FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トンガのごみ問題、キリバスと中国・台湾、島嶼間のゆいまーる

2004年4月の太平洋諸島ニュースをお伝えします。

島のごみ問題は琉球でも太平洋諸島でも深刻化しており、急速な近代化、開発の矛盾が島では顕著になりがちです。


4/7 PIR
  トンガの首都トンガタプにおけるゴミ問題が深刻化している。

道路、海岸など、トンガタプのいたるところにゴミの山がみられる。廃車が住宅地、道路の脇に放置されている。

いくつかのビーチには、プラステックバッグ、冷蔵庫、バッテリー、車、オムツ等が投棄され、ゴミ捨て場になっている。

珊瑚礁には、座礁した多くの船舶が放置されている。島の上のゴミもトンガ人にとって見慣れた光景の1つになっている。

ゴミ問題を解決するために、豪州政府の資金援助による廃棄物処理事業が始まっている。それは、ゴミの分別処理ができる新たなゴミ捨て場を建設して、ビーチ等にゴミを捨てないようにするプロジェクトである。


太平洋島嶼国との外交関係の締結を巡り中国と台湾がしのぎを削っています。島嶼国が主体的に中国、台湾と外交関係を維持、発展できるかが試されています。



4/15 PIR
  中国がキリバスから撤退し、台湾が入ってきた。

昨年、キリバス政府が台湾と外交関係を締結したことをうけて、中国政府は6人の医者をキリバスから引き上げさせた。

それに対し、台湾政府は、2人の医者を派遣し、引き続き4人の医者を送ることを約束した。キリバス政府は、台湾政府から、その他の支援も期待しているとされている。タラワ島にあった中国の衛星監視施設は解体され、部品などは中国に輸送された。

新しい国立スポーツ施設は、未完成のままであったが、台湾政府はその完成を約束した。



パラオとヤップはかつて、石貨幣でももちつもたれつの関係にありました。ヤップ人がパラオにやってきて石を切り出し、石貨をつくっていました。またヤップ人の若者はパラオにあるコミュニティカレッジで学ぶこともあり、昨年、私が学生とパラオに行ったときにも、そのようなヤップ人と会うことができました。



4/22 PIR
  パラオの人々がヤップ島支援の活動をしている。

パラオ政府は、台風スダルにより大きな被害を受けたヤップ島の人々を救援する活動をしている。ピエラントッチ副大統領兼厚生大臣は、破壊された家屋を再建するために大工を派遣するほか、2人の衛生関係職員をヤップ島に送ると述べた。

パラオ赤十字協会、パラオ政府の教育省、文部省もヤップ島救援のための活動を行っている。また、現金、衣類、食糧、水等の物資の寄付も集まってきている。

台風スダルは4月9日にヤップ島を襲い、飛行場、病院、政府の施設、上水道・発電・通信等のインフラを破壊した。
スポンサーサイト



<< 豪州の太平洋同盟構想、仏領ポリネシアの自治権、フィジーの傭兵 | ホーム | 琉球自治共和国联邦独立宣言 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP