人口増加と島嶼資源 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP