FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

パラオとサメ保護、キリバス:中国から台湾へ、フィジーの観光と軍隊

2004年1月、2003年12月の太平洋諸島ニュースをお伝えします。

パラオは現在でもサメの捕獲禁止措置を行っております。また現在の大統領は、日本による調査捕鯨にも反対しています。



1/22 PIR
 パラオがサメの保護で評価された。

パラオは、欧州サメ保護機関から「今年のサメ保護者賞」を受賞した。パラオでツアー会社を経営し、パラオ・サメ保護基金の創設者であるデルモット・キーン氏と、パラオ環境局のコレーン・アウグスト氏がドイツで受賞した。

パラオ政府は、最近、台湾の密漁船が持っていたサメの多くのヒレを没収した。パラオの法律は、同国の排他的経済水域内において、いなかる方法であろうとサメの捕獲を禁じている。



中国と台湾はそれぞれとの外交関係締結を求めて太平洋島嶼国との関係を重視しています。キリバスのように、中国から台湾への変更、台湾から中国への変更は他の太平洋島嶼国でもみられます。つまり小規模であろうとも独立しているので、島嶼国側に選択権があるということです。



11/30 PIR
  中国がキリバスとの外交関係を断絶した。

キリバスは3週間前に台湾との間で正式に外交関係を締結した。キリバス政府は、同国内において中国と台湾の両大使館の存在をみとめようと考えていた。

しかし、中国政府は、台湾政府と外交関係をもつ27カ国とは外交関係をもたっていない。中国政府は、キリバス政府が当初「一つの中国政策」を尊重するといいながら、それを無視したことを理由にして、キリバスとの外交関係を断絶した。

中国政府によれば、台湾は「反逆的な植民地」であり、独立国家ではないとされた。中国政府は、キリバス政府との間で締結された全ての合意事項は無効になると述べた。



独立したとしてもフィジーにように軍部が果たす役割を強化すると、同国の主要産業である観光業にも悪影響を与えることになります。また軍部によるクデターもフィジーでは頻発しています。独立したら他の太平洋島嶼国のように非武装・非軍隊政策を基本とすべきであると考えます。


12/3 PIR

  フィジーの観光業者がテロリストによる影響を心配している。

フィジーの観光業者は、イラクにフィジー兵が派遣されると観光業が打撃を受けるだろうと考えている。全国観光フォーラムは、テロリストによる報復攻撃により、観光地としてのフィジーのイメージが著しく危うくなるとして、フィジー政府に対してイラクへの派兵を行わないように要請した。

カンタス航空の幹部は、テロリストによる予想できない活動や戦争により、観光業は大打撃を受けるだろうと述べた。
スポンサーサイト



<< 独立宣言賛同人最新版 | ホーム | ツバルという独立国、ニウエという独立国、パプアニューギニアと中国 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP