FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球独立と「方言札」

コカコーラさんからのコメントです。



非常に説得力のある文章でした。

よろしければ『祖国復帰』の際の様子を詳しく教えてください。言葉のことや実際の雰囲気などは高等学校では習えませんでしたので。
習ったことといえば、交通ルールの変更くらいです。



私の回答です。

小学2年の終わりに、これまで住んでいた与那国島から那覇の小学に移り、72年の春から小学3年となりました。
5月15日の「復帰」に備えて教師が方言札を準備し、「方言」を喋るな、「共通語」を話せとさとされ、生徒が「方言」を話すと札を首からつるされ、「辱め」を受けるというものです。

同様なことは皇民化教育がおこなわれ近代沖縄期でもみられました。

「復帰運動」の主力は学校の教員であり、自らの言葉を消滅させ「共通語」を話すことが生徒に求められました。

私の内部には、琉球は日本に組み込まれたという記憶があります。生まれたとき私がすでいた島は日本ではありませんでした。日本国の中に琉球が組み込まれたのです。

交通法の変更も、実施する必要はなかったのです。琉球独自の法制度を残すべきでした。我々の前の世代は日本に同化することが琉球の幸福につながると考えていたが、私は本当にそうなのかと思います。

詳しくは『琉球の「自治」』『沖縄島嶼経済史』をお読みください。
藤原書店『環』最新号に、独立の背景の記載がありますので、ご笑覧下さい。



南国リンゴさんからのコメントです。


財源の細かい数字を提示してください。「独立後の国税収入いくら?見込み法人税いくら?社会保障いくら?」「国民所得はおおよそいくらになるか?」「独立後の観光客数は?」まさか、現在の観光客数を維持できると思ってないですよね?独立したら状況はかわりますよ。


大学教授なら、数字の細かいところまで詰めた上で独立論を展開すべきです。
松島先生の独立論は、独り善がりの「お花畑独立論」にしかみえません。



私の回答です。

現在の沖縄県の財政、経済構造については『琉球の「自治」』をお読みください。
さらに私の独立論にご関心がありましたら、藤原書店の『環』第42号の拙論を読んで下さい。

現在の日本政府に経済が管理され、日本企業による観光会社による支配された状態が続くかぎり、どんなに
観光客がきても、利益が日本に循環するだけです。

機会がきたら、数値で独立後の琉球経済について説明するときも来るでしょう。

経済自立、開発、自治について、あなたと私では考え方が大きく違うように考えます。あなたを説得するために、開発型独立論を展開しようと思いません。

多くの琉球人に意思に反して、基地が押し付けられ、民族の自尊が大きく損なわれている状況を帰るには独立しか道がないと確信しています。


琉球人さんからのコメントです。

《独立》という価値基準は個人の主観に存在しない
私は独立賛成派です。あくまでも自尊心と文化に対しての誇りと愛着です。 今日の日本経済だって、日本人の力量だけでなく、上手く世界潮流の波に乗れた面は否めないと思う。インドが英国から独立する際にも、同様の葛藤はあった。 どんな議論も、全ては憶測の域は出ない。 だったら、自由と誇りと世界世論の方を取りたい。

スポンサーサイト



<< 琉球独立と経済 | ホーム | 琉球独立と言葉 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP