FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

徳之島と沖縄島との連帯

昨日は、神戸の長田に拠点をおく、FMわぃわぃの日比野さんの話を学生とともに伺いました。他民族、身障者、老人から子供までが、同じ地域でくらす道具として地域FMが大きな力を果たしていることを学びました。また、関東大震災のような虐殺事件が行いように、在日の方が自衛のためにラジオ局をつくり、正しい情報を流そうとしたという、背景も伺いました。

長田には徳之島の方が多く住んでおられるようです。琉球文化圏の放送とともに、アイヌ、ラテンアメリカ、アジアの各民族の放送もあり、民族同士が地域の中でともに助け合って生きているという、実例を伺いました。困難にめげずに、地域をつくりあげる人間の力強さを学びました。


6月18日南海日日新聞で米基地移設に反対する報告集会が徳之島で開かれたとの報道がありましたので、お伝えします。

基地によって島が発展しないこと、基地によって島が二分され、共同体の絆がこわれることを、沖縄島から学びながら、徳之島の方が団結して、基地移設に反対する運動を展開しています。




米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設に関する日米共同声明で、海兵隊など米軍の一部移転先に明記された徳之島で17日、伊仙町議会主催の「米軍普天間基地調査報告会」が同町中央公民館であった。

視察した普天間飛行場を抱える宜野湾市や反対運動を行う辺野古住民らとの意見交換について各議員らが報告し、基地移設反対をあらためて訴えた。意見交換では、若者の参加を呼び掛ける声も上がった。

 会場には基地移設反対を呼び掛けるTシャツ姿など多くの住民が足を運んだ。常隆之議長が「まず現地を知ろうと視察を行った。賛成派もいるが、島民同士が傷付かないように反対運動を行っていこう」などとあいさつした。

 徳之島案が浮上した経緯などについて、オブザーバーとして参加した大久保明町長は「徳之島にも沖縄にも基地はいらない。軍縮が必要だ」と指摘しつつ、「日米共同声明から徳之島が削除されるよう運動を繰り広げていこう」と訴えた。

 普天間飛行場を抱える宜野湾市の現状について報告した美島盛秀議員は、同市基地政策部基地渉外課から説明を受けた騒音被害調査結果などを報告。

振興策については「一時的にはもうかったようだが、今では多くの建設業者が倒産しているようだ。基地が出来ても潤うことはない」と断言した。

 基地移設に反対している名護市辺野古のヘリ基地反対協のメンバーとの意見交換について報告した上木勲議員は「沖縄と連帯し、基地が国外に移設されるように頑張ろう」と呼び掛け、「辺野古に負けない姿勢を示さなければ解決はない」と一層の連携強化を訴えた。

 意見交換があり、報告会の再開催などの要望のほか、若者の参加に期待する声も上がり、会場から拍手や声援が飛び交った。

 基地問題に対する基本姿勢について議員らは、それぞれ移設反対の姿勢を示したが、島民が二分しないよう慎重な行動を求める発言もあった。
スポンサーサイト



<< 琉球自治共和国連邦独立宣言 | ホーム | 奄美諸島への移住、Uターン >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP