FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球独立に関する議論

552さんからのコメントと私の回答です。



1611年、尚寧は琉球に戻され、三司官以下(鄭迥・謝名親方利山をのぞく)の重臣に、島津氏への忠誠を誓う起請文を提出させられ、国家の存続が認められた。また、琉球の貿易権管轄などを書いた「掟十五条」で琉球の貿易は薩摩藩が監督することとなった。

1894年の下関条約で清は台湾と澎胡を永久に割譲、同時に琉球に対する日本の主権を認めざるを得なくなった。琉球処分以降の中華民国の尖閣諸島を含む沖縄諸島の認識は日本領として正式に承認し両国間では一応の決着がついていたことが判明している。その証拠として中華民国から日本の石垣村に送られた感謝状には『日本帝国沖縄県八重山郡尖閣諸島』という記載がある。

1971年、沖縄返還協定。
1972年、日中共同声明で日中両国の主権及び領土保全の相互尊重を表明している。中華人民共和国は公式の場にて日本の沖縄に対しての領有権を認めている。

2006年5月30日、台湾外務省は「中琉文化経済協会駐琉球弁事処」を「台北駐日経済文化代表処駐琉球弁事処」に変更すると発表。このとき、駐琉球弁事処の陳桎宏代表は、台湾外務省の出先機関の存在をもって琉球(沖縄)の日本帰属を否定していないことを示していると説明した。

2007年2月、「台北駐日経済文化代表処那覇分処」に変更された



552さん、コメント感謝します。

ご指摘の事実については私の了解しております。
国際法とは近代以降においてつくられたものであり、ご指摘の事実の中で、それに当てはまるのは沖縄返還協定だけです。

近年秋からになったように、沖縄返還協定には日米の密約が含まれ、国際法としては瑕疵があると考えています。さらに、当事者である琉球人は同協定策定過程に入っておらず、琉球人の自決権が反映されたものでもありません。日本と米国との間で、琉球の新たな政治的地位にかんする協定をもう一度つくるべきであるというのが私の考えです。



suicacollecterさんからのコメントと私の回答です。

> 沖縄だけではなく本土でも米軍基地の関係者が絡む事件が起きている。日米地位協定は米独地位協定や米韓地位協定に比べるとそんなには不平等ではない。むしろ、日本側が取り調べ可視化、弁護士の立ち合いを認める、代用監獄の廃止など、欧米並みの基準にするなどアメリカ側の不信感も取り除くべきではないか。



コメントありがとうございました。
日米地位協定下にある琉球では、犯罪、事故が発生し続けています。日本国に住むのですから米軍人、関係者
も日本国民と同等の方法で裁判、捜査を行わなければ、米軍側は緊張感をもって島で生活しないと思います。

当然、日本側もアメリカ側の不信感を取り除く、ご指摘のことをすべきです。
本来、日本政府には日米地位協定改定について行うべきことがたくさんあるにもかかわらず、ほんんど何もしないという、琉球人の権利を無視した状態を続けていることが問題なのです。



LF Fireさんからのコメントと私の回答です。

実は、自分はちょっとしつこすぎかなぁと考えてみたりもしてます。

>中央大学出版部からでた『リージョンの時代と島の自治―バルト海オーランド島と東シナ海沖縄島の比較研究』をお読みください。

高すぎて泣きました……。絶対にBOOKOFFにはなさそう。


>屋良朝彦さんの『砂上の同盟』は読まれましたか。米軍基地は必ずしも琉球になくてもいい存在です。

1260円なら……来月には買えそう……かな……(所詮は貧乏学生)。
抑止力に関しては様々な議論がありますが、
抑止力の正体 - リアリズムと防衛を学ぶ

http://d.hatena.ne.jp/zyesuta/20100610/1276162668
に詳しく載っています。

特に重要なのは『抑止力は厳密には証明できない』というくだり。
きちんと抑止力を測ることは不可能で、何が抑止力になっているかは推測するしかなく、米軍すらも読み間違える。


>これまで米国は世界中で紛争の種を撒いてきました。そのような国の軍隊が琉球に存在するのです。

実のところ、一番厄介なのは米国なのです。
米軍基地は日本にとっての対中抑止力であると同時に、米国や周辺諸国にとっての対日抑止力でもあります。また、首都東京周辺を包囲することにより日本が米国に逆らうことを阻止しています。これを横田幕府と揶揄したりもしています。

ここまで来ると、陰謀論との境界が曖昧になってきますので止めておきますが、ひとつ言えることは、日本は明確に米国の属国であり、常に米軍によって心臓を掴まれているということです。

ここで、琉球自治共和国連邦という視点から見てみると、実のところ最も脅威なのは米軍であるのかもしれません。

 米国は東亜政策に関しては大きく二つの流れに分かれます。日本を米国の国際戦略に巻き込み、中国や反米国家と対抗する流れと、東亜からは身を引いて中国に任せ、米国は中東問題に専念するという流れです(G2政策)。

 米国が最終的にどちらの流れに乗るかは中国の出方次第や中東情勢の展開次第ということになりそうですが、どちらにしても沖縄と日本政治にとっての見通しは厳しいものにならざるを得ません。

--------
自治地域に関してちょっと疑問です。
1.大東諸島の地位はどうなるのか(大東諸島は八丈島からの移民が定着しているため、他の琉球地域とは違う文化があると推定する)。
2.山原(北山)は独自の自治地域を置かなくていいのか。



コメント感謝します。私は学生時代、大学の図書館に高い本を申請し購入してもらい、必要個所をコピーとったり、ノートに書き写しました。ご参考までに。

抑止力は、だれにとってのものかとう視点も重要かと思います。沖縄戦時、琉球に駐屯していた日本軍、現在いる米軍は琉球人、琉球にとっての抑止力とはとうていえません。暴力の源そのものです。私は米軍が日本の抑止力になっているとも思えません。軍事戦略家の目から抑止力を言うのか、米軍と日常的に接する生活者からいうのかでは全然ちがいます。

抑止力についてご見解に賛成します。

日本は明確に米国の属国であり、常に米軍によって心臓を掴まれているということです。
> ここで、琉球自治共和国連邦という視点から見てみると、実のところ最も脅威なのは米軍であるのかもしれません。

日本が米国の属国であることは、琉球にいるとよくわかります。私は沖縄国際大学に米軍ヘリコプターが墜落したとき、たまたま現場に居合わせましたが、日本国の警察は現場検証をすることができず、米軍が自国内のように何から何まで取り仕切っていました。ここは日本?

琉球は、日本、中国、米国という世界を動かす巨大パワーの中にあり、難しい面もありますが、これまでの歴史的蓄積を活用して、主体的にどのように、このような大国とつきあう方法を自らの頭で考え、実行していくかが問われています。

> 自治地域に関してちょっと疑問です。
> 1.大東諸島の地位はどうなるのか(大東諸島は八丈島からの移民が定着しているため、他の琉球地域とは違う文化があると推定する)。
> 2.山原(北山)は独自の自治地域を置かなくていいのか。

ご質問ありがとうございます。
私は父親が気象台で働いていたこともあり、琉球の島々で生活する機会がありました。南大東島に3年ほどすみました。八丈島の移民が島に住み始めサトウキビ産業が発展しました。それとともに琉球側からも人々が移住し、両方の文化が融合した、非常に興味深い島です。

私はあくまで島単位の自決権を重視しますので、大東島の方が琉球が独立した場合、琉球国と連邦をくむのか、東京都の一部になるかを住民投票で決めるべきと考えます。

沖縄島は大きいので、北部、中部、南部というくくり、さらに、そのなかで自治的範囲を住民の協議によって決めることになると考えています。北部は与論、沖永良部島と北部文化圏として共通性もありますので、ヤンバルと奄美諸島南部諸島の間で、一つの自治のまとまりがあってもいいと思います。

スポンサーサイト



<< イタリア語版独立宣言 | ホーム | 琉球独立と安全保障 >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

民族の独立、琉球文化や歴史の尊重、異民族支配への抵抗等、日本の保守も理解するはずの運動だと思います。
頭山満もアジアの独立運動を支援しました。

このブログでは、コメントをされた方の文の中で、広く世界に知らせる必要があると私が判断したものは公表しますので、そのつもりで投稿してください。

ハンドルネームの件、失礼しました。



> >琉球独立に理解を示して下さり、感謝申し上げます。もしよろしければ、琉球独立宣言の賛同人になって下さい。
>
> むう、悩みますね。
> この運動の方向性と、今後の自分自身の政治的人間関係を見てから決めようかとおもいます。
> 右的な人と断交されました、などという事態になったら頭を抱えてしまうので。
>
> 無論協力はします。とはいえ、疑問に思ったことや意見を書き込むくらいしかできませんが。
>
>
> 追伸
> シークレットにしたのは間違いではなく意図的なので、ブログ本文とかには載せないでください。
>
> あと私は『El_Fire』です。『LF Fire』ではありませんのであしからず。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


【沖縄】米軍ヘリコプターが基地付近で墜落か

沖縄県警察本部によりますと、5日午後4時すぎ、アメリカ軍のヘリコプター1機がアメリカ軍のキャンプハンセンの付近で墜落したという情報があり、現在、確認を急いでいるというこ...


 BLOG TOP