FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球独立と日本語

琉球人さんからコメントです。


独立の同志よ!
私は異論は唱えず、全く独立賛成派です。私はいろんな人々、様々な人種混成による千差万別の琉球独立(自立)論、そして、独立成就論があっても構わないと思います。内輪意識ばかりでは、お互い萎えていくだけですから。
世界潮流、世界世論、交流促進等も視野に入れながらの日本と琉球、双方の文化発展の為には、社会の空洞化は避ける為には、主体的な根っこにより根差した人文形成が重要! その為の〈琉球独立〉です。 日本人が憎くて、嫌いだから、独立推進派になっている訳ではないです。自分達だけ出し抜きたいから、独立賛成している訳ではないです

《間違いなくその逆の方です。》

お金の魔力に取り付かれ、経済中心に捉えられてしまっていくのが残念です。勿論、重要かもしれないが、“中心には据えられない”ハズですが...。


松島さんへ

お久しぶりですね。駒込の〔琉球センターどぅたっち〕で、石垣氏も一緒にお会いしましたね。昨年の暮れ辺りです。 吉野裕子さんの縄文関係の単行本を私がプレゼントしました。覚えてますか?




私の返事です。

覚えています。詩を紹介してくました。その時、どったっちに来ていたナガランドの方々もインドからの独立を求めて国際的な活動をしています。琉球独立についてのご意見、展望をどんどんこのブログに送ってください。




アンダースみのりからのコメントです。

はじめまして。以前に新聞のコラムを拝見いたしました。私は沖縄の自立産業や経済について関心があります。いろいろ考えている事があるのですが、自治、経済に詳しい人がなかなかいません。一度私が疑問に思う(ヨーロッパからの比較等)沖縄の産業経済についてお伺いしたいのですが。

よろしくお願いいたします。



私の返事です。

はじめまして。私の専門も島の経済です。自立産業の発展に実際、携わっているかたでしょうか。小生の『琉球の「自治」』をお読みくださればありがたいです。
ヨーロッパについてはそれほど詳しくないのですが、スペインにはバスクという独立を求めている地域があり、経済的にも大きな発展がみられます。欧州において、独立を求めたり、高度な自治権を実現しているところは、政治的自立と経済的発展ともに進んでいるところがいくつかあります。

EUという大きな共同体、市場が各地域の発展を促している面もあると思います。



琉球人さんからのコメントです。

あくまでも琉球語は日本語の方言に属する
琉球人と大和人は違う訳だが、言語学的には、琉球語は、言語形体からみて、現在時点で、日本語の古語であり、方言である。 アイヌ語は間違いなく純粋に、アイヌ語である。
公用語に何語を用いるか? を判断するのは、その民族の、英語でいう、「センス」である。



私の返事です。

コメント感謝します。伊波普猷はじめ、言語学者が琉球語を日本古語として位置づけてきました。琉球の島々でも、たとえば八重山諸島内の島々でも互いいに意味が通じないほど、島の言葉は多様です。もちろん、日本人でも島の言葉の意味は分からない。自分たちは民族であり、自分たちの自身の言葉をもっているという自覚があれば、その言葉も一つの民族の言葉になると思います。私は琉球の言葉は、日本語という国家語の一部ではないと考えています。言語学者の仮説に従う必要はないと思います。

スポンサーサイト



<< 琉球独立と祖国回復 | ホーム | 琉球独立と当事者性 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP