FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

独立を求める仏領ポリネシア、ツバル信託基金、トンガとイラク

2004年6月の太平洋諸島ニュースをお伝えします。

仏領ポリネシアは現在、フランスの植民地です。そこにおいて、独立運動を展開しているのがテマル氏です。
かつて私はタヒチとボラボラ島に行ったことがあります。フランスの植民地であることを実感しました。
琉球もテマル氏から学ぶ必要があります。



6/14 PIR
  テマル氏が仏領ポリネシアの新しい大統領に就任する

仏領ポリネシア議会は、独立派のリーダーであるオスカー・テマル氏を新しい大統領に選出した。同議会における演説の中で、テマル氏は、今後10年から20年後に仏領ポリネシアが独立することを目的にした協定をまとめるために、フランス政府が支援するよう求めた。

また、テマル氏は、経済面においては観光業と真珠養殖、文化面では、日常生活の中での仏領ポリネシア語の使用促進を、2つの優先課題として掲げた。

さらに、テマル氏は、同地域の自決権を行使するために政治的、経済的、社会的条件が熟するであろう、10年、15年、20年後に、仏領ポリネシアの政治的独立を実現させたいと述べた。



信託基金の方式は、キリバス、ミクロネシア諸国という、島嶼国でも活用されています。琉球も採用したい方法です。



6/21 PIR
  ツバル信託基金の運営方法が賞賛を浴びている

ツバル政府により運営されている信託基金が、発展途上国における財政の透明性を改善する一つのモデルとして評価されている。

反汚職運動を推進しているグループである「国際透明性」は、その宣言において、ツバルの信託基金は顕著な成功を収めていると述べた。その信託基金が成功している理由の一つは、信託基金の運用に際して、ツバルの国民自身が参加していることにあるとされている。

ツバルの国民は、自らの優先順位に基づき、基金のうちどれだけ使用するのかを決定する。国民各自は信託基金について意見を述べることができるが、それが圧力になって政府は説明責任を果たそうとしている。


トンガ軍が米軍と協力してイラクで活動をしています。
米軍と太平洋諸島民との出会いは太平洋戦争中にまでさかのぼることができます。タヒチにも米軍がおり、日本軍の襲来にそなえた軍事施設を設置していました。



6/14 PIR
  トンガ軍がイラクに向かう

44人のトンガ兵士が米海兵隊部隊と行動するためにイラクに向かう予定である。首都ヌクアロファで送別のパレードが行われたが、その際、トンガのアタ首相は、次のように述べた。

第二次世界大戦中、日本軍からトンガ、太平洋諸島を守るために米軍がやって来たころのことをトンガは記憶している、と。トンガ軍の広報官は、兵士の志気は高く、6ヶ月間の派遣を楽しみに待っていると述べた。
スポンサーサイト



<< ブーゲンビル自治政府、豪州の島嶼国への援助、ナウルと琉球 | ホーム | 知の政治経済学 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP