FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

脱成長論:楽しい社会に向けて

今週の木曜日、龍谷大学で開催される講演会のお知らせをします。次のような内容の講演会で、無限成長路線を走らされている琉球にとっても意義深い内容の話になると思います。イヴァン・イリイチさんの友人としてもラトゥーシュさんは知られています。




POUR UNE SOCIÉT CONVIVIALE脱成長論:楽しい社会に向けて
「経済パラダイムの大転換:ラトゥーシュの脱成長論について」
中野佳裕(NAKANO Yoshihiro)

「楽しい社会を目指して」

セルジュ・ラトゥーシュ(Serge Latouche)
セルジュ・ラトゥーシュの来日を活用して、経済学会および経済学研究科で公開講演会を開催いたします。
ラトゥーシュはフランスの経済哲学者・ポスト開発思想家であり“Décroissance”の提唱者として欧州でもっとも注目される論客の一人です。

“Décroissance”は脱成長論、縮退論、収縮論などと訳され、経済成長を目的としない社会、商品関係よりも非商品的な関係、資本主義的な労働よりも共愉にあふれる(コンヴィヴィアル)創造的な活動が重視される社会を目指す理論です。

またラトゥーシュは、多元的・分権的でエコロジカルな民主主義を世界中で創造してゆくことを構想しています。

セルジュ・ラトゥーシュ
パリ第11大学ジャン・モネ学部(法学、経済学および経営学部)名誉教授。1940年1月12日ヴァンヌ生まれ。経済学者、哲学者。

「良心的経済成長拒否者」であり、雑誌『Entropia』(脱成長に関する理論的・政治的研究誌)友の会会長。また、雑誌『La Revue du MAUSS』の有力な寄稿者のひとり。


通訳者
中野佳裕
立命館大学非常勤講師

本講演会では、ラトゥーシュをはじめ、仏・伊を中心とする代表的なオルタナティブ経済理論を紹介し、これらが過去20年の間、グローバル経済の負の影響に対してどのように取り組んできたか、またその日本における実践的な意義について説明します。


経済学会 ・経済学研究科コンファレンス共催企画
2010年
7月8日(木)
18:00-20:30

龍谷大学深草学舎
21号館101教室

京都市伏見区深草塚本町67
最寄り駅
京阪 「深草」駅
JR 「稲荷」駅
地下鉄「くいな橋」駅

参加無料
事前申込不要

主催:
龍谷大学大学院経済学研究科

龍問い合わせ:
龍谷大学経済学教務課
電話: 075(645)7894
スポンサーサイト



<< 琉球独立宣言と最新賛同者名簿 | ホーム | 慰霊の日の八重山の声 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP