FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

米軍関係の事件、事故の増加

6月15日の沖縄タイムスに米軍関係の事件、事故が増加しているとの記事がありましたので、お伝えします。

米軍人は琉球を守っているのではなく、かえって危害を与える存在です。米軍、軍人の琉球に他する差別意識を変えることはできないのではないか。戦後、65年、米軍関係の事件事故は恒常化しており、小手先の対策も気休めにもなりません。米軍を琉球の土地から撤去するための手立てを考えなくてはなりません。




米軍関係者の事件・事故の再発防止策を話し合う日米ワーキングチームの第19回会合が14日、那覇市の外務省沖縄事務所であり、県警は今年1~4月の米軍関係者の検挙件数が26件(前年同期間比2・2倍増)、30人(同2・7倍増)に上ることを明らかにした。

 一方、米軍は12日午前0時から、陸海空海兵隊すべての軍人を対象した基地外のバーやクラブなどへの立ち入り禁止措置に加え、4軍それぞれの基準で一部兵士を午前0時以降、外出禁止にしたと説明。生活巡回指導地域を北谷町の砂辺防波堤とアラハ・ビーチに広げたという。

 外務省沖縄事務所によると、米軍が行う初任者研修はこれまで2~3年勤務の軍人が対象だったが、短期で駐留する兵士にも拡大するという。

 米軍は中部病院や恩納村役場などに米軍車両が侵入した事件を受け、米軍施設間の移動の際の運転経路も変更したと説明したが、どの経路で幾つ変更されたかは明らかにされていない。

 米軍の措置は一定期間実施された上で、将来は見直しが行われるというが、具体的な期間も示されなかった。

スポンサーサイト



<< 知の政治経済学 | ホーム | 菅政権と奄美諸島 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP