FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

パラオと海面上昇問題、ニウエの過疎問題、バヌアツの伝統的生活

2004年6月の太平洋諸島ニュースをお伝えします。
昨年、学生とパラオに行ったときヤシの木の倒木の現場をみました。海面上昇が原因と島の住民は言っていました。
豪州は自己の経済成長を追い求めるだけでは島嶼国から信頼されないでしょう。



6/3 PIR
  パラオ政府は豪州政府に対し二酸化炭素の排出を規制するよう求めた。

気候温暖化による海面上昇で太平洋の海抜の低い島々が大きな被害を受けるおそれがある。パラオも海面上昇によって被害を受ける島国の中の1つである。

ピエラントッチ・パラオ副大統領は、パラオはすでに通常ではない高潮によって被害を受けており、多くの作物が破壊されていると述べた。

パラオは、国連総会において気候温暖化問題を取り上げ、豪州や米国は太平洋島嶼国が気候温暖化によりどれだけ深刻な影響をうけるのかを理解し、京都議定書に署名するよう求めている。


ニウエはニュージーランドと強い関係のある国であり、ニュージーランドに自由に移住できます。その結果、過疎化が進み、島の生活に支障が生じています。島人の自治が問われています。



6/4 PIR
  ニウエの指導者達は、同国の海外移住者の帰国を呼びかけている。

ニウエの首相、駐ニュージーランド・ニウエ高等弁務官らは、同国出身者の帰国を促している。2万人のニウエ人はニュージーランドに定住しているが、ニウエには1300人しか住んでいない。

台風ヘタによりニウエのインフラが破壊され、現在、復興作業が行われているが、「誰のための復興なのか?」という疑問が生じている。

タケレシ高等弁務官は、ニウエの復興を他者に期待するのではなく、ニウエ人自身が行わなくてはならないと述べた。



島の近代化が進む中で、伝統的首長が危機の声を発しています。島にまだ存在するサブシステンスを基盤とした内発的発展を進めようとしています。




6/8 PIR
  バヌアツの首長が伝統的生活への回帰を求めている。

ニコレタン首長評議会のヌマニ首長は次のように述べている。23年間、バヌアツはウェストミンスター式の統治方式を導入しようとしてきたが、その結果、独立時に達成された社会的結合が破壊されてしまった。

また、バヌアツ政府は、政府組織の非効率性を正し民主主義を確立するために多くの資金を投じてきた。しかし、政府が本来、関心を向けるべき国民を無視してきた。

バヌアツの地方には政府の行政サービスがほとんど存在してない。バヌアツのすべての首長達は、数千年にわたりこの国で維持されてきた我々独自の統治システムを発展させるべきである、と。
スポンサーサイト



<< 日本平和学会「琉球・沖縄・島嶼国及び地域の平和」分科会の開催 | ホーム | ミクロネシア諸島間の協力、グアムの軍事的重要性、捕鯨をめぐる豪州と日本との対立 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP