FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

マーシャル諸島の自殺問題、パラオと台湾の医療協力、タロイモの市場化

昨日は、日本平和学会の「琉球・沖縄・島嶼国及び地域の平和」分科会におきまして、勝俣先生、竹尾先生、尾立先生、竹峰さんには大変お世話になりました。私も琉球における振興開発の軍事化を、グアム、ミクロネシア諸島と比較する発表を行うとともに、「琉球独立」に関する研究と運動の必要性を説明させていただきました。

今日は、社会経済史学会の南アフリカに関するパネルディスカッションで司会をさせていただきます。南アフリカの経験から多くのことを学びたいと思います。



急激な近代化により、島嶼の都市部において自殺者の増加という問題がみられます。
グローバリゼーションが社会を崩壊し、青年の心を混乱させているといえます。



5/24 PIR
 マーシャル諸島の自殺率上昇問題に対する対策が実施されていない

2003年において26人のマーシャル諸島人が自殺した。これは2000年の自殺率に比べて300%も増大したことになる。そのほか、同年の自殺未遂者は42人にのぼった。

同国の人口は5万5千人であるが、その1人当たり自殺率は世界で最も高い水準に達している。しかし、政府全体の予算は不足がちであり、担当部局の保健省の人的サービス事務所の人員も足りない状況にある。

1990年代を通じて、年平均10.5人の自殺者が記録された。1970年代から、マーシャル諸島や他のミクロネシア諸島において、特に15歳から30歳の男性の自殺率が高かった。その原因として、伝統的な社会生活・慣習と、近代的なアメリカ文化との間で、若い島の男性が自らの社会的役割を見失ったことにあるとされてきた。


台湾は島嶼民が本当に必要としていることにたいして、きめ細やかな支援活動をしています。建物やインフラを建設したら終わりでなく、人と人とを結ぶ支援を地道に行っている姿を島々に行ったとき、拝見することが多いです。



5/26 PIR
 パラオと台湾との間で医療面での協力関係が進んでいる

レメンゲソウ大統領は、パラオと台湾との医療分野における協力関係の1つとして、台湾にパラオから医療患者を送ることを考えていると述べた。

最近、大統領が台湾を訪問した際に国立台湾大学病院を視察した。大統領は、同病院は台湾内で有名であるだけでなく、世界的水準からしても評判のよい病院であると述べた。

現在、パラオ政府はフィリピンとハワイにパラオからの患者を受け入れる事務所を持っている。また、大統領は、台湾との協力の1つとして、今後、台湾にパラオ人医者を派遣して、技能を向上させ、遠隔医療を実施できるようにしたいと語った。


タロイモは島嶼民の自給自足にとって重要な作物であるだけでなく、市場作物としても価値を有していることがわかります。タロイモはほくほくして、腹もちのいい芋です。
タロイモの枯れ葉病を解決するための研究が琉球でできないでしょうか。




4/24 PIR
 サモアにおいてタロイモの不作が続いている。

サモアのフガレイ市場において販売されているタロイモの量が少なく、また味も劣ってきている。その原因は、台風被害の影響と、タロイモが高値で売買される米領サモアにサモアから高品質のタロイモが輸出されているからである。

今年3月、サモアの市場で取引されるタロイモの大きさは通常のタロイモの大きさの半分しかない。このようにタロイモの質が低下したのは、1994年にタロイモ枯れ葉病が流行したとき以来である。

今年3月におけるタロイモの価格はジャガイモ価格よりも36%高かった。4月におけるタロイモ価格はコメ価格の2倍に達している。3月に比べ4月のフガレイ市場に出荷されたタロイモの量は17%減少した。
スポンサーサイト



<< 奄美諸島への移住、Uターン | ホーム | ブーゲンビル自治政府、豪州の島嶼国への援助、ナウルと琉球 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP