FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

自由連合国という道、国際法と日本のシーレーン、本当の自由貿易地域

2003年9,10月の太平洋島嶼国のニュースをお伝えします。

非自治的島嶼による自己決定権行使の選択肢としては、ある国への統合、自由連合国、完全独立の3つがあります。マーシャル諸島、ミクロネシア連邦は米国との自由連合盟約による独立を選びました。
両国は1986年に独立し、2003年に同盟約を更新しました。
琉球も住民投票によって自らの政治的地位を選ぶことが出来ると思います。



10/30 PIR
 米国下院は、アメリカとマーシャル諸島、ミクロネシア連邦との自由連合盟約を承認した。

新しい自由連合盟約の期間は20年間で、アメリカは両国に35億米ドルの援助を与えることになる。新自由連合盟約関連の法案は、下院の次に米国上院の承認を受けなければならない。

新自由連合盟約の中には、アメリカにおいて低賃労働者として働く両国の住民を保護するための条項が含まれている。また、マーシャル諸島のクワジェリン環礁にあるロナルド・レーガン・ミサイル実験基地所有地の米国への賃貸が2066年まで延長されることになる。



日本政府が太平洋島嶼国に対して有する「国益」は太平洋上のシーレーンの確保です。何を運ぶかというと放射性物質です。事故で輸送船が破壊されることになると、島嶼国、その海域は大変な損害を被ることになります。
この放射性物資は日本の原子力発電にとって不可欠のものであり、まさに太平洋が日本の生命線となっています。それを太平洋島嶼国が握っているともいえます。
タイク教授の国際法に基づく見解は注目に値します。



9/3 PIR
  日本政府は、バヌアツに対し放射性廃棄物の海上輸送を認めるよう求めている

日本の外務副大臣がバヌアツを訪問し、太平洋上における放射性廃棄物輸送について話し合った。バヌアツ政府は、最近、海上輸送中に事故が発生した場合にフランス、イギリス、日本による賠償金支払を法的に求めると言明した。

バヌアツ政府のアドバイザーをしている、ジョン・ダイク教授は「輸送船や、船舶に積む荷物の内容に応じて、沿岸国が海上輸送を規制することを国際法は認めている。」と述べている。



独立国になると、本当の自由貿易地域を作ることも可能になります。現在、琉球にある自由貿易地域、特別自由貿易地域は、日本政府からの介入、制限をうけて本来の自由貿易地域とはいえません。


9/15 PIR
  パラオが経済振興のために自由貿易地域を形成する。

新たな投資家を呼び込むことで、パラオ人の雇用機会を増やし、経済を活性化するために、バベルダオブ島にあるガルマウ州に自由貿易地域を設置するため法案をパラオ上院が採択した。

同地域に製造工場を建設した企業は、製造過程で使用する機材、原料、完成品に対する輸入税が免除される。輸入税が免除されるが、粗収入税、個人所得税は徴収され、それによりパラオ政府の財政収入の増加が見込まれている。
スポンサーサイト



<< 琉球独立宣言と最新賛同者リスト | ホーム | 琉球独立と祖国回復 >>


コメント

我々の力を再興し、新しい萬國津梁の鐘を鳴らせばよいのです

新しい感覚でリニューアルオープンすれば、よいのです。 時代に合わせて、変化を付けながら、様々な新発想も取り入れて行く! 一番良くないのは、未知に対しての恐れそのものです。



〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

Re: 我々の力を再興し、新しい萬國津梁の鐘を鳴らせばよいのです

> 新しい感覚でリニューアルオープンすれば、よいのです。 時代に合わせて、変化を付けながら、様々な新発想も取り入れて行く! 一番良くないのは、未知に対しての恐れそのものです。
>
>
>
> 〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

琉球独立のためには、自分の頭で考え、実行していくという自治が大前提になると思います。日常的な自治的実践があって、人民の自己決定権の行使が具体化するのです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP