FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

観光業発展と基地との反比例関係、トケラウと自由連合国、インドと太平洋島嶼国

2003年12月の太平洋諸島ニュースをお送りします。



琉球でも米軍基地の存在が島の観光業に対して悪影響を与えていますが、フィジーでも同様な問題があります。基地拡張をしているグアムでは、軍に依存した観光業が形成されるようになるでしょう。


12/3 PIR
  フィジーの観光業者がテロリストによる影響を心配している。

フィジーの観光業者は、イラクにフィジー兵が派遣されると観光業が打撃を受けるだろうと考えている。全国観光フォーラムは、テロリストによる報復攻撃により、観光地としてのフィジーのイメージが著しく危うくなるとして、フィジー政府に対してイラクへの派兵を行わないように要請した。

カンタス航空の幹部は、テロリストによる予想できない活動や戦争により、観光業は大打撃を受けるだろうと述べた。



人口約1400人のニュージーランド領のトケラウは、自由連合国になるための住民投票を行いましたが、規定投票数にとどかず、まだ自由連合国ではありません。軍事をのぞく内政、外交を基本的に保持することができる国です。クック諸島やニウエとニュージーランド、パラオ、ミクロネシア連邦、マーシャル諸島と米国との関係です。

琉球の場合は独立において基地が争点になりますので、琉球人にとっては自由連合国の選択肢はふさわしくないと思います。


12/2 PIR
 トケラウがニュージーランドの自由連合国になろうとしている。

トケラウは、ニュージーランドの自由連合国になり、クック諸島やニウエと同じような政治体制を導入する予定である。

ニュージーランドのガフ外相は、これは小さな島嶼における脱植民地化の最初の一歩であると述べた。しかし、トケラウが独立という最後の決断をするにはまだ長い年月がかかるだろう。トケラウ人は、ニュージーランドの市民権が付与され、援助が与えられるという現状をなかなか変えようとしないからである。


アジアと太平洋諸国とのヒト、モノ、カネのつながりは非常に強まっており、琉球が独立すれば、アジアと太平洋を結ぶ結節点として琉球は大きな役割を果たすことができるでしょう。



12/11 PIR
 インドが太平洋諸国への経済支援に関心をもっている

フィジーに駐在するインドの高等弁務官は、インド政府が太平洋地域に対する長期にわたる支援をしようと考えているとのべた。

インドからの専門家達が、パプアニューギニア、バヌアツ、トンガ、ツバル、その他の太平洋諸国を訪問し、これらの諸国において必要とされている援助案件について調査する予定である。インドからの経済援助は、特に人材育成や情報通信関連の支援に重点が置かれるだろう。

インドには大きな薬品製造会社が数社あるが、太平洋諸国からカバを輸入して新薬の開発に向けた準備もインドにおいて行われており、太平洋諸国からインドへのカバ輸出も大きく期待されている。
スポンサーサイト



<< 1300人の国・ニウエ、コンパクトマネーとマーシャル諸島、キリバスと中国 | ホーム | イタリア語版独立宣言 >>


コメント

インドが太平洋を向いているということは、インドを沖縄の利害関係に巻き込むチャンスであるかもしれない。

Re: タイトルなし

> インドが太平洋を向いているということは、インドを沖縄の利害関係に巻き込むチャンスであるかもしれない。

コメントありがとうございました。
インド、アラブ諸国、中国、台湾等、アジア、中東諸国も太平洋諸国に関心をもってきています。
アジアと太平洋の中間地点にある琉球が果たせる役割は、政治経済的交流拠点、平和創造など、独立後、さらに高まる可能性があります。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP