FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

辺野古の苦悩

7月2日の琉球朝日放送で、辺野古の苦悩についての報道がありましたので、お伝えします。

辺野古に基地がつくられれば、沖縄国大学にヘリが墜落したような事態が辺野古の村でおきかねません。
カネによって豊かな生活や、平和な生活は買えません。日本政府は買えると思っているかもしれませんが。





辺野古の漁師・宜志富紹司さん。15年のキャリアを持つ若手のリーダーです。この日は6月から解禁になったウニ漁に出ました。辺野古への基地建設に対しては、一貫して容認の立場をとりながら、いらだちを隠しません。

宜志富紹司さん「ここを埋めてしまえば、やっぱり漁は難しくなる。それに対して、養殖とか陸の上で仕事ができるように、いろいろ要望してきたんですけど、ひとつも達成されていない」

宜志富さんは「国が決めるなら止められない」と基地建設を容認し、前政権のとき名護市に要望を提示したといいます。

宜志富さん「いまの状態じゃあ反対したくなるような感じなんですよ。結局何も進んでないじゃないですか」

こうした中、迎えた参院選-。

山城候補「この辺野古の海に、決して基地は造らせない。普天間基地を決してたらいまわしはさせない」

伊集候補「返すから新しい米軍基地を造れというアメリカの要求には道理も根拠もありません」

島尻候補「鳩山政権が結んだ日米合意には真っ向から断固反対を申し上げます」


ともに辺野古への基地建設に反対する候補者。政権交代のころから、結局、基地は造られないのではないかと考えた宜志富さんは、キャンプシュワブの先にある長島を中心にした観光ツアーを描いています。

宜志富さん「やっぱり自然を見せながら。そうすれば自分らはウミンチュなんで、その間で魚などを獲って、それを食べさせる。

泳げる人間はウミンチュ体験ツアーっていう形で一品二品ぐらい獲ってもらって、それを自分で食べるみたいな。面白かったさー、来年もお願いだよって、来年来たときに、いやー、もう基地になってしまってできないさーてなったら。だから走り出せないっていうところはあるんですよ」

その一方で、いま若いウミンチュが育ちにくい状況になっていると、ある悩みを明かします。

宜志富さん「補償金目的とか、そういう目的で入ると思われるのがいやで、やっぱり挫折する人はいますね。さびしいですよ、自分は」


一方、この男性は辺野古でスーパーを経営する許田正儀さん。12年前までは土木建築業を営んでいました。長い間基地容認の立場でしたが、去年の衆議院選挙から反対の立場に変え、今年の名護市長選挙では稲嶺さんに投票しました。

許田正儀さん「やっぱり北部振興策の、ようするにカネの使われ方ですよ、一番疑問に思ったのは」

普天間移設と引き換えの振興策として、名護市をはじめ北部におよそ700億円が投じられ、こうした施設が次々と建設されたのです。

許田さん「我々騒音にかかわるこの住民としては、なんらメリットがないわけです。こういったハコモノを造られても。やっぱりこういった振興策よりは我々は静かな地域がいい」

また許田さんは6年前のアメリカ軍ヘリ墜落事故で、恐怖を体験していました。

許田さん「(テレビで見て)国際大って言っただけで、うちの長男がいるところじゃないかということで、もういても立ってもいられなくてね。携帯に電話するんだけれど、なかなか連絡が取れない。まごまごしている間に息子のほうから電話がきて『お父さん、ちょうど図書館にいて、目の前でヘリコプターが燃えてた』って言うわけですよ。(ヘリ基地が)来た場合にね集落の上空から飛んだりしたらとゾッとします」


毎年恒例の辺野古ハーレー。この日も例年と同じように基地問題とは関係なく、一緒になって楽しむ区民の笑顔がはじけていました。それぞれの思いで揺れる二人ですが、区民や家族を思う気持ちは同じ。辺野古が、そして沖縄が基地問題から解放される日が一日も早く来てほしいと願います。
スポンサーサイト



<< ツバルという独立国、ニウエという独立国、パプアニューギニアと中国 | ホーム | 「島嶼社会の振興開発と内発的発展」部会、民際学研究会共同研究会 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP