FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

先島に自衛隊配備

7月20日の沖縄タイムスにおいて、宮古八重山の先島諸島に自衛隊を民主党政権が配備するとの記事が出ておりますので、紹介します。

アジア諸国を警戒させ、アジア交流の拠点としての琉球が有する価値を損なうものであると考えます。
日本政府は琉球とアジアとを対立させることで、琉球の支配を強化しようとしています。

与那国島の田里さんがいうように、民際交流によってたがいの不信感を払うのが人間の知恵です。






防衛省が宮古島や石垣島に陸上自衛隊の国境警備部隊、与那国島には陸自の沿岸監視部隊をそれぞれ段階的に配備していく計画を検討していることが明らかになったことに対し、3島の関係者の間に波紋が広がった。関係者からは「近隣の中国や台湾に緊張関係を生み、逆に紛争を引き起こす要因となる」と配備計画に強く反対する声が上がる一方で、「先島の国防体制の構築に向けて必要」と容認する声もあった。

先島圏域への自衛隊配備や下地島空港の軍事利用反対を訴える、みやこ九条の会の星野勉代表世話人は「部隊配備は近隣諸国との緊張関係をもたらし、住民の生活を不安におとしめる。紛争を引き起こすきっかけになっても、平和を構築することには絶対にならない」と強く批判した。

 一方、これまで陸自の宮古島への配備を主張してきた宮古島商工会議所の中尾英筰会頭は、個人的見解と前置きした上で「自衛隊による急患輸送ヘリでの人命救助や不発弾処理の迅速化に加え、北朝鮮や中国の動向もある。先島での国防体制構築に向け配備は必要ではないか」と述べた。

 下地敏彦宮古島市長は「非公式でもこちらに話はないのでコメントできない」とした。

 「平和憲法を守る八重山連絡協議会」の仲山忠亨会長は「歴史的に中国が日本を攻めてきたことはないが、日本はたびたび侵略した。本来ならそれをわびて、友好関係を保持していくのが政府としての外交のあり方ではないか。

石垣市民は平和な『日本最南端の自然文化都市』を目指して都市づくりに励んでいるのに、自衛隊が配備されれば逆方向へ向かってしまう」と懸念を示した。

 石垣市の中山義隆市長は「先島防衛については、国の専権事項としてしっかりやってほしいが、現時点では賛成でも反対でもない。正式な要請があった時点で考えたい」と述べた。

 与那国花蓮県交流発展協会の田里千代基専務理事は、与那国島への陸自配備で中国や台湾の緊張感が高まることに懸念を示し「海の安全を監視するのであれば、海上保安庁の基地を持ってくればよい。民間交流ができれば『脅威』は発生しない。民間の交流における安全保障体制づくりを進めたい」と話した。

スポンサーサイト



<< 琉球独立とアジア、平和 | ホーム | 独立宣言フランス語版 >>


コメント

とうとう、正体を現しましたね

ペンタゴンとCIAが全部、裏で操っています! 首相なる人や政権与党は板挟みの言いなりなるだけです。 〈地獄に仏〉の時代がやって参ります! 皆様、負けないで!



〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

>近隣の中国や台湾に緊張関係を生み、逆に紛争を引き起こす要因となる

遅かれ早かれ、紛争は起こります。米国の減衰と中国の膨張のさなかで、勢力圏を再確定されるという歴史の流れがあります。

>「海の安全を監視するのであれば、海上保安庁の基地を持ってくればよい。

海上保安庁が基地を置く利点はない。先島に拠点が必要になるほどの『脅威』とは、中国が台湾攻略のために、後背地たる先島を占領して拠点化する場合に限られる。海上保安庁を立ち向かわせるには余りに無力すぎる。


>民間交流ができれば『脅威』は発生しない。民間の交流における安全保障体制づくりを進めたい

民間交流どころか、民族間婚姻が進んだユーゴスラビアですら、世界有数の血みどろの民族浄化が起こった。民間交流では紛争は止められない。


>歴史的に中国が日本を攻めてきたことはない

 近年、中国は海軍力を着々と増しております。正直、倭寇程度に沿岸を脅かされていた国と同一とはとても思えないほどです。
 つまるところ、『外征可能な中国海軍』というものは前例のない現象であり、『陸の中国』が歴史上、多くの民族を踏みにじってきた歴史を考えると、『海の中国』がそれをやらないという保証はないのです。

------
 基地が不要というならば、どんな手段でもかまいませんが、沖縄に手を出すことをためらわせる手段を考える必要があります。(恐らく、外交的手段で)。

Re: タイトルなし

> >近隣の中国や台湾に緊張関係を生み、逆に紛争を引き起こす要因となる
>
> 遅かれ早かれ、紛争は起こります。米国の減衰と中国の膨張のさなかで、勢力圏を再確定されるという歴史の流れがあります。

紛争の発生を前提にして議論を進めていくと、琉球は紛争の最前線として利用されることも当然視されよう。琉球人はたまったものではない。「勢力圏の再画定という歴史の流れ」という仮説において、日本は何をすべきだろうか?

>
> >「海の安全を監視するのであれば、海上保安庁の基地を持ってくればよい。
>
> 海上保安庁が基地を置く利点はない。先島に拠点が必要になるほどの『脅威』とは、中国が台湾攻略のために、後背地たる先島を占領して拠点化する場合に限られる。海上保安庁を立ち向かわせるには余りに無力すぎる。

百名程度の自衛隊でも無力である。

>
>
> >民間交流ができれば『脅威』は発生しない。民間の交流における安全保障体制づくりを進めたい
>
> 民間交流どころか、民族間婚姻が進んだユーゴスラビアですら、世界有数の血みどろの民族浄化が起こった。民間交流では紛争は止められない。

人間と人間とのつよい関係性によって紛争を起こさないという、地道な取り組みを捨てさり、あくまで軍事力に依存しようとするのは、人間の知恵、可能性を信じない者の考えである。琉球国はアジア諸国と交易、交流して独立国として存在してきた。その歴史的遺産を活用すべきである。

>
>
> >歴史的に中国が日本を攻めてきたことはない
>
>  近年、中国は海軍力を着々と増しております。正直、倭寇程度に沿岸を脅かされていた国と同一とはとても思えないほどです。
>  つまるところ、『外征可能な中国海軍』というものは前例のない現象であり、『陸の中国』が歴史上、多くの民族を踏みにじってきた歴史を考えると、『海の中国』がそれをやらないという保証はないのです。

「海の中国」に対抗して我々も海軍力をどんどん強化すべきであるという仮説を信じると、琉球は日米の軍事拠点として徹底的に「軍事の島」になる必要になろう。しかし、この軍拡競争には限りがない。終わりがない。戦争が琉球で発生し、多くの人間が死にぬまで続くであろう。琉球はいつまで日本の生贄の羊にならなければならいのか。琉球を軍拡競争の駒にするという日本人の琉球を軽視した姿勢に強い憤りを感じる。
>
> ------
>  基地が不要というならば、どんな手段でもかまいませんが、沖縄に手を出すことをためらわせる手段を考える必要があります。(恐らく、外交的手段で)。

そのために琉球人は、これまでの「悲惨な歴史」をふまえて、ガンジー、阿波根昌鴻のように徹底的に非暴力、非協力の精神と行動を世界に対して示し、外交手段、国連アジア本部の設置、非同盟諸国首脳会議、太平洋諸島フォーラム、国連の脱植民地化委員会、人種差別撤廃委員会等、あらゆる非武の道を歩むべきであると私は考える。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP