FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

沖縄離島に学ぶ「地域経済の自立」③ 

前回の続きです。

市場拒否する島の自治

 地域は国の経済支援がないと自立できないのだろうか。

琉球の島々においては、むしろ全国一律の「成長のエンジン」とみなされてきた市場経済や投資・開発を一部棚上げし、住民が豊かな自然や独自の文化に即した自治を実現している事例をみることができる。

 石垣島と同じ八重山諸島の竹富島では一時期、島の3分の1が本土企業に買収されたことがあった。

そうした経験から「土地を売らない」方針を掲げた「竹富島憲章」を住民が作りあげた。これにより、外部資本の導入ではなく、島民の助け合いによる発展を目指し、赤瓦の住宅に珊瑚石を敷き詰めた小道に象徴される竹富文化を柱にした島おこし運動を展開している。

 日本最南端の島・波照間島では、住民が資金や労働力を出し合って「共同売店」を設立・運営し、基幹産品であるサトウキビの刈り取り作業も相互扶助で行っている。

共同売店は利益追求が前提になるスーパーが出店しない過疎地域の生活を支えるため、住民の助け合いを推進力とする経営形態で、沖縄本島中北部、石垣島、西表島などにもある。

 また、石垣島南部の白保地区の人々は「海が育ての親」「海の畑」と呼ぶ、珊瑚礁(イノー)の海を生命をつなぎ、村の文化を築く漁場や建設資材である珊瑚石の供給源として利用してきた。

沖縄島に近い久高島の人々は現在も土地の私有化を認めない「土地総有制」を守り、静かで安定した生活環境を維持している。

ジャングルに覆われた西表島では、その豊かな自然が経済活動と不可分であり、人間は農業やエコツーリズムなどを通じて生きる糧、素材、知恵を得ている。また、自然の恩恵に感謝する祭りがいまも地域の重要な行事とされ、公民館を拠点に住民が決議権を持って参加する自治によって取り仕切られている。

金銭を介さない「仕事」

 都会の人間は組織の一部として位置付けられ、報酬と引き換えに専門的な知識や職能などの提供が期待される。

しかし、島社会では金銭にはならないが、生活するための様々な「仕事」が存在する。島の経済はそうした独自の形態をとる。

 それには精神や身体を含めた人間全体の力が必要とされ、1人1人の存在が重要になる。島に対する貢献が直接的であり、過程や結果が目に見える。地域づくりを自らの手で生み出すことも可能である。

筆者は、八重山諸島で出会ったこうした「仕事」に取り組む若者たちの輝いた目が忘れられない。

 市場が狭い島嶼において、大量生産、大量消費の経済原理は機能しない。その代わり、染織、陶芸などのように島の素材を使い、人間の手で1つ1つ心を込めた物作りの伝統が今も生きている。

個々の商品から人間の生き様や自然のあり様をうかがうことができる。効率性、便利さ、競争原理などの価値観を地域に対して一律に適用すべきではなく、地域固有の文化、生活の様式に基づいた発展を促すような地域政策が求められる。

 地域は行政上、都道府県市町村に分類できるが、地域の基本単位は人間の顔が見え、自然に抱かれる、具体的で、身体的な場所である。

当然、地域の個性や文化も互いに異なる。南国の島嶼部とは異なる独自性を、平野部の農村、北国の山村などそれぞれが持つ。人間同士だけでなく、人間と自然との関係も深く、密接な地域において、新しい多様な文化や歴史が生み出される。

「地域再生、活性化」とは、それぞれの地域の異なる個性を認め合い、住民が自らの力で地域を治める自信と誇りを持つことである。

住民が自信を持てば経済自立も成し遂げることができるだろう。このような地域が横に連らなる形が日本全体の地域再生となる。

                                               つづく
スポンサーサイト



<< 沖縄離島に学ぶ「地域経済の自立」④  | ホーム | 沖縄離島に学ぶ「地域経済の自立」 ② >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


【エコツーリズム】の情報を最新ブログで検索してみると…

エコツーリズム に関する情報を最新ブログやユーチューブ、通販商品から検索してマッシュアップしてみました。


 BLOG TOP