FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

豪州の太平洋同盟構想、仏領ポリネシアの自治権、フィジーの傭兵

2004年2月、3月の太平洋ニュースをお伝えします。

豪州やニュージーランドの太平洋同盟構想は、島嶼国の独立国としての権限を弱め、新しい植民地主義を太平洋に拡大しようとする戦略です。気おつけないといけません。



3/10 PIR
 太平洋諸国が「太平洋同盟」について話し合う。

太平洋諸国が来月、ニュージーランドにおいて、太平洋地域における共同航空機の運行、単一貨幣や共同金融政策の導入等に関する会議を行う予定である。

「太平洋同盟」と呼ばれる太平洋地域における国家連合の形成はオーストラリア、ニュージーランド政府の提案に基づいている。

その目的は太平洋諸島における経済発展を促し、島嶼国政府の統治を安定化するためである。将来は太平洋諸国が豪州ドルを採用し、島嶼国の権限を「太平洋同盟」に委譲するだろうという議論も行われている。



仏領ポリネシアは仏国の領土ですが、自治権の拡大要求が非常につよく、同領土統治行政府の長は大統領と呼ばれています。また同領土では、独立運動も活発です。1996年までフランス政府による核実験も行われいました。
琉球も学ぶべき領土です。


2/3 PIR
 仏領ポリネシアの自治権要求が挑戦をうけている。

昨年、議会で採択された仏領ポリネシアの自治領としての地位に関して、パリにおかれているフランス憲法評議会に対して異議が申し立てられている。

同領土の自治権が確立するには同評議会の署名が必要である。異議を申し立てている勢力には、社会党のほか、同領土の大統領に多大な権限を与えることに反対する同領土議会の議員がいる。

新しく自治領としての地位が与えられると、仏領ポリネシアには労働、土地保有問題、民間航空等に関してさらに大きな権限が与えられる。

フランス政府は、同領土における金融問題、国防に対して支配権を及ぼすことになるだろう。


フィジーには傭兵会社があり、フィジー人が傭兵としてこれまでも中東に派遣されてきました。




2/10 PIR
 フィジー人傭兵がイラクで殺害された。

31歳のラマタウ氏は、バグダッド国際空港を警備しているときに銃殺された。銃殺される7時間前に、ラマタウ氏はフィジーにいる妻に電話をして、2月28日にフィジーに帰国すると告げていた。

ラマタウ氏の同僚である他2人のフィジー人も空港で襲われ、米軍の病院で治療をうけている。ラマタウ氏には生後2ヶ月になる子供もいるが、遺族には、約10万米ドルの保険金が支払われるだろう。
スポンサーサイト



<< 慰霊の日の八重山の声 | ホーム | トンガのごみ問題、キリバスと中国・台湾、島嶼間のゆいまーる >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP