FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

奄美諸島への移住、Uターン

昨日は、社会経済史学会において南アフリカの土地、移民、財閥についてのパネルディスカッションに参加しました。白人から土地を奪われた黒人が、「土地を返せ」と叫んでアパルトヘイトを廃止したことと、基地によって琉球人の土地が奪われている現状とが重なりあいました。


6月13日の南海日日新聞で奄美諸島へのUIOターンについて記事がありましたので、お伝えします。2007年に奄美大島で、ゆいまーるの集いを開いたとき、花井さんがUIOターンの重要性を力説しており、手弁当で「奄美の寅さん」として、親身に移住に関心がある人の、お世話をしていました。

今年、沖縄大学で開いた国際開発学会の研究部会でも、名古屋大学の東江さんが奄美のUIOターンに関する研究報告をされたことも思い出します。

また、前働いていた大学の学生が、大島高校の生徒さんにUターンに関する詳細な調査をして、卒業論文を書いたこともありました。宇検村でも子供を含む家族の移住を促進する政策をおこなっています。

奄美諸島の人口は「日本復帰」以後、減少傾向にあります。奄美諸島振興開発をもっと、人に重点をおいて政策を再検討すべきではないでしょうか。





奄美の文化を知り、島の暮らしを楽しむ奄美市生涯学習講座の新講座「UIOターン・転勤族サポート教室」が12日、同市名瀬の金久分館で開講した。初日は9人が受講。奄美の歴史を学んだ。

 教室は奄美のトラさんこと、花井恒三さん(63)が主宰する。奄振事業でUIOターンの意向調査や実証事業を進めたところ、「住んだ後のフォロー」を指摘され、教室を開設することにした。

 受講者は学校の教職員やIターンのOL、転勤族など。「子どもたちが島唄を歌う。同じ県でありながら文化の違いを感じ、興味を持った」「3年間住んだ。島のことをもっと知りたいと思った」と受講のきっかけを話した。

 初日は奄美博物館の久伸博さんが「奄美の歴史」をテーマに講話した。「奄美の山にはグスクと呼ばれる城が多くある。少ない人数で戦うためには山の方が都合がいい。本土の城も初期のものは山に多く造られている」などと述べほか、ノロ(祝女)の役割、戦後8年間米軍政下にあったことを説明した。

 教室は毎月2回(第2、4土曜日の午前10時~正午)、合計16回を予定。奄美の言葉や森の楽しみ方など幅広いテーマを取り上げる予定。
スポンサーサイト



<< 徳之島と沖縄島との連帯 | ホーム | マーシャル諸島の自殺問題、パラオと台湾の医療協力、タロイモの市場化 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP