FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球独立についての議論

南国りんごさんからのコメントです。

大陸政府は、ほぼ台湾の現在の体制を保障しながらの統一を提示してますよね。
香港やマカオは、内乱が起きた場合・外的進入があった場合は、中国軍の介入ができるようになってます。
しかし、台湾に対しては軍事権関与はしないと大陸政府は譲歩していますよ。
ほぼ独立国家に近い体制を保障しているので、大陸政府は政治的な統一にはこだわってないと思います。

形式的な統一に大陸政府はこだわってるんじゃないですか。
面子の国だから統一ありきで、政治形態は二の次、徐々に足並みをそろえていけばいいという感じだと思います。香港・マカオの返還がそうじゃないですか。

中国のGDPが世界一になるときは、台湾は歩み寄ってると思いますけど・・。

沖縄は単独で独立できません。経済自立までのサポーターがいないと独立なんて無理です。

その前に、琉球は真の意味で独立していたことはありませんよ。
シビアにみた琉球・沖縄史観は、「半独立+半中国帰属→半独立+半日中両属→日本帰属→米国帰属→日本帰属」だと思います。

財源もないのにどうやって独立しますか?
お年寄りの年金は誰が保障します?

現実をみると、経済自立までの財政支援がないと独立なんて無理です。


私の回答です。

台湾の現在の政治体制は、外交活動を展開する国家としての体制です。それを認めて「統一」するとは、どういうことですか。統一中国は、一つの国としての体制をなしませんね。

統一とは、台湾の外交権を否定することではないですか。中国が台湾の政治体制を認めるとはどのような体制をさすのですか。

> 沖縄は単独で独立できません。経済自立までのサポーターがいないと独立なんて無理です。

世界中には経済自せずに、さらに琉球のようにかつて国でない、島嶼、小地域が独立している例はたくさんあります。

>
> その前に、琉球は真の意味で独立していたことはありませんよ。
> シビアにみた琉球・沖縄史観は、「半独立+半中国帰属→半独立+半日中両属→日本帰属→米国帰属→日本帰属」だと思います。

真の意味の独立とは何ですか。米国の意のままに動いている今の日本は、本当に独立しているといえますか。


>
> 財源もないのにどうやって独立しますか?
> お年寄りの年金は誰が保障します?

財源はあります。カネを琉球の中で循環するシステムをつくればいいのです。現在は、観光でも、公共事業でも島から外に流れる「植民地経済」ではありませんか。

>
> 現実をみると、経済自立までの財政支援がないと独立なんて無理です。

その現実とは、本当に自分の頭で考え、自分の目で見た現実ですか。



コカコーラさんからの質問です。

独立を標榜しながら標準語(大和ことば)で論説するのは滑稽ですね。

全文琉球語にされたらいかがですか?

国家と言語の結びつきは自明であり、話される言語は『国語』なのですから。
少なくとも琉球語を併記すべきです。



私の回答です。

> 独立を標榜しながら標準語(大和ことば)で論説するのは滑稽ですね。
>
> 全文琉球語にされたらいかがですか?

全然、滑稽ではありません。日本語を理解する人に向けてこのブログを発信しているのですから。

>
> 国家と言語の結びつきは自明であり、話される言語は『国語』なのですから。
> 少なくとも琉球語を併記すべきです。

日本語を話し、理解し、それを公用語の一つにしても良いではないですか。
話されることばは国語ではないですよ。琉球の島々の多様な言葉の実態を知っていますか。
琉球語とは、どこの島の言葉を指していますか。

スポンサーサイト



<< 琉球独立と「地政学」 | ホーム | 琉球独立と中台関係 >>


コメント

財源はあります。>


財源の細かい数字を提示してください。「独立後の国税収入いくら?見込み法人税いくら?社会保障いくら?」「国民所得はおおよそいくらになるか?」「独立後の観光客数は?」まさか、現在の観光客数を維持できると思ってないですよね?独立したら状況はかわりますよ。


大学教授なら、数字の細かいところまで詰めた上で独立論を展開すべきです。
松島先生の独立論は、独り善がりの「お花畑独立論」にしかみえません。

Re: タイトルなし

現在の沖縄県の財政、経済構造については『琉球の「自治」』をお読みください。
さらに私の独立論にご関心がありましたら、藤原書店の『環』第42号の拙論を読んで下さい。

現在の日本政府に経済が管理され、日本企業による観光会社による支配された状態が続くかぎり、どんなに
観光客がきても、利益が日本に循環するだけです。

機会がきたら、数値で独立後の琉球経済について説明するときも来るでしょう。

経済自立、開発、自治について、あなたと私では考え方が大きく違うように考えます。あなたを説得するために、開発型独立論を展開しようと思いません。

多くの琉球人に意思に反して、基地が押し付けられ、民族の自尊が大きく損なわれている状況を帰るには独立しか道がないと確信しています。



> 財源はあります。>
>
>
> 財源の細かい数字を提示してください。「独立後の国税収入いくら?見込み法人税いくら?社会保障いくら?」「国民所得はおおよそいくらになるか?」「独立後の観光客数は?」まさか、現在の観光客数を維持できると思ってないですよね?独立したら状況はかわりますよ。
>
>
> 大学教授なら、数字の細かいところまで詰めた上で独立論を展開すべきです。
> 松島先生の独立論は、独り善がりの「お花畑独立論」にしかみえません。

《独立》という価値基準は個人の主観に存在しない

私は独立賛成派です。あくまでも自尊心と文化に対しての誇りと愛着です。 今日の日本経済だって、日本人の力量だけでなく、上手く世界潮流の波に乗れた面は否めないと思う。インドが英国から独立する際にも、同様の葛藤はあった。 どんな議論も、全ては憶測の域は出ない。 だったら、自由と誇りと世界世論の方を取りたい。

θ

祖国復帰の際の生の空気を知れたことは私にとって非常に意義深いものでした。
ありがとうございました。
さて、ここに新たな疑問がございます。文章中に『復帰運動の主体は教員だった』旨の記述がみられますが、このことについてです。

昭和四七年といえば、日本全国津々浦々、日教組による極左教育の全盛期であったと思います。

このような状況下にあって、沖縄の教員にはマルクス主義思想といいますか、反日思想というのは波及しなかったのでしょうか?


生徒に標準語を強制したのは、教員が保守的思想を持っていたことの証左であると思われ、これは今の沖縄の教員の思想体系とは相反するものであります。

斯くの如き、教員の思想の変化はいつ起きた(または、起きなかった)のでしょうか?

ご存じでしたらご教授ください。

Re: 《独立》という価値基準は個人の主観に存在しない

> 私は独立賛成派です。あくまでも自尊心と文化に対しての誇りと愛着です。 今日の日本経済だって、日本人の力量だけでなく、上手く世界潮流の波に乗れた面は否めないと思う。インドが英国から独立する際にも、同様の葛藤はあった。 どんな議論も、全ては憶測の域は出ない。 だったら、自由と誇りと世界世論の方を取りたい。

コメントありがとうございます。初めての独立賛成派のコメントです。
太平洋島嶼国の方々も自尊心、文化、土地への誇り、愛着が最大の独立の理由です。国際法で世界の人民は自己決定権を認められています。

Re: θ

> 祖国復帰の際の生の空気を知れたことは私にとって非常に意義深いものでした。
> ありがとうございました。
> さて、ここに新たな疑問がございます。文章中に『復帰運動の主体は教員だった』旨の記述がみられますが、このことについてです。
>
> 昭和四七年といえば、日本全国津々浦々、日教組による極左教育の全盛期であったと思います。
>
> このような状況下にあって、沖縄の教員にはマルクス主義思想といいますか、反日思想というのは波及しなかったのでしょうか?
>
>
> 生徒に標準語を強制したのは、教員が保守的思想を持っていたことの証左であると思われ、これは今の沖縄の教員の思想体系とは相反するものであります。
>
> 斯くの如き、教員の思想の変化はいつ起きた(または、起きなかった)のでしょうか?
>
> ご存じでしたらご教授ください。

「復帰」前、琉球の支配者は米軍であり、日の丸は抵抗の旗という側面がありました。「復帰」することで、基地の返還、琉球人の人権の保全を求めて復帰運動を教員等を主体にして展開してきました。

日本の日教組も「復帰運動」を支援しました。

琉球の教員が72年前、保守的というのではなく、抵抗の象徴として旗、日本の教科書による教育を行ったと言えます。

戦前、皇民化教育を行ったのも教員です。そのような教員が戦後、「復帰」運動の担い手になった。
そもそも、歴史、文化、自然が異なる琉球において、日本式教育を行うべきかと問う必要があると思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP