FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

参議院選挙と琉球の政党

沖縄大学で行われた「ブータンから学ぶ沖縄の幸福」講演会では、緒方所長はじめ、所員の皆様に大変お世話になりました。インドや中国という大国のはざまにある、小国・ブータンの政治経済、文化政策が琉球は多くのことを学ぶことができると確信しました。島嶼国だけでなく、山間の小国も琉球の将来を考えるときに参考になります。

6月23日に独立宣言を発出しましたら、當銘さんの車に乗せてもらい、平和の礎、魂魄の塔に祈りを捧げました。また首里城周辺に生き、琉球国の意味を考えました。嘉手納さん、當銘さんとともに琉球独立について深く話しあうことができ、大変良かったです。


6月15日の琉球朝日放送が、参議院議員選挙について報じていますので、お伝えします。



来月行われる参議院選挙に向けて各政党の動きが非常に慌ただしくなっています。政党間の激しい駆け引きと難航した候補者選びについて岸本記者のリポートです。

先月、共産党の沖縄県委員会を訪れた社民党県連の新里委員長と社大党の大城副委員長。

社民党新里委員長「沖縄で何とか3党の統一候補を作れないものかどうか」

社大党大城一馬副委員長「私ども、社大党も」「喜納昌春(社大党)委員長が出馬を断念したということを受け」「一緒に話し合って、超党体制が出来ないかどうか」

参院選に向け、統一候補の擁立を共産党に打診しましたがー

共産党前田政明県議「私達としては逆に、今幅広い支持を広げている伊集さんが最高の候補者ですから。是非、みなさんの中で検討して頂いて」

共産は、党として推薦する医師の伊集唯行さんを社民・社大が支援してほしいと逆提案。

新里委員長「もうこれ以上話をしてもしょうがないと感じました。我々も皆さんに幅広い共闘を求めて勝つために統一候補をと言ってきた訳ですから。」

政府に普天間の「県内移設断念」を迫る統一候補の擁立が崩壊し分裂選挙が決まった瞬間でした。その後、独自候補の擁立にかじを切った社民は、12回もの会議を重ね党書記長の仲村県議を公認とする方向で調整しますが仲村県議は「出馬の環境にない」と辞退。

仲村県議「私の体制が整わないということに尽きる。理由は私の態勢の力の無さです」

結局、党の公認候補は立てず、沖縄平和運動センターの山城事務局長を党として推薦することで決着しました。

民主党喜納昌吉代表「きょうお客さんが少ないのは、やっぱり民主党に対する批判が強いのかなと思いながら(東京から)帰ってきたんですけど。」

一方、普天間の県外・国外移設を掲げる民主党県連は辺野古移設を日米合意した党本部とのズレから決まりかけていた那覇市議の擁立をおととい急きょ断念。

新垣幹事長「政府としては、日米合意は追認していくという立場ですから」「県民の思いを踏まえた時に、今回、こういう形で民主党県連が退いて、譲る形になったのは理解してもらえると思いますし」

一方、自民党は、与党でありながら候補者を立てない民主党を強く批判。

稲嶺恵一特別顧問「政権をとっているのは民主党なんですけど、民主党県連さんは、どこか外国の党みたいに全く中央と違うことを言っているんですね。大変、こんがらがっていると思います。」

衆参あわせて唯一の自民党国会議員となった島尻さんの再選に全力を挙げています。結局、辺野古移設に賛成する幸福実現党の金城竜郎さん以外は、民主党政権がまとめた辺野古移設の日米合意には3候補者ともに反対する構図で、有権者は争点が見えにくくなる中で難しい判断を迫られそうです。

去年の政権交代からこれまで普天間移設問題が全国的にも強い注目を集める中で、今回の国政選挙で県民が誰を選ぶのかは、政府や、他の都道府県に住む人達にも沖縄からの大きなメッセージとして伝わります。

民主党が独自候補の擁立を断念した背景には11月の知事選で、社民や共産とも協力したいという理由もあったようですが、今回の参院選も非常に重要な選挙ですから、各政党は、有権者が誰に投票すればよいのか判断しやすいように玉虫色ではないはっきりした政策を打ち出してほしいものです。
スポンサーサイト



<< The Federation of Autonomous Republics of Ryukyuanesia The Declaration of Independence | ホーム | 今日から琉球に行きます:ブータンと琉球 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP