FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球独立とアジア、平和

インドが太平洋を向いているということは、インドを沖縄の利害関係に巻き込むチャンスであるかもしれない。



コメントありがとうございました。
インド、アラブ諸国、中国、台湾等、アジア、中東諸国も太平洋諸国に関心をもってきています。
アジアと太平洋の中間地点にある琉球が果たせる役割は、政治経済的交流拠点、平和創造など、独立後、さらに高まる可能性があります。




独立するにしても国防はどうするのでしょうか?中国共産党が「琉球の潜在的な主権は中国にある」と寝言を言っておりますが、侵略する気満々の中国に果して十分な武力なしに対抗できるでしょうか?

琉球が東トルクメニスタンやチベットや内モンゴルや満州のようになってしまわないでしょうか?更に米軍なきあと、かつてフィリピンの南沙諸島がそうであったように、あっというまに尖閣諸島が中共軍に占拠されてしまうという事態は十分考えられますが、果して防御策はあるのでしょうか?



コメントありがとうございます。

琉球の主権は琉球人にあります。中国にも日本にも米国にもありません。
現在、琉球が日米両軍によって支配されている現状をどのように考えていますか。
現実を見てください。

将来、琉球を侵略するおそれがある中国に対して脅威をあおるよりも、
今、琉球に対して脅威の存在となっている日米両軍をどうするかを、琉球人の視点から考えてください。
中国脅威を強調することで、今の支配体制を隠ぺいしていませんか。

現在の琉球にいる日米両軍は、だれにとっての防衛なのですか。



スポンサーサイト



<< 琉球独立と安全保障 | ホーム | 先島に自衛隊配備 >>


コメント

 真に独立を目指したければ、米軍を重するあまり人民軍を過小評価するがごとき言説は止めたほうがいい。属中派的な振る舞いに見えかねない。
 沖縄とって、米国も中国も脅威として存在するのは同じことであり、どちらも軽視できない問題である。
 中国の脅威が無視できない理由は、中国が沖縄を領有した場合の利益が巨大なため、アメリカの虎の尾を踏む心配がないと思える場合には、ためらわずに占領にかかるからである。

 米国と中国への切り札として、『米国の減衰と中国の膨張によるパワーバランスの変化』に悩む国々との同盟を提案する。特に、インド、東南アジアといった国々はシーレーンを共有するため、シーレーンの安定のためという要素を取り入れることができる。

・米国のG2政策を強化させないように注意すること。
・インドシナ諸国はメコン開発事業で多大な利益を得ているためそれ以上の利を提示する必要がある。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

コメントに感謝したい。

>  真に独立を目指したければ、米軍を重するあまり人民軍を過小評価するがごとき言説は止めたほうがいい。属中派的な振る舞いに見えかねない。

「属中派」、「反中派」という二項対立的な考え方には単純にすぎるのではないか。パワーバランス的、冷戦時代のものの考え方で中国との関係を考えるのではなく、経済的、文化的、多様な交流、関係を生み出す仕組みを
作り出す時代にあると考える。

人民軍に対して警戒して琉球を軍事の島にしているのが日米政府の現在の立場である。その被害を最も受けているのが琉球の人間であるという、当事者の視点を忘れるべきでない。


>  沖縄とって、米国も中国も脅威として存在するのは同じことであり、どちらも軽視できない問題である。
>  中国の脅威が無視できない理由は、中国が沖縄を領有した場合の利益が巨大なため、アメリカの虎の尾を踏む心配がないと思える場合には、ためらわずに占領にかかるからである。

「中国が琉球を領有」させないために、琉球は国連、国際機構、世界的なネットワークを活用する。人民軍の侵略を抑えるために、「抑止力」として琉球に核兵器を配備しろともいうのであろうか。琉球を戦略の駒としかみないものの見方である。

>
>  米国と中国への切り札として、『米国の減衰と中国の膨張によるパワーバランスの変化』に悩む国々との同盟を提案する。特に、インド、東南アジアといった国々はシーレーンを共有するため、シーレーンの安定のためという要素を取り入れることができる。
>
シーレーンの安定のために独立琉球は具体的に何をすべきとお考えか?


> ・米国のG2政策を強化させないように注意すること。

G2政策を強化させないために日本は具体的に何をすべきか?

> ・インドシナ諸国はメコン開発事業で多大な利益を得ているためそれ以上の利を提示する必要がある。


どれくらいの利益で、琉球はこのような利益を提示することは可能か?

Re: タイトルなし

> 三峡ダムの動向に注意されたし。
> 最悪の場合、九州から沖縄にかけて津波が発生する可能性あり。

最悪の場合とはどのような場合であろうか?
上の仮説は、科学的に証明されものであろうか?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP