FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球独立と言葉

コカコーラさんからのお返事です。



成る程たしかに、ブログに琉球語(不勉強でその多様性については存じませんでした。ここでは、『非大和ことば』程度の意味で)を併記する必要はないかもしれません。

しかし独立後に、大和ことばを公用語の一部にするといのは論外であると考えます。

言語相対主義(サピア・ウォーフ仮説)に立脚すれば、人間の思考や認識は使用される言語によって規定された相対的なものです。このことについては、ソシュールも『言語が異なれば、世界の区切り方も異なる。』と申しておりまして、仮に公用語に大和ことばが残れば、究極的な意味での独立は不可能であると考えられます。これはあなた方の望むところではないのではないですか?

朝鮮において何故、皇民化政策と称して日本語教育が行われたのか、このこととも関連性を見いだせるかも知れません。



私の回答です。

> 成る程たしかに、ブログに琉球語(不勉強でその多様性については存じませんでした。ここでは、『非大和ことば』程度の意味で)を併記する必要はないかもしれません。
>
> しかし独立後に、大和ことばを公用語の一部にするといのは論外であると考えます。
>
> 言語相対主義(サピア・ウォーフ仮説)に立脚すれば、人間の思考や認識は使用される言語によって規定された相対的なものです。このことについては、ソシュールも『言語が異なれば、世界の区切り方も異なる。』と申しておりまして、仮に公用語に大和ことばが残れば、究極的な意味での独立は不可能であると考えられます。これはあなた方の望むところではないのではないですか?

太平洋島嶼国の大半は地元の言葉とともに、英語を公用語にしています。外交、貿易、経済活動等、便宜上、英語を使っおり、だからとって思考や認識が規定されるものではありません。言葉はあくまで、カネと同じく、「交換、交流」の手段です。琉球が独立しても日本との経済関係、在日琉球人との関係等、日本語の使用価値は残るものと思います。

今の琉球でも島ことばと日本語をともに利用している場合が普通なのです。
私も「日本復帰」の時、教員から首に「方言札」をつるされて自らの言葉が撲滅されるという体験をしたものです。2002年に独立した東チモールの公用語はポルトガル語とテトゥン語です。

日本語を話すから日本人という固定観念をもっていません。私は英語も日本語と同様に利用していますが、だからといって欧米中心主義になっていません。



南国リンゴさんからのコメントです。

統一とは、台湾の外交権を否定することではないですか。中国が台湾の政治体制を認めるとはどのような体制をさすのですか。>

中国が台湾に対して高度な自治権を保障する可能性は大いにありますよね。もしかしたら、中国が譲歩して台湾に対して準外交権を与える可能性もあるじゃないですか。
一国両制度といいながら、軍事権と一部の外交権を台湾に残すかもしれないですし。


現在台湾と中国の統一は難しいですが、30年後どうなってるかわかりませんよ。
30年前に中国の発展を誰が予想したでしょうか?

韓国のサムソンがソニーやパナソニックを追い抜くなんて30年前は誰も考えてなかったのではないですか。今は日本の電機メーカーを全部足してもサムソンの足元には及ばないですよね。

時代は変わるのです。
台湾と中国はいずれ統一すると私は思ってます。

将来、日本と中国の経済規模は1対4になるそうですよ。



私の回答です。

> 統一とは、台湾の外交権を否定することではないですか。中国が台湾の政治体制を認めるとはどのような体制をさすのですか。>
>
> 中国が台湾に対して高度な自治権を保障する可能性は大いにありますよね。もしかしたら、中国が譲歩して台湾に対して準外交権を与える可能性もあるじゃないですか。
> 一国両制度といいながら、軍事権と一部の外交権を台湾に残すかもしれないですし。

「一つの中国」政策を各国に対して協調している中国が、このようなあいまいな体制をみとめるでしょうかね。
>
>
> 現在台湾と中国の統一は難しいですが、30年後どうなってるかわかりませんよ。
> 30年前に中国の発展を誰が予想したでしょうか?

その予測があたるかどうかもわかりません。

>
> 韓国のサムソンがソニーやパナソニックを追い抜くなんて30年前は誰も考えてなかったのではないですか。今は日本の電機メーカーを全部足してもサムソンの足元には及ばないですよね。

どのような具体的指標によって、このような結論をだしているのですか。
>
> 時代は変わるのです。
> 台湾と中国はいずれ統一すると私は思ってます。

>
> 将来、日本と中国の経済規模は1対4になるそうですよ。

琉球は統一中国が実現したら、どうなりますか。

スポンサーサイト



<< 琉球独立と「方言札」 | ホーム | 琉球独立と「地政学」 >>


コメント

あくまでも琉球語は日本語の方言に属する

琉球人と大和人は違う訳だが、言語学的には、琉球語は、言語形体からみて、現在時点で、日本語の古語であり、方言である。 アイヌ語は間違いなく純粋に、アイヌ語である。
公用語に何語を用いるか? を判断するのは、その民族の、英語でいう、「センス」である。



〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

Re: あくまでも琉球語は日本語の方言に属する

> 琉球人と大和人は違う訳だが、言語学的には、琉球語は、言語形体からみて、現在時点で、日本語の古語であり、方言である。 アイヌ語は間違いなく純粋に、アイヌ語である。
> 公用語に何語を用いるか? を判断するのは、その民族の、英語でいう、「センス」である。
>
>
>
> 〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

コメント感謝します。伊波普猷はじめ、言語学者が琉球語を日本古語として位置づけてきました。琉球の島々でも、たとえば八重山諸島内の島々でも互いいに意味が通じないほど、島の言葉は多様です。もちろん、日本人でも島の言葉の意味は分からない。自分たちは民族であり、自分たちの自身の言葉をもっているという自覚があれば、その言葉も一つの民族の言葉になると思います。私は琉球の言葉は、日本語という国家語の一部ではないと考えています。言語学者の仮説に従う必要はないと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP