FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今日から琉球に行きます:ブータンと琉球

今日、琉球に行きます。
あす、午後、沖縄大学において、私が「島嶼社会幸福論」の講演、ブータンを調査された沖縄大学の教職員の方の報告がおこなわれます。

島嶼・琉球は、GDP/GNPではなく、GNH国民幸福度を社会経済発展の目安にすべきだと思います。会場の方々と真剣な議論ができれば幸いです。




昨日の独立宣言について少し補足します。

私は石垣島で生まれ、これまで沖縄島中心のものの考え方を『琉球の「自治」』等で批判してきました。独立宣言でも「沖縄、沖縄人」を使わず、「琉球、琉球人」を使っているのもそのためです。

本宣言では「王国」を全面的にだしたのは、現在の沖縄県という従属的な状態が時期的に短く、異常な自体であることを強調するためでした。

日本国という「国民国家」を超えるために独立宣言をし、今後、独立運動を世界的に展開していきたいと考えています。私は近代国民国家の再生産ではなく、琉球らしい海洋島嶼国の形成を目指しております。

これまでの琉球の社会科学研究は、琉球が日本の一部であることを前提に研究がすすめられてきましたが、世界の島嶼国との比較、琉球が独立国になるための過程論、独立後の経済運営のシュミレーション、島嶼国型国家のネットワーク論等、琉球が日本国とは別の政治体(つまり国)であることを土台にした、客観的で具体的な研究があまりありません。

小生は、そのような研究も進めつつ、その研究成果を踏まえて独立のムーブメントをつくることができればと思っています。

琉球は自らの被害者性を主張するだけでなく、加害者としての側面を乗り越えなければなりません。現在の最大の加害者性は、琉球に基地が存在していることです。その基地を撤去するには、日本国から独立しかないと思ったゆえに、独立宣言を呼び掛けさせていただきました。

琉球独立については多くの思い、ご意見があり、それを巡る議論も活発であっていいと思います。さらに、多くの独立宣言が琉球人から出され、独立運動が盛んになることも重要です。


昨日以来、賛同人の申し込みが何件か来ております。23日当日このブログ「ゆいまーる琉球の自治」に約150人の人がアクセスしました。関心の高さを示しています。これからも地道に琉球独立の運動と研究を続けていきたいと思います。
スポンサーサイト



<< 参議院選挙と琉球の政党 | ホーム | 琉球自治共和国連邦独立宣言 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP