FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

独立宣言賛同人最新版

少しずつですが、賛同者の輪が広がっています。色々な方からのご推薦やご協力もあります。先日は、ハワイで先住民族、独立運動をされている方から、ご理解、ご支援のメールを頂戴しました。世界中の人々とも琉球の状況と、独立の意味について知ってもらい、議論をしたいと考えています。


賛同人 

前利潔(ゆいまーる琉球の自治/沖永良部島) 
上勢頭芳徳(ゆいまーる琉球の自治/竹富島)
内間豊(ゆいまーる琉球の自治/久高島)

新元博文(ゆいまーる琉球の自治/奄美大島宇検村)
高良勉(ゆいまーる琉球の自治/沖縄島南風原)
謝花悦子(わびあいの里/伊江島)

平恒次(イリノイ大学/宮古島出身)
久岡学(奄美大島龍郷町)
森本眞一郎(1609年を考える奄美三七の会)

山田隆文(鹿児島在住奄美大島出身者)
照屋みどり(沖縄島豊見城)
本村紀夫(宮古島出身)

渡名喜守太(琉球弧の先住民族会)
島袋マカト陽子(琉球センター・どぅたっち)
太田武二(琉球センター・どぅたっち)

玉城義久(奈良沖縄県人会)
上原成信(一坪反戦地主会関東ブロック)
石坂蔵之助(ゆいまーる琉球の自治/沖縄市泡瀬)

喜久里康子(沖縄市民情報センター)
新垣重雄(石垣島)

当真嗣清(琉球弧の先住民族会)
島袋倫(ウチナーグチ振興研究家)
まよなかしんや(アイヌ民族と連帯する沖縄の会)

宮里護佐丸(琉球弧の先住民族会)
アイヌ・ラマット実行委員会
藤原良雄(ゆいまーる琉球の自治/藤原書店)

西川潤(早稲田大学)
上村英明(市民外交センター/恵泉女学園大学)
竹尾茂樹(ゆいまーる琉球の自治/明治学院大学)

佐藤幸男(富山大学)
大林稔(龍谷大学)
西浜楢和(ゆいまーる琉球の自治/沖縄通信)

中村尚司(龍谷大学)
崔真碩(広島大学)
手島武雅(先住民族政策研究者)

日比野純一(FMわぃわぃ)
大河内秀人(江戸川区/僧侶)
秋林こずえ(立命館大学)

金子マーチン(日本女子大学/反差別国際運動事務局)
金子えりか(在ロサンジェルス)
安渓遊地(山口県立大学)

阪本公美子(宇都宮大学)
津田勝憲(栃木県/農業)
齋藤憲(ゆいまーる琉球の自治/大阪府立大学)

吉田宗弘(つぶて書房)
岡本雅享(福岡県立大学)
作間順子(ゆいまーる琉球の自治/意匠家)

中島大地(普天間基地撤去を求める高校生の会)
Kyle Kajihiro(Hawai’i)
丸井清泰(編集者/別府出身)

スポンサーサイト



<< 琉球独立に対するコメントと回答 | ホーム | パラオとサメ保護、キリバス:中国から台湾へ、フィジーの観光と軍隊 >>


コメント

 理念はわかりました。
しかし、それをどうやって具体的な形にしていくのかが肝要です。
理想は実現可能な計画に落とし込んでこそ初めてなされるものであるからです。

 信濃人の僕としましては、琉球自治共和国連邦が属中政策を採らず、またその広い海域を中国から防衛することが可能であるのならば(ただし、防衛手段は軍事的手段だけでなく、外交的手段、諜報的手段など、方法は問わない。)、それは沖縄県及び奄美地方以外の日本国民にとっても利の在る話だと思っています。

Re: タイトルなし

独立宣言の背景に関する私の論考については、7月下旬に藤原書店から刊行される『環』に掲載されますので、ぜひお読みください。私は20年以上、太平洋を中心とする世界の島嶼国及び地域の研究をしてきましたので、これらの事例を踏まえ、具体的な計画、方法についても提案していく予定です。

中国に対する認識では日本人と琉球人では大変異なります。その歴史的関係は日本よりも深いものがあります。
日本と中国は隣国であり、友好関係、政治経済の交流を続け、拡大しなけばならない関係にあります。互いに警戒しあい、緊張関係を高めていくのではなく、琉球を介して、友好関係をつくるための方策を考える必要がると思います。

北欧のオーランド諸島のように非武装中立の島になり、東アジアの安全保障のバランスを均衡化するために琉球という場所が大きな意味をもちます。

日本国、日本国民のために琉球を犠牲にし続けるという発想を多くの日本国民がもっているから、琉球独立という声も出てくるのです。現在、琉球人も日本国民ですが、同じ日本国民として同朋として人間としての尊厳を考えてみて下さい。

>  理念はわかりました。
> しかし、それをどうやって具体的な形にしていくのかが肝要です。
> 理想は実現可能な計画に落とし込んでこそ初めてなされるものであるからです。
>
>  信濃人の僕としましては、琉球自治共和国連邦が属中政策を採らず、またその広い海域を中国から防衛することが可能であるのならば(ただし、防衛手段は軍事的手段だけでなく、外交的手段、諜報的手段など、方法は問わない。)、それは沖縄県及び奄美地方以外の日本国民にとっても利の在る話だと思っています。

>中国に対する認識では日本人と琉球人では大変異なります。その歴史的関係は日本よりも深いものがあります。

中越戦争やダルフールを見るとどうもねぇ。中国は虐殺政権を平気で支持するし。

>北欧のオーランド諸島のように非武装中立の島になり東アジアの安全保障のバランスを均衡化するために琉球という場所が大きな意味をもちます。

 中途半端に過ぎる。オーランド諸島は周辺のほとんどをEUとその友好国で固められている。非武装なのは努力の結果でなく、初めから非武装を許された位置にある。参考にはならない。
 また、中立国であるならば、侵入してきた非中立国の排除義務がある。ナチスドイツの侵入を許したベルギーのような醜態を晒せば、それは侵略の協力者と看做されても文句は言えまい。
 しかし、琉球のGDPで用意できる軍備を考えれば、持たないほうが正解かもしれない。
 ならば、琉球に侵入した国家に対し、自動的に周辺国が宣戦布告をするという態勢を整えなければならない。つまり、琉球がどうしても中立国家であらねばならないと周辺国(日米中ASEAN+インド、産油国)を説得しなければならない。周辺国にとって琉球が中立国であることの『利』を解かなければならない。

>日本国、日本国民のために琉球を犠牲にし続けるという発想を多くの日本国民がもっているから、琉球独立という声も出てくるのです。現在、琉球人も日本国民ですが、同じ日本国民として同朋として人間としての尊厳を考えてみて下さい。

 私は、様々な民族問題を勉強してきた経験から、沖縄には当然に独立の権利があると考える。そして、大半の日本人の意識を支配しているのは無知であることも知っている。そしてこの場合の無知はほほ罪と同義である。
 日本人である以上、米軍基地をどう撤去していくのかを考えるのは当然の義務と言える。

--------
 日本の安全保障が壊れたとき、真っ先に犠牲になるのは沖縄である。沖縄さえ占領してしまえば、台湾は孤立し、日本を属国とすることが出来る。
だからこそ、米軍を撤去するならば真摯に安全保障というものを考えなければならなかった。しかし、米軍無しでいかに防衛を成立させるのかと言う話は一部の反米右翼からしか出てこなかった。真っ先に戦場になる沖縄からこそ、その意見を聞きたかった。
聴こえてきた声は、米軍基地を撤去すれば無条件に幸せになれるという夢想ばかりであった。それは主義主張のために様々な物事に目をつぶった所謂、左翼の主張に乗っかったものであった。ならば、社民党が主義主張のために拉致被害者を見捨てたがごとく、沖縄も主義主張のための捨石になるのだなと考えた次第。


 私が望むのは、折角新たな運動が起こったのであるのだから、既存の運動とは違い、夢想ではなく圧倒的な現実性を以って理想への道しるべとすることが必要ではないか?と感じているわけだ。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございました。


> 中越戦争やダルフールを見るとどうもねぇ。中国は虐殺政権を平気で支持するし。

私は、中国による残虐行為について了解しています。同じように、琉球にとって、沖縄戦における日本軍による残虐行為、戦後そして現在における米軍による人権無視の所業も身をもって感じているのが琉球人です。

これまで米国は世界中で紛争の種を撒いてきました。そのような国の軍隊が琉球に存在するのです。


>  中途半端に過ぎる。オーランド諸島は周辺のほとんどをEUとその友好国で固められている。非武装なのは努力の結果でなく、初めから非武装を許された位置にある。参考にはならない。

中央大学出版部からでた『リージョンの時代と島の自治―バルト海オーランド島と東シナ海沖縄島の比較研究』をお読みください。

非武装は島の人の努力の結果です。


>  また、中立国であるならば、侵入してきた非中立国の排除義務がある。ナチスドイツの侵入を許したベルギーのような醜態を晒せば、それは侵略の協力者と看做されても文句は言えまい。
 しかし、琉球のGDPで用意できる軍備を考えれば、持たないほうが正解かもしれない。

琉球に国連アジア本部を設置し、平和運動、人権運動のメッカにすることで、非中立国の侵略を防ぐことが可能だと思います。武装し、互いに警戒し、消耗しあうほど、ばかばかしいことはありません。「戦争の島」から「平和の島」にするにはどのようにすればいいのかを考え、実行するのが琉球人としての責務と考えています。

>  ならば、琉球に侵入した国家に対し、自動的に周辺国が宣戦布告をするという態勢を整えなければならない。つまり、琉球がどうしても中立国家であらねばならないと周辺国(日米中ASEAN+インド、産油国)を説得しなければならない。周辺国にとって琉球が中立国であることの『利』を解かなければならない。

本当にそう思います。そのためにも琉球は独立して外交権をもって、周辺諸国を説得して琉球の平和政策を受け入れさせなけらばならないと思います。非武装中立の国として当然のことです。そのような事をする国が、緊張が高まるアジアにおいて求められているのではないでしょうか。

>
>  私は、様々な民族問題を勉強してきた経験から、沖縄には当然に独立の権利があると考える。そして、大半の日本人の意識を支配しているのは無知であることも知っている。そしてこの場合の無知はほほ罪と同義である。
>  日本人である以上、米軍基地をどう撤去していくのかを考えるのは当然の義務と言える。

琉球独立に理解を示して下さり、感謝申し上げます。もしよろしければ、琉球独立宣言の賛同人になって下さい。

>
> --------
>  日本の安全保障が壊れたとき、真っ先に犠牲になるのは沖縄である。沖縄さえ占領してしまえば、台湾は孤立し、日本を属国とすることが出来る。
> だからこそ、米軍を撤去するならば真摯に安全保障というものを考えなければならなかった。しかし、米軍無しでいかに防衛を成立させるのかと言う話は一部の反米右翼からしか出てこなかった。真っ先に戦場になる沖縄からこそ、その意見を聞きたかった。
> 聴こえてきた声は、米軍基地を撤去すれば無条件に幸せになれるという夢想ばかりであった。それは主義主張のために様々な物事に目をつぶった所謂、左翼の主張に乗っかったものであった。ならば、社民党が主義主張のために拉致被害者を見捨てたがごとく、沖縄も主義主張のための捨石になるのだなと考えた次第。

日本では日米同盟によって日本の安全保障が守られると考えている人が大半を占めているようです。屋良朝彦さんの『砂上の同盟』は読まれましたか。米軍基地は必ずしも琉球になくてもいい存在です。日本にあってもおかしくない。であれば琉球から基地を撤去した後は、日本国民が期待をかける米軍基地を日本内に移設することになります。そうすれば中国や北朝鮮に対する「抑止力」となるのでは。

>
>  私が望むのは、折角新たな運動が起こったのであるのだから、既存の運動とは違い、夢想ではなく圧倒的な現実性を以って理想への道しるべとすることが必要ではないか?と感じているわけだ。


この運動に対するご支援、痛み入ります。これまで「居酒屋独立論」ではなく、現実的な内容の独立研究をこれから進めていき、様々な方と議論しながら、世界的なムーブメントにしていきたいと考えます。
その際、安全保障だけでなく、経済、財政、法制度、サブシステンス、新たな国の在り方等、多面的な観点から独立を考えていく必要があります。これは現在の国の在り方を問うことにもなります。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP