FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球自治共和国連邦独立宣言

             プレスリリース



2010年6月23日(慰霊の日)において「琉球自治共和国連邦独立宣言」を発表します。独立宣言は英訳、中国訳、仏訳を進めており、関係政府、国連、国際機関や組織、マスコミに配布する予定です。

本プレスリリースは、宣言文本文のほか、2010年6月22日現在の賛同人一覧を添付しています。

独立宣言の理由や背景、琉球国の将来像等については、松島泰勝が藤原書店から来月刊行される雑誌『環』第42号に寄稿した論考をご参照ください。

以上ですが、どうぞよろしくお願いします。


                             松島泰勝(ゆいまーる琉球の自治)







                琉球自治共和国連邦
          独立宣言


 2010年、われわれは「琉球自治共和国連邦」として独立を宣言する。現在、日本国土の0.6%しかない沖縄県は米軍基地の74%を押し付けられている。これは明らかな差別である。

2009年に民主党党首・鳩山由紀夫氏は「最低でも県外」に基地を移設すると琉球人の前で約束した。政権交代して日本国総理大臣になったが、その約束は本年5月の日米合意で、紙屑のように破り捨てられ、辺野古への新基地建設が決められた。

さらに琉球文化圏の徳之島に米軍訓練を移動しようとしている。日本政府は、琉球弧全体を米国に生贄の羊として差し出した。

日本政府は自国民である琉球人の生命や平和な生活を切り捨て、米国との同盟関係を選んだのだ。

琉球人は1972年の祖国復帰前から基地の撤去を叫び続けてきたが、今なお米軍基地は琉球人の眼前にある。基地があることによる事件・事故は止むことがない。

日本国民にとって米軍の基地問題とは何か?琉球人を犠牲にして、すべての日本人は「日本国の平和と繁栄」を正当化できるのか?

われわれの意思や民族としての生きる権利を無視して米軍基地を押し付けることはできない。いまだに米国から自立することができない日本国の配下にあるわれわれ琉球人は、絶えず戦争の脅威におびえ続け、平和に暮らすことができない。

 琉球人はいま、日本国から独立を宣言する。奄美諸島、沖縄諸島、宮古諸島、八重山諸島からなる琉球弧の島々は各々が対等な立場で自治共和国連邦を構成する。

琉球は三山時代(14C半ば~15C初期)を経て、1429年に琉球王国として統一された。その後1609年、薩摩藩は琉球王国に侵略し、奄美諸島を直轄領とし、琉球王国を間接支配下に置いた。

1850年代半ばに琉球王国は米・蘭・仏と修交条約を結んだ。1872年に日本国は琉球王国を一方的に自国の「琉球藩」と位置づけ、自らの命令に従わなかったという理由で1879年、「琉球処分」を行い、「琉球王国」を日本国に併合した。

その後、琉球王国の支配者たちは清国に亡命して独立闘争を展開した。日本国に属した期間は1879年から1945年、1972年から2010年までのわずか104年間にすぎない。琉球が独立国であった期間の方がはるかに長いのである。

太平洋の小さな島嶼国をみると、わずか数万の人口にすぎない島々が独立し国連に加盟している。これらの島嶼国は、民族の自立と自存を守るために、一人ひとりの島民が「自治的自覚」を持って独立の道を選んだのである。国際法でも「人民の自己決定権」が保障されている。琉球も日本国から独立できるのは言うまでもない。

これからも日本政府は、「振興開発」という名目で琉球人を金(カネ)で支配し、辺野古をはじめとする基地建設を進めていくだろう。

長い歴史と文化、そして豊かな自然を有するわが琉球弧は、民族としての誇り、平和な生活、豊かで美しい自然をカネで売り渡すことは決してしない。平和運動の大先達・阿波根昌鴻は「土地は万年、金は一年」と叫び、米軍と闘った。

われわれ琉球人は自らの土地をこれ以上、米軍基地として使わせないために、日本国から独立することを宣言する。そして独立とともに米軍基地を日本国にお返しする。

                                   
                          2010年6月23日 慰霊の日に
                          呼びかけ人 松島 泰勝
                                石垣 金星




                      賛同人 

2010年6月22日現在


前利潔(沖永良部島) 
上勢頭芳徳(竹富島)

内間豊(久高島)
新元博文(奄美大島宇検村)

高良勉(沖縄島南風原)
謝花悦子(わびあいの里)

平恒次(イリノイ大学名誉教授)
久岡学(奄美大島龍郷町)

森本眞一郎(1609年を考える奄美三七の会)
山田隆文(鹿児島在住奄美大島出身者)

照屋みどり(沖縄島豊見城)
本村紀夫(宮古島)

渡名喜守太(琉球弧の先住民族会)
島袋マカト陽子(琉球センター・どぅたっち)

勝方=稲福恵子(早稲田大学)
上原成信(一坪反戦関東ブロック)

石坂蔵之助(沖縄市泡瀬)
喜久里康子(沖縄市民情報センター)

当真嗣清(琉球弧の先住民族会)
島袋倫(ウチナーグチ振興研究家)

アイヌ・ラマット実行委員会
藤原良雄(藤原書店)

西川潤(早稲田大学)
上村英明(市民外交センター)

竹尾茂樹(明治学院大学)
佐藤幸男(富山大学)

大林稔(龍谷大学)
西浜楢和(沖縄通信)

中村尚司(龍谷大学)
崔真碩(広島大学)

手島武雅(先住民族政策研究者)
日比野純一(FMわぃわぃ)
スポンサーサイト



<< 今日から琉球に行きます:ブータンと琉球 | ホーム | 徳之島と沖縄島との連帯 >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

コメントありがとうございました。
独立しても、住民の自治が国の基本的基盤となるとい言う意味で「自治」という言葉を国名に入れました。それは琉球が島々よってなり、4つの諸島が対等な関係性を持つという意味でも「自治」という言葉はこの中に入れなければなりません。

自治を入れたら属領になるという結果論ではなく、客観的な証明はできますか。

国名には琉球人が目指すべき理想を込めるべきだと考えています。

                        松島泰勝

> その国名だけはやめたほうがいいと思われる。国名に『自治』が入っている国はほぼ全部がどこかの国の属領です。
> (例えば、ロシアを始め旧ソ連圏の自治共和国とか。)

あ・・・Pass入れようと思ったらSecretにしてしまった……。

 それはともかく、自治やAutonomousという単語を使っている独立国家はなく、自治が入っている地域は全て他国の属領です。
 例え、字義通りに自立自存を謳い上げたとしても、属領の印象を持ってしまいます。
無論、『自治共和国』の『連邦』と解釈すればそれでも通りますが、自治共和国という制度自体が旧ソ連圏でしか見られません。(つまり、全ての自治共和国は自治ソビエト社会主義共和国から一律改名したものばかりです。)
 名前だけ突っ込む、というのも揚げ足取りのようで申し訳ないんですが、属領を想起させ、独立の気概を疑わせるような名前を採用しているようにしか見えないのです。日本人ならばあまり気にしないでしょうが、西欧諸国や中国の人間がその国名を見たとき、何処の属領だい?、という話になってしまします。

Re: タイトルなし

自治共和国がどこからなるかご存知ですか。
奄美諸島、沖縄諸島、八重山諸島、宮古諸島です。これらの4つの自治共和国が連邦を形成して琉球国が成立するという形です。

ロシアのケースとは異なりますし、欧米人がどのように考えるのかではなく、自分たちはどのような国を作りたいのかが重要であると、私は考えています。

                       松島泰勝


> あ・・・Pass入れようと思ったらSecretにしてしまった……。
>
>  それはともかく、自治やAutonomousという単語を使っている独立国家はなく、自治が入っている地域は全て他国の属領です。
>  例え、字義通りに自立自存を謳い上げたとしても、属領の印象を持ってしまいます。
> 無論、『自治共和国』の『連邦』と解釈すればそれでも通りますが、自治共和国という制度自体が旧ソ連圏でしか見られません。(つまり、全ての自治共和国は自治ソビエト社会主義共和国から一律改名したものばかりです。)
>  名前だけ突っ込む、というのも揚げ足取りのようで申し訳ないんですが、属領を想起させ、独立の気概を疑わせるような名前を採用しているようにしか見えないのです。日本人ならばあまり気にしないでしょうが、西欧諸国や中国の人間がその国名を見たとき、何処の属領だい?、という話になってしまします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし


コメントありがとうございます。

琉球の主権は琉球人にあります。中国にも日本にも米国にもありません。
現在、琉球が日米両軍によって支配されている現状をどのように考えていますか。
現実を見てください。
将来、琉球を侵略するおそれがある中国に対して脅威をあおるよりも、
今、琉球に対して脅威の存在となっている日米両軍をどうするかを、琉球人の視点から考えてください。
中国脅威を強調することで、今の支配体制を隠ぺいしていませんか。

現在の琉球にいる日米両軍は、だれにとっての防衛なのですか。


> 独立するにしても国防はどうするのでしょうか?中国共産党が「琉球の潜在的な主権は中国にある」と寝言を言っておりますが、侵略する気満々の中国に果して十分な武力なしに対抗できるでしょうか?琉球が東トルクメニスタンやチベットや内モンゴルや満州のようになってしまわないでしょうか?更に米軍なきあと、かつてフィリピンの南沙諸島がそうであったように、あっというまに尖閣諸島が中共軍に占拠されてしまうという事態は十分考えられますが、果して防御策はあるのでしょうか?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP