FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球独立と経済

南国リンゴさんに対する東風平謝花さんからのコメントです。南国りんごさん、どうお答えしますか。



南国リンゴさんの、コメントには、だいぶ違和感があります。

財源の細かい数字を提示してください。「独立後の国税収入いくら?見込み法人
税いくら?社会保障いくら?」「国民所得はおおよそいくらになるか?」「独立
後の観光客数は?」まさか、現在の観光客数を維持できると思ってないですよね
?独立したら状況はかわりますよ。


 とありますが、

 その数字に何の意味があるのか、というのが、沖縄に住む多くの人の実感だと
思います。
 
 所得が増えても、生活が豊かにならないと意味がないですよね。沖縄に資本が
投下されても、住民にプラスにならなければ意味がありません。
 そのような経済構造、思考を変える必要があるということです。

 細かい数字を予想するのは、どの国の優秀な官僚でも無理でしょう。たとえ、
数字を示しても、その数字はあくまでパフォーマンス的。良識のある学者なら、
そんな無責任は数字は示さないはずです。


私の返事です。

コメントありがとうございました。
私は同意いたします。
これからも貴重なご意見お願いします。

松島


昨日の琉球人さんからのコメントに対する私の返事です。

> > 私は独立賛成派です。あくまでも自尊心と文化に対しての誇りと愛着です。 今日の日本経済だって、日本人の力量だけでなく、上手く世界潮流の波に乗れた面は否めないと思う。インドが英国から独立する際にも、同様の葛藤はあった。 どんな議論も、全ては憶測の域は出ない。 だったら、自由と誇りと世界世論の方を取りたい。
>
> コメントありがとうございます。初めての独立賛成派のコメントです。
> 太平洋島嶼国の方々も自尊心、文化、土地への誇り、愛着が最大の独立の理由です。国際法で世界の人民は自己決定権を認められています。



コカコーラさんからのコメントです。

> 祖国復帰の際の生の空気を知れたことは私にとって非常に意義深いものでした。
> ありがとうございました。
> さて、ここに新たな疑問がございます。文章中に『復帰運動の主体は教員だった』旨の記述がみられますが、このことについてです。
>
> 昭和四七年といえば、日本全国津々浦々、日教組による極左教育の全盛期であったと思います。
>
> このような状況下にあって、沖縄の教員にはマルクス主義思想といいますか、反日思想というのは波及しなかったのでしょうか?
>
>
> 生徒に標準語を強制したのは、教員が保守的思想を持っていたことの証左であると思われ、これは今の沖縄の教員の思想体系とは相反するものであります。
>
> 斯くの如き、教員の思想の変化はいつ起きた(または、起きなかった)のでしょうか?
>
> ご存じでしたらご教授ください。



私の返事です。

「復帰」前、琉球の支配者は米軍であり、日の丸は抵抗の旗という側面がありました。「復帰」することで、基地の返還、琉球人の人権の保全を求めて復帰運動を教員等を主体にして展開してきました。

日本の日教組も「復帰運動」を支援しました。

琉球の教員が72年前、保守的というのではなく、抵抗の象徴として旗、日本の教科書による教育を行ったと言えます。

戦前、皇民化教育を行ったのも教員です。そのような教員が戦後、「復帰」運動の担い手になった。
そもそも、歴史、文化、自然が異なる琉球において、日本式教育を行うべきかと問う必要があると思います。
スポンサーサイト



<< 琉球独立と国際関係 | ホーム | 琉球独立と「方言札」 >>


コメント

経済を論じる事ほど、フレキシブルで柔軟性を要求される側面もないのではないだろうか?

むしろ、経済だけは、〈独立後の自由な進展〉の方が、イメージがしやすい。 “案ずるより産むが易し”ではないだろうか? 不安感ばかりが煽られて、ウチナンチュ同士の信頼感が蔑ろにされている。



〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

Re: 経済を論じる事ほど、フレキシブルで柔軟性を要求される側面もないのではないだろうか?

コメントありがとうございます。琉球人さんはどのような経済像を具体的に描いていますか。


> むしろ、経済だけは、〈独立後の自由な進展〉の方が、イメージがしやすい。 “案ずるより産むが易し”ではないだろうか? 不安感ばかりが煽られて、ウチナンチュ同士の信頼感が蔑ろにされている。
>
>
>
> 〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

タマゴが先か? ニワトリが先か?

〈初めに、独立在りき〉ではないですか? タマゴが先か? ニワトリが先か? この議論は、絶対に結論が出ません。


〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

Re: タマゴが先か? ニワトリが先か?

> 〈初めに、独立在りき〉ではないですか? タマゴが先か? ニワトリが先か? この議論は、絶対に結論が出ません。
>
>
> 〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

独立しないと琉球の今の植民地状況を変革できないという強い意思がないと独立はできません。
納得できる経済政策が十分そろわないと独立しないというのでは、自分の足で立つという気概に欠けるといえます。琉球は50近くの有人島があり、それぞれの島で島人が自分たちで島の経済の方向性を決めればいいのです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP