FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツバルという独立国、ニウエという独立国、パプアニューギニアと中国

2004年1月、2月の太平洋諸島ニュースをお伝えします。人口1万人のツバルは海面上昇問題により、生活が非常に困難になっています。琉球には毎年、2,3万人の人が移住しています。ツバル人の移住先として琉球が手を挙げ、国際的な貢献をするとともに、独立国・ツバルとの関係も深めることもできます。



2/20 PIR
 大潮のためにツバルの家屋、空港が冠水した。

ツバルのソポアンガ首相は、同国が直面している脅威の原因は地球温暖化にあるとして非難した。首相は、大潮による冠水は人災によって発生したものであるとし、国際社会からの支援を求めた。

大潮により家屋、事務所、そして空港の一部が冠水したが、その後2日間、冠水が続くものとみられている。ツバルの国土面積はたった26平方キロメートルしかなく、島々は9つの環礁に分散し、島の海抜は最大でも4.5メートルでしかない。

首相は、島を捨てたくないが、ニュージーランド、他の太平洋諸島に国民が移住したいという希望を受け入れたいと述べた。



人口が1500人の独立国が太平洋に存在するのです。ニウエはニュージーランドと強い関係を持ちながら、内政権、外交権をもつ国です。人口2千人の西表島も独立できるのです。



1/9 PIR
 世界で最も小さな国が再建を求めている。

ニウエは台風ヘタにより甚大な被害をうけたため、ニウエ政府は、海外に住むニウエ人が帰国して再建を手助けするように呼びかけている。

台風による被害により、1500人が住むニウエからさらに人々が国から出て行くのではないかとの懸念が持たれている。島で唯一の病院のほか、多くの建物が破壊され、200人がホームレスになり、電話もつながりにくくなっている。ニュージーランド空軍は救援活動のために航空機をニウエに派遣している。



太平洋島嶼国は独立後、外交権を駆使して、主権国家としての主体性をもち、中国と台湾にある外交上の競争関係を活用して、経済交流を進めています。



1/13 PIR
 パプアニューギニア政府が中国政府から270万米ドルの融資を受けた。

中国政府は、パプアニューギニアにおける開発事業に融資するために270万米ドルを無利子で貸与することを決定した。

この融資は地域経済を改善するために利用される予定である。パプアニューギニアと中国との経済・貿易関係は緊密になっており、太平洋諸国の中において、パプアニューギニアは中国と最も貿易額が多い国の一つである。

2003年における両国の貿易額は2億7400万米ドルにのぼったが、それは2002年における両国間の貿易額に比べ53%増であった。パプアニューギニアには豊富な天然資源があり、中国は大きな市場を有しており、また、太平洋諸国において適用可能な実用的な技術を持っている。
スポンサーサイト



<< パラオとサメ保護、キリバス:中国から台湾へ、フィジーの観光と軍隊 | ホーム | 辺野古の苦悩 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP